BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

デニム・オン・デニムの王道着こなしをマスターしよう!ショップスタッフ厳選20コーデ。

ジーンズはあらゆるコーディネイトに合わせやすいため、カジュアルウエアのスタンダードとして君臨している。その中にあって、色や生地の質感、ヴィンテージ感をどう合わせるかなど、ちょっとハードルが高いのが「デニム・オン・デニム」の着こなし。オシャレ上級者っぽさが一気に高まるコーデだ。

そこで、ショップスタッフなどファッショニスタたちのデニム・オン・デニムコーデを厳選して紹介! 色味の合わせ方から着方までぜひ参考にしてみてほしい。

※本企画ではコーディネイトのアイテムを下記のように分けています。

  • O:アウター
  • I:インナー
  • P:パンツ(ジーンズ)
  • S:シューズ
  • A:アクセサリー

▼こちらの記事もおすすめ!

ジーニストに学ぶ! メンズのおすすめジーンズコーディネイト20選。

ジーニストに学ぶ! メンズのおすすめジーンズコーディネイト20選。

2019年12月17日

1.ザ・リアルマッコイズ 東京 古川洋介さん

O:ザ・リアルマッコイズ  I :ザ・リアルマッコイズ  P :ザ・リアルマッ コイズ  S :ザ・リアルマッコイズ  A :ステットソン(ハット)

デニム・オン・デニムという王道の着こなしながらも秀逸なサイジングやアクセサリーなどの小物使いで野暮ったさを排除した好サンプル。足元はブーツではなく、あえてスニーカーで、軽やかな足元を演出した上級テクニックを披露。

愛用ジーンズ「The REAL McCOY’S/Lot.001XX」

1940年代後半のモデルをモチーフとしたクラシカルなストレートシルエット。サスペンダースタイルで穿きたかったという古川さんはあえてビッグサイズのシルエットをチョイス。しかもサスペンダーボタンは自分で縫い付けるという通なカスタムも◎。(ザ・リアルマッコイズ 東京 TEL03-6427-4300)

2.ステュディオ・ダ・ルチザン 恵比寿店 中村航平さん

O:ステュディオ・ダ・ルチザン  I :ステュディオ・ダ・ルチザン  P :ス テュディオ・ダ・ルチザン  S:スローウェアライオン  A :ステュディオ・ダ ・ルチザン(帽子)

エイジングの効いたアイテム使いで、ブルーで統一感を持たせながらも、コントラストが美しいデニム オン デニムのスタイルを披露してくれた中村さん。帽子やメガネ、アクセサリーの小物使いや、袖のロール幅など随所にコーディネイトのワザが光る。

愛用ジーンズ「STUDIO D’ARTISAN/D1780U」

ステュディオ・ダ・ルチザンのリアルエイジングシリーズ新作となる14オンスのデニム。職人が手作業で色落ち加工を施し、ヨコ糸がベージュのため茶色く色落ちするのも特徴のひとつ。(ステュディオ・ダ・ルチザン 恵比寿店 TEL03-6455-0018)

3.リーバイス® ストア渋谷 篠原美童さん

O:リーバイス® ビンテージ クロージング  P :リーバイス® ビンテージ ク ロージング  S :アディダス  A :インディアンジュエリー(チェーン)

Gジャン、ジーパンの王道のセットアップとは一味違うコーディネイトがポイント。アクセントになっているのが、大きめのロールアップ。これをする場合は、篠原さんのように少しオーバーサイズでほどよくゆとりのあるシルエットであることが大事。

愛用ジーンズ「LEVI’S® VINTAGE CLOTHING/1955MODEL/501® XX」

レザーパッチからペーパーパッチに変更された1955年モデル。ヒップ周りにゆとりを持たせたリラックスフィットが、この年代の特徴。だからこそ50sらしい幅の広いロールアップが似合う。(リーバイ・ストラウス ジャパン TEL0120-099-501)

4.ミュージアムアーク 天満屋幸寛さん

O:ヴィンテージ  I :ステューシー  P :リーバイス®  S :ヴァンズ  A: グイディ(ベルト)、ウエストオーバーオールズ(キャップ)

