BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • トリコガイドシリーズ
  • buono
  • ei cooking
  • Yogini
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD

文房具だって経年変化を楽しむ時代到来! カヴェコのブラススポーツシリーズが気になる!

雑誌「Lightning」読者の大好物である「エイジング」だが、一口にエイジングと言っても、ただ漫然と時が過ぎゆくのを待っていても、モノはほとんど変化しない。

革をエイジングさせたいと思ったら、とにかく毎日使わなきゃいけない。だから革好きの俺は、多少暑くても革ジャンを脱がないし、真夏はバイカーでもないのに気合でレザーベストだし、足元は1年中エンジニアを履く。

ブックカバーは馬革なので、せっせと本を読み、カバーの経年変化ににんまりしている。小学校の先生によく言われた「日々の努力」というコトバの意味が、この歳になって身に染みて分かった。

カヴェコのブラススポーツシリーズ

まさに「真鍮の塊」のような佇まいのKaweco(カヴェコ)ブラススポーツシリーズ。モヒカン小川が購入したのはシャープペンシル0.7㎜(写真奥)とボールペン(写真手前)。ボールペンのサイズは長さ約104㎜/最大径約13.5㎜/重さ約36g。グリップもよく、重みもあるため書きやすい。小川はamazonで海外のショップから購入したが、日本の「ペンハウス」などのWebショップでも購入可能。ともに9720円。ちなみにブラスシリーズには万年筆もラインナップ。 経年変化も期待大だ

この真鍮製のカヴェコのペンも、「せっかく毎日仕事でペンを使うなら、エイジングするペンが欲しい」と思い、購入したもの。ちなみにカヴェコとは1883年にドイツで創業した歴史ある筆記具メーカー。

シャープペンシルもボールペンも、とも に天冠部分にはKaweco のロゴが入る。 細かい作り込みがドイツ製っぽくて◎

1970年代に倒産し、いまでは同じドイツのGutberler Gmbh社が復刻しているという。偶然買ったのに、そんな歴史のウンチクまで付いてきた。素材は真鍮製で、ずしりと感じる重さが心地よい。太くて短いデザインも可愛い。ページのラフはシャーペンを、取材メモにはボールペンを使うので、奮発して2本買っちゃった。これなら嫌でも毎日使うので、来年にはきっとエイジングして鈍く光ってくるに違いない。

太さと重みが書きやすさのポイント。モヒカン小川は今号の担当ページのラフをすべてKawecoのペンで書いた

情報は取材当時のものです。現在取り扱っていない場合があります。

(出典/「Lightning 2019年月6号

SHARE

PROFILE

モヒカン小川

Lightning編集部

モヒカン小川

幼少期の革ジャンとの出会いをきっかけにアメカジファッションにハマる。特にレザー、ミリタリーの知識は編集部随一を誇り、革ジャンについては業界でも知られた存在である。トレードマークのモヒカンは、やめ時を見失っているらしい

モヒカン小川の記事一覧

幼少期の革ジャンとの出会いをきっかけにアメカジファッションにハマる。特にレザー、ミリタリーの知識は編集部随一を誇り、革ジャンについては業界でも知られた存在である。トレードマークのモヒカンは、やめ時を見失っているらしい

モヒカン小川の記事一覧

No more pages to load