BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • トリコガイドシリーズ
  • buono
  • ei cooking
  • Yogini
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD

靴のための革だから経年変化にも期待大!「ブラス」オリジナルのキーケースとコインケース。

ここ5年くらい履いていなかったローファーのソールをカスタムしたく、先日靴のリペアやカスタムでお世話になっている『ブラス』に足を運んだ。店内は、相変わらずインダストリアルな雰囲気抜群のかっこいい空間。そこにオリジナルブランド『クリンチ』のブーツが並ぶ。

『ブラス』オリジナルのキーケースとコインケース

キーケースにキーストラップを組み合わせると、ベルトループに通して使うこともできる。右の小さいのがコインケース。私はパーキングメーター用の300円を入れてクルマに常備しており、つい先日早速これが役立った。(ブラス TEL03-6413-1290 http://www.brass-tokyo.co.jp)

そんな中、このキーケースをふと発見した。聞けば、クリンチのブーツと同じ革を使ったもので、販売しているとのこと。ボタンワークスが手掛けたリング金具、ねじ式のシカゴスクリューともに真鍮とニッケルを選べるそうだ。シンプルな作りだが、なんとも豪華な仕様である。

革はアメリカの老舗タンナー、 ウィケット&クレイグ社のラティーゴを使用。雰囲気のある革で経年変化に期待したい。裏側には「Brass Shoe Co」のBSCロゴの箔押しが。アメリカンヴィンテージが好きなブラスらしい仕様だ

これは欲しいと盛り上がっていたら、オーナーの松浦さんが新作としてリリース予定という同じ仕様のコインケースも出してくれた。こちらは、コインケースという名から連想するものとはかけ離れているほど小さく、サイズ的にはギターのピックが入る程度。

100円玉3枚または500円玉1枚がきっちり収納可。電子マネーが一般化した現在、こういう遊び心に惹かれる!
鍵を通す部分もシカゴスクリューを使用。ネジ式になっており、このように外してから鍵を通して使用する

しかし、実は「パーキングメーター(道路脇の白枠駐車スペース)に使う300円を収納する」というのがコンセプト。これはかなり面白い。500円玉も1枚だけ収納できるため、子供の遠足のおやつ代(昔は300円だったなぁ……)としてケースごと渡すというのもアリ。そうして、両方ゲットしたわけである。当然だが、全てブラスの靴職人によるハンドメイド。早くアジを出したく、毎日必要以上に触っている。

余談だが靴はハーフラバーソール(3000円)とトライアンフスチール(5000円)で見違えるほどの仕上がり

※情報は取材当時のものです。現在取り扱っていない場合があります。

(出典/「Lightning 2019年4月号」)

SHARE

PROFILE

ランボルギーニ三浦

Lightning編集部

ランボルギーニ三浦

全国的に名を轟かせていた札幌の老舗ヴィンテージショップに就職。29歳で上京。Lightning編集部、兄弟誌・2nd編集部で編集長を務めた後、現在は、Lightningに。ヴィンテージ、古着の知識はその道のプロに匹敵。ランボルギーニ三浦の由来は、もちろんあの名車

ランボルギーニ三浦の記事一覧

全国的に名を轟かせていた札幌の老舗ヴィンテージショップに就職。29歳で上京。Lightning編集部、兄弟誌・2nd編集部で編集長を務めた後、現在は、Lightningに。ヴィンテージ、古着の知識はその道のプロに匹敵。ランボルギーニ三浦の由来は、もちろんあの名車

ランボルギーニ三浦の記事一覧

No more pages to load