BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • トリコガイドシリーズ
  • buono
  • ei cooking
  • Yogini
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD

カモメマークで蘇る、僕の’90年代。【EVISU】のSWEAT HOODIE KAMOME。

カモメマークと出会ったのは確か’94年だったはず。当時は中学生だったが、友人が穿いていたジーンズのバックポケットにペンキで例のマークが描かれていたのが強烈に記憶に残っている。

EVISUのSWEAT HOODIE KAMOME

カラーリングは写真のネイビーをはじめ、ブラック、オートミールなどを展開。1万7280円
(問い合わせ/琵琶湖山根平安樓 TEL 077-594-1901  http://www.evisu.jp)

時は流れ現在。’90年代リバイバルブームである。Tシャツやスウェットでもロゴ系のアイテムに人気が集まっている。そんな時代感も含め、いまの気分にぴったりなのが、大胆にカモメマークをあしらったエヴィスのパーカなのだ。

大きなカモメマークは肉厚なラバープリントで施される。このプリントの雰囲気すらも’90年代らしさを感じてしまうのは 僕だけでないはず

弊紙の読者ならば常識だが、エヴィスは’90年代に彗星のごとく現れ当時のストリート(アメカジ)シーンを席巻。以後ヒップホップアーティストも愛用したり、テーラードスタイルを提案したりとファッションのジャンルを問わず人気を獲得してきた歴史を持つ。そんな懐かしい歴史も込みで、サブカル感すらも漂わせてくれる日本のデニムブランドといったら、やはりエヴィスだけなのかもしれない。

カットソー生地は程よい厚さなので、これからの春にぴったりの一枚だ。着込 んで色褪せた雰囲気になるのも楽しみなポイントである

だから合わせる服は、色落ちしたジーンズに合わせたり、軍パンに合わせたりと、’90年代のハマダー(死語?)っぽくコーディネイトしたいと計画中。

余談だが、以前代表の山根さんが「カモメマークは笑顔に見えるように描くのがコツなんや」と教えてくれたのを、このパーカを着ている時に思い出した。正直、当時はピンとこなかったが(ゴメンナサイ!)、改めて見てみると、柔らかな曲線で構成されたロゴはどこかピースフル。そんな優しい印象と抜群のインパクトを持つカモメマークって、やはり偉大なロゴなんだなぁと再認識。

色落ちしたジーンズにコンバースを合わせたシンプルなコーディネイトにもバッチリはまる。モノトーンで統一してストリート っぽくも着てみたい

【問い合わせ】
琵琶湖山根平安樓
TEL 077-594-1901
http://www.evisu.jp

※情報は取材当時のものです。現在取り扱っていない場合があります。

(出典/「Lightning 2019年5月号」)

SHARE

PROFILE

サカサモト

Lightning / 編集者

サカサモト

編集部のなんでも屋。CLUB HARLEY→Lightning→2nd、そして再びLightning編集部へ移籍。結果クルマ、バイク、古着などオールラウンダー編集者に。ニックネームは、スキンヘッドにヒゲ面をいう「逆さ絵」のような顔に由来する

サカサモトの記事一覧

編集部のなんでも屋。CLUB HARLEY→Lightning→2nd、そして再びLightning編集部へ移籍。結果クルマ、バイク、古着などオールラウンダー編集者に。ニックネームは、スキンヘッドにヒゲ面をいう「逆さ絵」のような顔に由来する

サカサモトの記事一覧

No more pages to load