BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • トリコガイドシリーズ
  • buono
  • ei cooking
  • Yogini
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD

海外出張に欠かせないハット、 THE H.W. DOG&CO.のトラベラーズハットを5年越しにゲット。

ブランド立ち上がりから親交があるTHE H.W. DOG&CO.のデザイナーの弦巻さんとは同じ沿線在住だったり、私と同じくベスパ乗りだったりと、何かと縁がある人。しかし、そんな中でもっとも縁が無かったのが弦巻さんとこのアイテム。

そもそもブランド立ち上げ当初にハットを買おうと思ったところ、私の小さなアタマに合うサイズがない。でもそこは弦巻さん。「サイズオーダーできるんで、作りますよ」と、うれしいお言葉。でも、いつになっても連絡は来ないし、私もオーダーすら忘れる始末。

しかし、先日ショップで思い出して聞くと「あれは……実は、引っ越しのときにどこかへ行っちゃって」と、半ば苦し紛れのコメントに苦笑。しかしなぜか腹が立たないのが彼のスゴさでもある。しかも「最近では小さいサイズもあるんです」と聞きさらに苦笑。もはやオーダーする必要ないじゃん。

THE H.W. DOG&CO.のトラベラーズハット(カスタムバージョン)

リボンもないシンプルなトラベラーズハットが弦巻さんのカスタムによって見た目は激変。単体では1万6500円。汚しカスタムと焼き加工はそれぞれ5500円でやってくれる(THE H.W. DOG&CO. TEL03-6427-9011 http://www.thehwdog.com)

じゃあ、サイズのあるハットを買うよとなるわけ。そこで選んだのが折りたたんで丸めれば収納できるトラベラーズハット。でもそのまま持って帰るのも腑に落ちないので(笑)、弦巻さんにカスタムしてもらうことに。お任せで焼き&ペイント加工をしてもらうと、実にカッコがよろしい。約5年越しという壮大なストーリーを持ったハットになってしまった。

バックには「THE CASE FOR BEING RECKLESS(恐れずにやれ)」のメッセージが。これは私に当てたメッセージではなく、ブランドのモットーね
せっかくだからカスタムしてくれた弦巻さんにサインをお願いしたら思いのほか大きく書かれる(爆)。でも書き殴ったようなゆるーい感じがセンスよろしい
付属する巾着袋にハットを丸めて収納すればコンパクトに。これなら海外出張などの長期渡航でも荷物の隙間に入れておけるでしょ。世界中を飛び回るジェットセッターにお勧め

(出典/「Lightning 2020年2月号 Vol.310」)

SHARE

PROFILE

ラーメン小池

Lightning編集部 ディレクター

ラーメン小池

Lightning編集部、CLUTCH magazine編集部を経て、Lightning編集長を務めた後、現ディレクター。アメリカン・カルチャー、特にヴィンテージ・アメリカンをこよなく愛する。クルマから雑貨まで、あらゆるアイテムに食いつくのが悪い癖

ラーメン小池の記事一覧

Lightning編集部、CLUTCH magazine編集部を経て、Lightning編集長を務めた後、現ディレクター。アメリカン・カルチャー、特にヴィンテージ・アメリカンをこよなく愛する。クルマから雑貨まで、あらゆるアイテムに食いつくのが悪い癖

ラーメン小池の記事一覧

No more pages to load