BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • トリコガイドシリーズ
  • buono
  • ei cooking
  • Yogini
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD

スポーツカーは走ってなんぼ! 「デ・トマソ・パンテーラGT5」を街乗りとサーキット兼用にカスタム!

街乗りに適したスポーツカーとサーキット仕様のスポーツカー、どっちにする? そんな質問はもはや愚問。走り好きのカスタムビルダーの手による、街乗りにもサーキットにもその力を発揮する、究極のマシンがここにある。米伊混血のルーツを持つスポーツカーの異端児、「デ・トマソ・パンテーラGT5」をさらにオリジナリティ溢れるスタイルにカスタムした1台だ。

イタリアデザインのボディにアメリカ製のエンジンを搭載した「GT5」。

パンテーラらしさを残しながら、カスタムのオリジナリティを追求した結果このスタイルに辿り着いた。実際にサーキット走行もこなすマシンだが、“普段乗りで普通に走れる”スペックを前提にカスタムしているため、低速でもギクシャクせずスムーズに街中を馳ける

1971年に登場したデ・トマソ・パンテーラはイタリアとアメリカの両要素を兼ね備える稀有なスポーツカーである。’60年代後半、フォードの副社長だったイタリア系アメリカ人のリー・アイアコッカが親交のあったデ・トマソのオーナーと共同でスポーツカーを開発。そんな経緯で誕生したパンテーラはフォードGT40をモチーフとしたイタリアデザインのボディにフォードのV8をミッドシップ搭載する、良いとこ取りの混血車なのだ。

今回紹介したGT5は「リスキービジネス」代表・岡田純一さんの所有。15年前に手に入れたパンテーラGT5を実験台にオリジナリティの強いカスタムを提案。レースメカニックとしても活躍し、走りのスタイルを得意とする。ホットロッドカスタムショー2019では斬新なデロリアンカスタムを披露した

40代以上の世代には懐かしいスーパーカー消しゴムにもなった名車だけにストックが主流だが、このGT5のオーナーである「リスキービジネス」代表・岡田さんは、車高を下げカーボンパーツを多用したレーシーなスタイルにカスタム。オーバーフェンダーを装備したスタイリングは攻撃的な雰囲気を醸し出す。しかし、このマシンはサーキットでも普段乗りの足としても活躍しているのだ。

この’73年式GT5はリスキービジネスのセール車両。オリジナルの装備を色濃く残しながらも岡田さんの愛車と同様、GT4仕様のオーバーフェンダーに変更されている。ベース車なのでここからカスタムも可能だ。800万円

「サーキットで本気で勝つにはさらにチューンが必要ですが、ストックをフルバランシングしたエンジンは十分恥ずかしくない走りができるし、このマシンはどこでも走れることが大前提。急に遊びに行こうとなってもすぐに走り出せる。嫁さんが運転するくらいですから(笑)。スポーツカーは走れなければおもしろくないでしょう」

パンテーラの常識を覆す、カスタムビルドのストリートレーサーのディテールを拝見!

そんな岡田さんによってこだわりのカスタムを施された「GT5」。どんな仕様なのか、細部を細かくみてみたいもの。さて、どんな姿なのか、全容を見ていこう。

1.エンジン

FORD351クリーブランドをフルバランシング。8連FCRがレーシーな雰囲気。フルチタンのエキゾーストは排気干渉を意識してセンターで繋がる対称な作り。

2.マフラー

本来ナンバープレートを装着する位置からサイレンサーのエンドを出した斬新なカスタム。リスキービジネスの定番メニューになりつつあるとか。

3.インパネ周り

インパネ周りはカーボンに変更し、従来乗車席の横に立てに並ぶメーター類をタコメーターとスピードメーターの左右に配置している。

4.フロント

ヘッドライトは本来リトラクタブルだが、グリル内に埋め込んだ固定式ライトに変更。オーバーフェンダーはカーボンで製作したオリジナルパーツだ。

5.足回り

エアサスで車高を下げ、エンジンフードからは8連FCRキャブレターのファンネルが顔を出す攻撃的なスタイル。ワイドな足回りとオーバーフェンダーが岡田さんのこだわり。F10J-17インチ、R15J-17インチのホイールはワンオフで製作。

ちなみに、手に入れた際の姿がこちら。

15年前に手に入れた頃の状態。GT5のストックに近いこの頃と比べると、現在がいかに攻撃的なカスタムがされているかが一目でわかる。

過度なチューンは施していないため街乗りで日常的に使用している。地を這うような低い乗車ポジションのドライビングプレジャーは格別だろう。

【問い合わせ】
RISKY BUSINESS
ハーレーとクルマのカスタムショップとしてスタートしたが、いつの間にかクルマ一色に。パンテーラを中心にスポーツカーのカスタムを行い、全国のパンテーラ乗りの駆け込み寺的な存在になっている。

愛知県名古屋市中川区打中1-121
TEL052-890-3206
http://www.facebook.com/RiskyBusinessColtd

(出典/「Lightning2020年2月号 Vol.310」)

SHARE

PROFILE

ADちゃん

Lightning編集部

ADちゃん

スケートカルチャーシーンでは実は名の知れた存在で、社内に隠れファンが多数いるほど。だが普段はそんな雰囲気はまったく醸し出していないため、ただの笑顔のステキなお兄さんと思われている。ミリタリーについても、モヒカン小川に並ぶ知識の持ち主

ADちゃんの記事一覧

スケートカルチャーシーンでは実は名の知れた存在で、社内に隠れファンが多数いるほど。だが普段はそんな雰囲気はまったく醸し出していないため、ただの笑顔のステキなお兄さんと思われている。ミリタリーについても、モヒカン小川に並ぶ知識の持ち主

ADちゃんの記事一覧

No more pages to load