ヴィンテージのセットアップでも新鮮に見えるのは、オーセンティックな40年代頃のカバーオールに’90年代らしいリーバイス®のシルバータブを合わせているから。デニムキャップを被ることで、全体的に統一感を出しているのも見逃せない

愛用ジーンズ「LEVI’S® SILVER TAB/CARPENTER SANTA ROSA CARPENTER」

リーバイス®が90年代に展開していたシルバータブ。近年の’90sリバイバルの影響もあり、再度注目を浴びている。その特徴は、当時の時代感を反映させて太めのバギーシルエットだ。(アーク ステイツ TEL028-688-8895)

5.アトリエフロート ジョイナーさん

O:ユニバーサルオーバーオール  I :ビッグデイ  P:アトリエフロート  S :7c.c.r.  A :インディアンジュエリー

福岡発のデニムブランドであるアトリエフロートのジョイナーさんは、シャンブレーシャツとデニムパンツのコーデに、ホワイトのショップコートで爽やかさをプラス。トップボタンまで閉めたシャツにインディアンジュエリーを合わせるなど小技も◎。

愛用ジーンズ「atelier FLOAT/AF-1 XX」

戦後にワークウエアからファッションへ進化途中であるワイドシルエットのジーンズを現代的にリファイン。15ozのキバタデニムを綿糸で縫製。1週間に2〜3回の頻度で2年ほど着用している。(アトリエフロート TEL092-733-7573)

6.リーバイス® ストア渋谷 伊東秀徳さん

O:リーバイス® メイド&クラフテッド®  P :リーバイス® メイド&クラフテ ッド®  S:ビルケンシュトック  A:ハリウッドランチマーケット(ネックレス)

デニムのセットアップでも上下でテイストを変えてみることも一興。色落ちしたライトブルーのインディゴデニムジャケットに、シルクを混紡したデニムトラウザーズで一癖あるコーディネイトに。ベレー帽やレザーシューズで上品さも忘れない。

愛用ジーンズ「LEVI’S® MADE&CRAFTED®/TAPER TROUSER」

シルクを混紡することで、独特なネップ感を表現したデニムトラウザーズ。ヒップから足首にかけてテーパードしたスリムフィット。バックポケットにはフラップ付き、上品なバックスタイル。(リーバイ・ストラウス ジャパン TEL0120-099-501)

7.ウエストオーバーオールズ 大貫達正さん

O:ウエストオーバーオールズ  I :ウエストオーバ ーオールズ  P :ウエストオーバーオールズ  S :ジ ョンロブ  A:エルメス(ストール)、ジェームスロッ ク(ハット)

90年代に流行したブッシュパンツをリバイバル的にコーディネイトしたという大貫さん。ブッシュジャケットのセットアップで、Tシャツをインしたり、ベルトとシューズの色を合わせるなど、随所に小技が効いている。ストールの使い方も効果的!

愛用ジーンズ「WESTOVERALLS/876S DENIM BUSH PANTS」

あえて青味の強い13.5ozインディゴデニムを使ったブッシュパンツのストレートシルエットモデル。股上が深いので、ハイウエストで穿いた時のバランスが絶妙。70sらしいタブが付く。(ストールショールーム TEL03-6812-9371)

SHARE

PROFILE

サカサモト

Lightning / 編集者

サカサモト

編集部のなんでも屋。CLUB HARLEY→Lightning→2nd、そして再びLightning編集部へ移籍。結果クルマ、バイク、古着などオールラウンダー編集者に。ニックネームは、スキンヘッドにヒゲ面をいう「逆さ絵」のような顔に由来する

サカサモトの記事一覧

編集部のなんでも屋。CLUB HARLEY→Lightning→2nd、そして再びLightning編集部へ移籍。結果クルマ、バイク、古着などオールラウンダー編集者に。ニックネームは、スキンヘッドにヒゲ面をいう「逆さ絵」のような顔に由来する

サカサモトの記事一覧

No more pages to load