BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • トリコガイドシリーズ
  • buono
  • ei cooking
  • Yogini
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD

ローテクスニーカーとハイテクスニーカーの正しい洗い方を徹底解説!

ここ数年続いているスニーカーブーム。それと比例するように盛り上がっているのが、スニーカーに特化したメインテナンス用品だ。多くのブランドからケア用品が発売されおり、「スニーカーは大切にするもの」という感覚が浸透している何よりの証拠だろう。

スニーカーには大きく分けてローテクとハイテクがあるが、それぞれの代表的なスニーカーを取り上げてお手入れの仕方を徹底的に紹介していく。

ローテク代表【New Balance ニューバランス】のスウェードとメッシュのコンビ「998」をお手入れする。

 New Balance 998 ニューバランスを代表する名作998。定番のグレーはスウェー ドとメッシュのコンビネーション。汚れが目立つので、この黒ずみをきっちりと取っていきたいところだ

普遍的なスタイルで人気が高いニューバランス。自分でクリーニングする上で気を付けたいのが、アッパーの素材。スウェードやヌバックなどの起毛素材とメッシュ部分のコンビネーション素材なので、それぞれ別のメインテナンスが必要となる。

そのためスムースレザーよりもメンテが少し複雑なので、その手順をしっかり覚えておきたいが、スウェードのシューズとメンテ方法が近しいので、こまめにメンテしている人ならすんなりと覚えられるはず。

まずはブラッシングをして、間に入り込んだ汚れを取り、毛並みを整えることが重要。頑固な汚れには生ゴムなのでスウェード向けの消しゴムを使うのも有効。色や素材によっては色落ちしやすく、シミになりやすいので、液体シュークリーナーを使う前にテストをするのも大事。メッシュ部分は細かなブラシを使うと効果的。ヌバックは水に弱いので、最後に防水スプレーで仕上げることもお忘れなく!

用意するもの

今回使っているのは、LA のスニーカーケア専門ブランドであるジェイソンマーク。液体と泡フ
ォームのクリーナー、ブラシ3種類、生ゴム、防水スプレー、マイクロファイバークロスを使用。洗い流す必要がないので手軽に使える。

1.ブラッシングする。

まずは全体をブラッシング。これは仕上げにも使える馬毛のハンドルブラシ。デリケートな素材に対応する。

2.イレイザーで汚れを落とす。

次にブラッシングだけでは落ちなかった汚れをゴム製のイレイザーを使って優しく落としていく。

3.ソールを洗う。

ソールに向いている硬めのブラシにクリーナーをつけて洗っていく。これだけでかなり印象が変わる。

4.拭き取る。

マイクロファイバークロスで拭き取る。洗い流す必要がなく、洗浄力もバッチリだ。

5.豚毛のブラシを用意する。

アッパーを洗う際は、柔らかな豚毛のブラシと泡フォームのクリーナーを使う。優しく泡で洗う感覚で洗浄。

6.アッパーを洗う。

全体を優しくブラッシングしていく。色や素材によっては色落ちするので、少量でテストするのが必須。

7.メッシュ部分を洗っていく。

メッシュ部分は化学繊維なので、豚毛ブラシに液体タイプのクリーナーと適量の水を混ぜて使っていく。

8.ブラシでこする。

汚れが入り込んでいるので念入りに洗っていく。ある程度、力を入れてもいいので細かく動かしていく。

9.毛並みを整える。

全体をマイクロファイバークロスで拭き取った後は、馬毛のブラシで毛並みを整えていけばほぼ完了。

10.靴紐を洗う。

クリーナーは靴紐にも使える。適量を馴染ませてから、水でもみ込んでいくだけ。

11.拭き取る。

洗い流す必要がないので、マイクロファイバークロスで拭くだけ。

12.防水スプレーを吹きかける。

最後にアッパーが乾いたら、全体に防水スプレーをかけていく。乾燥後に二度吹くと撥水効果が高まる。

完成!

