BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

もう一枚着たいときに、「トロフィークロージング」のスウェットカーディガンを愛用中。

この春購入して、いまも愛用中のカーディガンを紹介しよう。

桜が咲いているのに雪が降ったり、やっと暖かくなってきたと思ったら朝晩はけっこう寒かったり。毎朝のように着るモノをその日の気温予報とにらめっこしながら悩んでいた今年の春。しかもバイクに乗ることが多いので、軽めのアウターがまだまだ手放せなかった。

トロフィークロージングのスウェットカーディガン

ヴィンテージでも存在したスウェットカーディガンをトロフィー流にアレンジ。派手すぎないマスタードカラーも惹かれた理由。 2万5920円(トロフィー・ジェネラルストア TEL03-6805-1348 http://trophy-clothing.com)

シャツ一枚でバイクに乗るほど根性がある年齢でもないし、夏でも長袖シャツが定番という私には、春もちょこっと一枚羽織ることができるアイテムは必需品。そんな私が購入したのがトロフィークロージングのスウェットカーディガン。

トップまでボタンを閉めるとかなり狭く設 定されたVゾーンがクラシカル。バイク に乗るときも狭いVゾーンは役に立つ

クルーネックは脱いだり着たりは面倒だからオープンフロントのカーディガンタイプは実によろしい。しかもこれ、裏毛のスウェット生地だけど起毛をかけていない軽やかな春仕様なのである。聞けばカラーは製品の状態で硫化染めをしているので、着込むことでカラーがフェイドしてより雰囲気を増すという。

モーターカルチャーと縁が深い真っ赤なペガサスのフェルトワッペンもポイント。これがクタクタになるまで着倒したい

見た目もワンポイントでワッペンを縫い付けるなど、しっかりと遊び心も忘れない。こういうアイテムって探そうと思うと意外と出会えない。そう思って春に購入したこのカーディガン、秋冬になってインナーとしても活躍しており、良い風合いになってきていて一人で「うふふ」となりながら今日も愛車のベスパにまたがるのであった。

製品染めになるので、織りネームもマス タードの染料がうっすらと残り、それが 日焼けしたヴィンテージのタグのよう

※情報は取材当時のものです。現在取り扱っていない場合があります。

【問い合わせ】
トロフィー・ジェネラルストア
TEL03-6805-1348
http://trophy-clothing.com

(出典/「Lightning 2019年月6号

SHARE

PROFILE

ラーメン小池

Lightning / ディレクター

ラーメン小池

Lightning編集部、CLUTCH magazine編集部を経て、Lightning編集長を務めた後、現ディレクター。アメリカン・カルチャー、特にヴィンテージ・アメリカンをこよなく愛する。クルマから雑貨まで、あらゆるアイテムに食いつくのが悪い癖

ラーメン小池の記事一覧

Lightning編集部、CLUTCH magazine編集部を経て、Lightning編集長を務めた後、現ディレクター。アメリカン・カルチャー、特にヴィンテージ・アメリカンをこよなく愛する。クルマから雑貨まで、あらゆるアイテムに食いつくのが悪い癖

ラーメン小池の記事一覧

No more pages to load