メンズブーツの種類、人気ブランドからコーデまでおすすめを厳選紹介!【完全保存版】

「ファッションは自由だ」という言葉がある。もちろん、その通りだが、この言葉に惑わされてはいけない。“自由” とは、“なんでもアリ” の意味じゃない。知っておくべき“お約束” を押さえてこそ、それを打ち破ってこそ“自由” になれるのだ。

アメリカンファッションとカルチャーを長年追ってきた雑誌「ライトニング」では、「ブーツの教科書」と題して、幾度となくブーツについて掘り下げてきた。その知識と経験をもとに、秋冬のファッションの基本となる「ブーツ」に関する、マスターすべき “お約束” を徹底的に紹介する。

購入する際に知っておきたいブーツの種類、定番のブランドの紹介から始まり、カッコよく着こなすためのロールアップ術やファッショニスタたちのコーディネイト例まで。日々のメンテナンスの仕方も完全網羅。ブーツ初心者からブーツラバーまで知っておきたいブーツにまつわるあらゆることをお届けする!

そもそもメンズブーツにはどんな種類があるの?

メンズ向けのブーツといえば、大きく分けて「レースアップブーツ」系と「プルオンブーツ」系の2つがある。着脱のしやすさの違いだけでなく、ファッションと合わせたときのバランス、フィット感などが異なるので、いろいろ試してみるといい。もともとワークブーツとして用途に合わせて紐のありなしなどデザインが決まった経緯があるので、そのあたりもチェックしてみると面白いだろう。人気のデザインをピックアップして紹介しよう。

ハンティングブーツ

ハンティングブーツの代表格のレッド・ウィング

レースアップブーツを代表するデザイン「ハンティングブーツ」。その名の通り、狩猟用に開発されたもの。英国の上流階級のスポーツではなく、アメリカでの狩猟に使われたものを指す。狩猟が盛んなミネソタ州に本拠を置く、レッド・ウィングによって1950年代に生み出されたトラクション・トレッド・ソールのモデルを装備したモデルが代表格。日本では1990年代ストリートカジュアルにおいて一世を風靡した。

エンジニアブーツ

ブッコのエンジニアブーツ

プルオンブーツの定番といえばエンジニアブーツだろう。今でこそタウンユース、バイカーなど幅広く愛されているが、もともとは飛行機や列車のエンジニアのために作られたもの。つま先を保護するためのスチールトゥ、工具や金属片から足を守る肉厚なレザーのシャフト、グリップ力のあるソールを装備している。紐は巻き込み防止のため省かれ、ベルトでホールドするという目的から計算されたデザインもまた、無骨で男らしさ漂う所以だろう。

サイドゴアブーツ

近年人気を集めているデザインであるサイドゴアブーツ、別名チェルシーブーツ。英国発祥で、もともとヴィクトリア女王のために作られたものが発祥と言われている。特徴としては、プルオンブーツでありながらフィット感とスマートさを合わせ持つ点。両サイドに施されたゴムにより、脱ぎ着のしやすさはもちろん、ホールド力も兼ね備える。英国ではフォーマルなシューズであったが、19世紀後半ごろからアメリカでは大衆的な靴として広がった。

そのほかの代表的なメンズブーツの種類と目的も見ていこう。

【レースアップブーツ系】
・ロガーブーツ・・・森林での作業用
・ハンティングブーツ・・・狩猟用
・チャッカブーツ・・・砂漠行軍用
・マウンテンブーツ・・・登山用

【プルオンブーツ系】
・エンジニアブーツ・・・鉄道など整備工用
・ウエスタンブーツ・・・乗馬靴
・ファーマー&ローパーブーツ・・・農作業など
・モカシンブーツ・・・屋外作業用
・サイドゴアブーツ・・・元々はヴィクトリア女王のために誕生

▼詳しくはこちらの記事をチェック!

メンズ向けブーツにはどんな形、種類がある? 基本の9種類を押さえよう。

メンズ向けブーツにはどんな形、種類がある? 基本の9種類を押さえよう。

2019年11月21日

メンズに人気のブーツブランドってどんなのがある?

いざ、シューズショップやセレクトショップ、百貨店の靴売り場に出掛けたとき、どんなブーツブランドがあるのか知らないと探すのも一苦労。それぞれのブランドには誕生の背景、歴史、得意とするものなど特徴がある。ここでは、日本における定番中の定番、知っておきたいブランドを紹介する。特に、最近は日本製のワークブーツに注目が世界的にも集まっているので要チェックだ。

RED WING レッド・ウィング

王道中の王道「レッド・ウィング」。アウトドアシーンやワークシーンのものであったレッド・ウィングは、日本においてファッションアイテムとして発展。「877」「875」をはじめ、ペコスやエンジニアなど、今日もストリートファッションの中心にある定番ブランドである。

