BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

誰も考えなかったワークとマリンのミックス。「フェローズ」のショアジャックに注目。

毎年、春になるとリリースされるフェローズのショアジャック。名前から潮風を意識して作っているんだろうと思っていたが、今シーズン(2019年春)はウォバッシュが登場し、受け止め方が変わった。

「フェローズ」のショアジャック

表地コットン、裏地レーヨンだが生地は一重という珍しい生地がショアジャックの特徴。裏地の滑りがよく、着心地も軽快だ(フェローズ TEL03-3406-0012 http://pherrows.com)

ウォバッシュといえば、ワークウエアの定番的な染色技法なわけで、ちょっとワークウエアテイストも加わって、海の似合わない自分でも、抵抗なく選べる一着に。

ロングポイントの襟は風が吹いても暴れ ないようにスナップ留め。襟を立てると チンストラップと、機能性は高い

ゴルフジャケットや、ヨットマンのマリンジャケットのような、少しリッチな雰囲気は襟や裏地に残しつつ、コーディネイト次第ではビブオーバーオールの上から羽織っても違和感のないジャケットに仕上がっている。どっちも行けるユーティリティジャケットとして、これは購入しなければならない気持ちにさせられた一着。100点満点。

フロントファスナーの引き手にはフェロ ーズのロゴ入りバッファロースカルのチ ャームで洒落心を表現する

トラッドを崩したプレッピースタイルがいいかなぁなんて考えながら、撮影用にコーディネイトしようとしたが、手元にあったのはシャンブレーシャツだったので、デニムのボウタイでアクセント。サクラ咲く季節なら、ピンクのオックスフォードシャツなんかを合わせても良いんじゃないかとか、想像は膨らむばかり……。

両サイドの内側にはアジャスト機能のゴ ムが装着され、防風性を高める。この 絶妙な絞りが、シルエットの決め手に

これがデニムのワークジャケットだと、なかなかそうは考えないんだよな。さて、バーバーに行って、ボサボサの髪とヒゲを調えてもらってこよう。

雨風凌げますよ! と図柄で伝える織り ネーム。最下段では、この特別なコット ンレーヨンの生地のことを誇る

【問い合わせ】
フェローズ
TEL03-3406-0012
http://pherrows.com

※情報は取材当時のものです。現在取り扱っていない場合があります。

(出典/「Lightning 2019年月5号」)

SHARE

PROFILE

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド) / 編集長

松島親方

Lightning、CLUTCH Magazine、2ndの3誌編集長。海外のフリーマーケットからネットショッピングまで守備範囲は広く、編集部、社内を見ても、間違いなくN0.1のショッピングの鬼。そのため貯蓄はほぼない

松島親方の記事一覧

Lightning、CLUTCH Magazine、2ndの3誌編集長。海外のフリーマーケットからネットショッピングまで守備範囲は広く、編集部、社内を見ても、間違いなくN0.1のショッピングの鬼。そのため貯蓄はほぼない

松島親方の記事一覧

No more pages to load