薄汚れていたスウェードとメッシュ部分が本来のトーンに戻っている。また、アッパーも白さが甦っており、かなりクリーンな印象に。

ハイテク代表【NIKE ナイキ】のバスケットボールシューズ「AIR JORDAN 9」をお手入れする。

NIKE AIR JORDAN 9 モノトーンのカラーリングが際立つエアジョーダン9は、1990年代を代表する名作モデルで、このモデルから再びティンカー・ハットフィールドが指揮を執ったことで知られる

ハイテク代表としてピックアップしたのが、スムースレザーと起毛した人工素材のコンビネーションアッパーであるバッシュ「エアジョーダン9」。スムースレザーは、今回使っているジェイソンマークのような天然由来の成分で構成された高機能なクリーナーであれば、自宅でクリーニングすることはまず問題ない。

気を使いたいのが、起毛したファブリック。カラーリングによっては堅牢度が低い素材もあり、洗うことで色落ちしたり、他のパーツに色移りしたりする危険性もある。だからヒール部分など目立たない箇所で色落ちしないか、必ず試した方がいい。

また今回のジョーダン9は問題ないが、ソールの仕上げ方によっては、ブラシでゴシゴシと強く擦ってしまうとアッパーのカラーが剥げてしまうものもあるので、ここも気をつけておきたい。アナログなスニーカーでは心配ないことも、昨今のハイテクスニーカーでは思わぬトラブルになることもあるので、しっかりと見極めたいところ。ただ要点さえ押さえれば、問題ないだろう。

用意するもの

今回使っているのは、すべてジェイソンマーク。プレミアムシュークリーナー、ブラシが3種類、専用のマイクロファイバークロス。洗い流す工程がないので手軽に使えて、匂いもいい。スニーカーケア専任ブランドだけある。

1.まずはプラッシング。

まずは表面についた汚れをブラッシングしていく。使用したのはプレミアムな馬毛のハンドルブラシ。

2.シュークリーナーをブラシに塗布。

シュークリーナーをブラシにつける。天然由来成分を原料とし、洗い流す必要がないので便利。

3.ブラシを水につける。

ブラシにシュークリーナーをかけ、水に浸すだけで準備完了。

4.ソールを洗う。

まずは化繊を使ったブラシでソールを洗っていく。洗浄力があるので、これだけでかなりきれいになる。

5.クロスで拭き取る。

マイクロファイバークロスで、細かな繊維が水分だけでなく、汚れも取り除く。

6.起毛素材のテストをする。

起毛素材は目立たない場所にクリーナーをつけて、色落ちしないかテストする。

7.アッパーも洗う。

アッパーには柔らかな豚毛のブラシを使っていく。2.3の工程を行ってから全体を軽くブラッシングする。

8.クロスで拭き上げる。

マイクロファイバークロスで拭き取っていく。

完成!

もともとそこまで汚れていなかったので、アフターがわかりにくいが、トゥの汚れなどがしっかりと取れ、まるで新品のような状態になっている。

汚れやすいソールの白い部分もかなりきれいになっている。これだけでかなり見栄えが違うので、こまめにメインテナンスするのが大事だ。

少し前までは、スニーカーも履きつぶすというアイテムだったが、コレクタブルアイテムに昇格し、多くの高機能な高価格帯のスニーカーが登場したこともあり、いかにメンテナンスして長く履き続けるか、という意識に変わってきた。最適なケア用品をそろえ、正しいメンテナンス術をマスターし、スニーカーライフを楽しもう!

▼編集部・ランボルギーニ三浦もおすすめ!

「ジェイソンマーク」の超オシャレな実力派シュークリーナー発見!

「ジェイソンマーク」の超オシャレな実力派シュークリーナー発見!

2019年08月14日

(出典/「別冊Lightning 完全版メンテ本」)

SHARE

PROFILE

サカサモト

Lightning編集部

サカサモト

編集部のなんでも屋。CLUB HARLEY→Lightning→2nd、そして再びLightning編集部へ移籍。結果クルマ、バイク、古着などオールラウンダー編集者に。ニックネームは、スキンヘッドにヒゲ面をいう「逆さ絵」のような顔に由来する

サカサモトの記事一覧

編集部のなんでも屋。CLUB HARLEY→Lightning→2nd、そして再びLightning編集部へ移籍。結果クルマ、バイク、古着などオールラウンダー編集者に。ニックネームは、スキンヘッドにヒゲ面をいう「逆さ絵」のような顔に由来する

サカサモトの記事一覧

No more pages to load