WHITE’S BOOTS ホワイツブーツ

一度は手に入れたいと誰もが思うであろう、キングオブブーツ「ホワイツ」。創業はなんと南北戦争以前の18世紀半ばというから驚きだ。今もなお昔ながらのハンドメイド製法を守り続けており、メイド・イン・USAを貫いている名門。一生モノのブーツといえば、ホワイツと言われる憧れのブランドだ。

WESCO ウエスコ

ホワイツと双璧を成す、至高のブーツといえば「ウエスコ」も外せない。創業こそ1918年と後れを取るが、ロガー、ラインマン、消防士といったタフな現場で働く男たちの足元を守ってきた、創業100周年を迎えた老舗だ。現在も手仕事による大量生産を行わないモノづくりを貫き、特にカスタムオーダーには定評がある。

DANNER ダナー

メンズブーツの中でも、アウトドアブーツは最新技術の粋を集めた、機能性が注目されるブーツだ。「ダナー」は1932年の創業以降、アメリカで初めてビブラムソールを使ったシューズを開発、1960年代にはマウンテントレイルで注目されアウトドア業界で一躍知名度を上げた。1979年には、今では当たり前のように使われてるゴアテックスを世界で初めて採用したダナーライトを開発。アウトドアブーツ界の最高峰のブーツだ。

そのほかの世界のブーツブランド、注目の日本ブランドなどおすすめを紹介しよう。

■世界のブーツブランド
【1】RED WING レッド・ウィング・・・ワークブーツの王道ブランド
【2】WHITE’S BOOTS ホワイツブーツ・・・ブーツ界の最高峰
【3】WESCO ウエスコ・・・至高のカスタムブーツ
【4】DANNER ダナー・・・アウトドアブーツの最高峰
【5】ALDEN オールデン・・・アメリカ紳士靴ブランドのトップ
【6】Paraboot パラブーツ・・・フランス生まれの名門が作る登山靴
【7】Tricker’s トリッカーズ・・・英国王室御用達! カントリーブーツといえばここ
【8】Crockett&Jones クロケット& ジョーンズ・・・世界で最も多くの木型の種類を持つ、英国老舗
【9】CHIPPEWA チペワ・・・スネークブーツなど革新的なブーツを開発! リアルワークブーツブランド
【10】VIBERG ヴァイバーグ・・・伝統製法を守るカナダの老舗ブーツメーカー
【11】DR.MARTENS ドクターマーチン・・・ストリートにおけるアイコン的ブーツ
【12】Clarks ORIGINALS クラークス オリジナルズ・・・英国を代表する軍靴にしてデイリーブーツ
【13】RUSSELL MOCCASIN ラッセルモカシン・・・タウンユースでも人気の定番アウトドアブーツブランド
【14】BUCO ブコ・・・一旦は消滅した伝説的モーターサイクルブランド
【15】RIOS of MERCEDES リオス オブ メルセデス・・・“キング オブ カウボーイブーツ”
【16】BENSON SHOES ベンソンシューズ・・・欧州の靴文化を支えた、地中海・カサブランカの老舗
【17】PISTOLERO ピストレロ・・・スタイルを選ばないオーセンティックなデザイン
【18】Lewis Leathers ルイスレザーズ・・・気品漂う英国生まれのライディングブーツ
【19】Timberlandティンバーランド・・・保証付き完全防水ブーツといえば

■日本製のワークブーツにはどんなブランドがある?
【20】Rolling dub trio ローリングダブトリオ
【21】CLINCH クリンチ
【22】MOTOR モーター
【23】Attractions アトラクションズ/BILTBUCK ビルトバック
【24】MAKERS メイカーズ
【25】BROTHER BRIDGE ブラザーブリッジ
【26】RFW アールエフダブリュー
【27】SLOW WEAR LION スローウエアライオン
【28】SKOOB スクーブ
【29】DERIVE BOOT MAKER ディライブ ブート メーカー
【30】安藤製靴/PULSE パルス
【31】LONE WOLF ロンウルフ
【32】goro ゴロー

▼それぞれのブランドの詳しい情報はこちらの記事をチェック!

【決定版】メンズに人気のブーツブランド32選

【決定版】メンズに人気のブーツブランド32選

2019年11月27日

ブーツの鉄板メンズコーデ。

カッコいいブーツを手に入れたら、どんなファッションに合わせるか、コーディネイトは楽しみであり悩みの種になることも。ブーツのデザインによって似合うボトムス、ロールアップの仕方も変わる。さらに秋冬ではなく、春夏に履く場合、どんなコーデなら暑苦しく見えないのか。そしてバイカーなら、バイカーらしいブーツの流儀を押さえて着こなしたいところ。注目の鉄板コーデをチェックしよう。

