BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

リーバイス LEVI’S 501から、ジーンズの歴史をひも解く。

いつも普通に穿いているジーンズは、かつては労働者のためのワーク・ウエアだった。一体どんな歴史を辿って、現在のようなファッション・ウエアになったのか? ジーンズの王道とも言うべきリーバイス501の進化の過程を見れば、デニムの歴史を理解することができる。さあ、追ってみよう。

【1873年】かなり簡易的なつくりだった初期デニム

リーバイスのジーンズの最初期モデルがコレ。かなり簡易的な作りであるのがよくわかる。生地も薄めだ。今のデニムとはかなり異なったものだったことがわかる。このパンツは、鉱山で働く鉱夫のために作られたワークパンツであった。

ラベルはウエスト中央に付けられていた。しかも小ぶりなサイズであることが1873年モデルであることの証だ。

バックポケットは右に1つのみ。しかも1873年当時はアーキュエイトステッチ(2重弓形のステッチ)は施されていなかったのだ。

【1880年代】この頃にはパッチもステッチも見慣れたものに。

1880年代になるとかなり現在に近い形になる。パッチは右に移動し、バックポケットの形も見覚えのあるモノに。バックポケットは右に1つのみ。しかも1873年当時はアーキュエイトステッチ(2重弓形のステッチ)は施されていなかったのだ。

布パッチでNo.2のスタンプが施されるが、ロットナンバーの表記はなし。これはこの年代ならではの特徴だ。

シンチバックだけで製造年代に大きな差が。

1870年代まではシンチベルトにリベットは打たれていないが、1880年代になるとリベットが施される。また、細かなステッチにも仕様の差が見られるので、パッチの位置、パッチの大きさ、シンチのステッチである程度の製造年代を判別することが可能なのだ。ただし、こんなモノを見る機会はまず訪れないので、とりあえずはシンチのリベットの有無を目安にしよう。

SHARE

PROFILE

ランボルギーニ三浦

Lightning / 編集者

ランボルギーニ三浦

全国的に名を轟かせていた札幌の老舗ヴィンテージショップに就職。29歳で上京。Lightning編集部、兄弟誌・2nd編集部で編集長を務めた後、現在は、Lightningに。ヴィンテージ、古着の知識はその道のプロに匹敵。ランボルギーニ三浦の由来は、もちろんあの名車

ランボルギーニ三浦の記事一覧

全国的に名を轟かせていた札幌の老舗ヴィンテージショップに就職。29歳で上京。Lightning編集部、兄弟誌・2nd編集部で編集長を務めた後、現在は、Lightningに。ヴィンテージ、古着の知識はその道のプロに匹敵。ランボルギーニ三浦の由来は、もちろんあの名車

ランボルギーニ三浦の記事一覧

No more pages to load