BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • トリコガイドシリーズ
  • buono
  • ei cooking
  • Yogini
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD

「パタロハ」って何? アウトドア要素をハワイアンシャツ(アロハシャツ)に落とし込んだ逸品に注目!

ハワイアンシャツ(アロハシャツ)に精通している方なら一度は耳にしたことがあるかもしれない「パタロハ」。人気アウトドアメーカーである「パタゴニア」とアロハを組み合わせた言葉だが、コレクタブルな逸品であり、毎年夏が近づくと注目度が高まる。パタゴニアのアイデンティティらしさが表現された柄は、いつの時代も必見だ。

▼アロハシャツについてはこちらの記事もおすすめ!

サンサーフ直伝! ハワイアンシャツ(アロハシャツ)を選ぶ時に知っておきたい5つのこと。【保存版】

サンサーフ直伝! ハワイアンシャツ(アロハシャツ)を選ぶ時に知っておきたい5つのこと。【保存版】

2019年12月08日

パタゴニアの歴史に「パタロハ」あり。見事復活を遂げた唯一無二の存在。

1965年、クライマーでありサーファーであったイヴァン・シュイナードは、ヒッピーの聖地でもあったカリフォルニアはベンチュラにて、シュイナード・イクイップメント社を設立し、1970年代以降は登山用具のみならず、アウトドアアパレルも展開。それらは後にパタゴニアへとステージを移した。

1980年代に入り、ブランド自体は好調なセールスを記録するも、アウトドアブランドという性質上、秋冬シーズンのみに繫忙期を限定され、イメージの払拭と事業拡大の起爆剤として、1986年に「パタロハ」を独立レーベルとして設立する。以来、サーフィンとハワイの文化に精通したレラ・サンをディレクターに、本格的にサーフ市場へと進出するものの、彼女の他界を機に一度はブランド消滅を余儀なくされた。

だが、世界的ハワイアンシャツコレクターのひとりでもあるデール・ホープによって再建され、彼の手を離れた後もアンバサダーでもあるジェリー・ロペスなどのフックアップを受け、近年のメンズアパレルにおけるリラキシンなムードに後押しされるように再ブレイクを果たしたのだ。

パタゴニアの前身が生産した「パタロハ」の原点がコレだ!

シュイナード・イクイップメント社のタグを備えた、1980年代半ばの名作にして1986年に正式スタートするパタロハの原点となった一着。カラビナやピッケルなど5種類のクライミングギアを散りばめたアイデアは、当時の共同経営者であり、かつて美術教師をしていたこともあるイヴァンの妻マリンダ・シュイナードによるものだったと言われ、赤のほか、ターコイズ、ブルー、ブラックの全4種が同柄で確認されている。

時代がわかる! タグで振り返る、20世紀の「パタロハ」。

1986年製の初期タグには繊細な刺繍の朝焼けが。

黒ベースの最初期タグを搭載したトロピカルフィッシュ柄のレーヨンモデル。こちらの柄は、1986年にパタロハブランドとして初めてカタログ掲載されたファーストリリースのもの。ピーチテイスト溢れる力作となっている。

タグをチェック!

朝焼けであるモーニンググローを繊細な刺繡で再現した、1980年代初期に使用されたタグ。

1993年製の特徴は雪なし黒タグ。

第二期黒ベースタグの1993年製。コットンとレーヨンの混合素材で柄名は「フェザーフック」。

タグをチェック!

1990年代の生産期が入った黒タグ。初期の雰囲気を踏襲しつつ、1992年から1995年の間は山に雪がなくなる。

1998年製の黒タグはやや落ち着いた印象に。

カラビナやフリークライミングなどアウトドアモチーフを描いたボーダー種。1998年製でオリジナル柄名は「フローラルクライマー」。

タグをチェック!

1990年代後期の生産期入りのタグ。1990年代初期の鮮やかな刺繡に比べ、落ち着いたトーンの刺繡となる。

時代がわかる! タグで振り返る21世紀の「パタロハ」。

2000年製のミレニアムタグ

ロッククライマーやノースショアのストアを鮮やかに黒地へ浮かび上がらせた2000年のコットンモデル。

タグをチェック!

21世紀を記念した限定ラインのタグ。より朝焼け感(モーニンググロー)らしさが強調されたデザインだ。

劇的に変貌を遂げた、2003年製の白タグ。

カタログ未掲載ながら03年リリースのシャツは、レッドジンジャーがモチーフ。

タグをチェック!

2003年のコレクションになるとタグ模様が一新される。背景がリアルなものとなり、山頂から噴煙があがる。

2006年製の白タグ

レーヨンよりも強度と環境負荷に優れたテンセル混合素材を採用した06年のリミテッドエディション。

タグをチェック!

06年生産のリミテッドエディションのタグ。生産期のみ限定でリリースされた柄に付けられるタグとなっている。

タグをチェックしながら歴代のパタロハを見てきたが、パタロハのパタロハたる所以は、ほかのハワイアンシャツ(アロハシャツ)にはないような落ち着いた色合いだろう。派手すぎるのはちょっと……というメンズにうってつけのシャツなのだ。そして、アウトドアブランドらしく、通気性もよく快適に過ごせるのも魅力的。

現行のパタロハももちろんのこと、すでに「ヴィンテージアロハ」として評価されている20世紀のパタロハもまた、タグを見つつ吟味してみるのもなかなか面白いはずだ。

(出典/「Lightning Vol.257 2015年9月号」)

SHARE

PROFILE

ADちゃん

Lightning / 編集者

ADちゃん

スケートカルチャーシーンでは実は名の知れた存在で、社内に隠れファンが多数いるほど。だが普段はそんな雰囲気はまったく醸し出していないため、ただの笑顔のステキなお兄さんと思われている。ミリタリーについても、モヒカン小川に並ぶ知識の持ち主

ADちゃんの記事一覧

スケートカルチャーシーンでは実は名の知れた存在で、社内に隠れファンが多数いるほど。だが普段はそんな雰囲気はまったく醸し出していないため、ただの笑顔のステキなお兄さんと思われている。ミリタリーについても、モヒカン小川に並ぶ知識の持ち主

ADちゃんの記事一覧

No more pages to load