チノパン×レースアップブーツ

Warehouse&Co. 藤木将己さん

例えば9インチのレースアップなら、このようにカカトが見える丈のパンツを選ぶか、ロールアップするとバランスよく決まる。トップスが重たくなる冬だからこそ、裾がだぶつくともたついた印象になってしまうので、細かなディテールが大事になってくる。

デニム×ミリタリーブーツ

BerBerJin 藤原裕さん

ヴィンテージアイテムを使ったコーディネイトの成功例。米国海軍の名作フィールドブーツであるN-1フィールドブーツにはリーバイスの505Eをロールアップして短め丈で攻略した。デニムの裾ひとつで、全体のバランスがカッコよく決まり、やぼったく見えなくなるので、ロールアップはこだわるべきポイントだ。

夏×ブーツ

夏の装いにだってブーツはフィットする。もともとワーカーに作られたブーツなら、デニムやTシャツとの相性は抜群。暑苦しくならず、爽やかな印象を与えてくれる。特に、エンジニアブーツはデニム、チノパン、ヒッコリーなどなどあらゆるものにフィットする万能ブーツだ。1足あると大活躍間違いなしだろう。

バイカー×エンジニアブーツ

GLADHAND CORE スタッフ 橋本佑さん グラッドハンド コア  TEL03-6438-9499 http://www.glad-hand.com

紐の巻き込み防止の心配もないエンジニアブーツは、バイカーコーデの必需品。愛用ブーツは「ALL AMERICAN BOOT×GLAD HAND JOYRIDE」。街乗りやタウンユースで3年間履き続けた結果、地色の茶が浮き出たヴィンテージのようなエイジングに。週一でオイルとクリームを使ってメンテをしているだけあって光沢感が素晴らしい。アメリカ製らしい野暮ったいシルエットを活かしたバイカーコーデに仕上げている。

▼ブーツの種類別・季節別・バイカー向けなどブーツコーデはこちらの記事をチェック!

メンズブーツが主役のコーデ、絶対外さない実例19選。

メンズブーツが主役のコーデ、絶対外さない実例19選。

2019年11月26日

▼フィット感を高め、履き心地をよくする方法はこちら!

ブーツの履き心地が変わる! フィット感を高める3つの方法。

ブーツの履き心地が変わる! フィット感を高める3つの方法。

2018年11月17日

ブーツのメンテナンス方法。

20181207_7_01

ブーツラバーの仲間入りしたら、メンテナンスについても知っておきたい。ブーツのお手入れは基本的には年に2度ほどで問題ない。写真のように、ブラシ、クロス(塗りこみ用・拭き上げ用)、オイル(革の種類で変える)の3点があれば簡単に自分でもメンテナンスは可能だ。

また、革によっては防水性のものあるが、ラフアウトなど汚れやすいものは防水スプレーを施しておこう。保管にも、カビが発生しないように通気を考え、シューツリーを使うのがベスト。難しく考えなくて大丈夫だが、日ごろからちょっとした気遣いをお忘れなく。

▼お手入れと保管について詳しい記事はこちら!

メンズのための、ブーツのメンテナンスと、正しい収納の方法。

メンズのための、ブーツのメンテナンスと、正しい収納の方法。

2019年11月23日

毎年開催!「ブーツフェス」に参戦しよう!

毎年秋に雑誌「Lightning」「2nd」「CLUTCH Magazine」の共催で行われている「ブーツフェスティバル」。2019年、今年も横浜にて11月2日、3日の2日間の日程で開催された。国内外の名だたるブーツブランド約30ブランドが集結し、履き比べができるまたとない機会なだけでなく、スペシャル価格で購入できる嬉しいイベントだ。ブーツラバーから、ファーストブーツ購入にも最適なイベントなので、ぜひとも参戦されたし。

▼2019年(終了)のイベント告知記事で詳細をチェック!

※終了※【2019年11月2日(土)3日(日)】ブーツ好きの祭典「ブーツフェスティバル横浜」開催

※終了※【2019年11月2日(土)3日(日)】ブーツ好きの祭典「ブーツフェスティバル横浜」開催

2019年08月21日

(出典/「Lightning特別編集 ザ・ブーツバイブル」「別冊Lightning vol.190 ブーツの教科書」「Lightning2019年12月号」)

SHARE

PROFILE

モヒカン小川

Lightning編集部

モヒカン小川

幼少期の革ジャンとの出会いをきっかけにアメカジファッションにハマる。特にレザー、ミリタリーの知識は編集部随一を誇り、革ジャンについては業界でも知られた存在である。トレードマークのモヒカンは、やめ時を見失っているらしい

モヒカン小川の記事一覧

幼少期の革ジャンとの出会いをきっかけにアメカジファッションにハマる。特にレザー、ミリタリーの知識は編集部随一を誇り、革ジャンについては業界でも知られた存在である。トレードマークのモヒカンは、やめ時を見失っているらしい

モヒカン小川の記事一覧

No more pages to load