BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • トリコガイドシリーズ
  • buono
  • ei cooking
  • Yogini
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD

バイク乗り必見! ダサくならない、 大人のバイカーファッション15選。

バイカーのファッションといえば、革ジャン、ブーツ、ジーンズ……というのがスタンダードだが、どこかで個性を出したいもの。できれば女子ウケを狙えたら最高だし、ダサいなんて言われたくないだろう。そこで、スタイルのあるバイク乗りのコーディネイトを紹介していこう!

1.大人のホワイトコーデ/「キッチン南海」料理長・中條知章さん

昭和41年創業の老舗カレーショップ、『キッチン南海』の料理長。ヴィンテージモーターを好み、ハーレーだけでなく’70年式ダッジ・チャレンジャーでドラッグレースに参戦していた経験もある。現在の愛車は3台のハーレーとトヨタハイラックス

スプリントSSに乗る時はアイアンとは異なるギアにもこだわっている。スクランブラーのスタイルに合わせてヴィンテージスタイルのMXグローブを愛用。東京のヘルマートで手に入れた’60年代のBELL SHORTY。白ラメのペイントが特徴で、付属の星条旗のステッカーやオプションのバイザーを装備。そしてファッションもホワイトでトータルコーディネイトしていて、大人だからこそのカッコよさだ。

2.カリフォルニアスタイル/「JAKS GARAGE」オーナー・大里健さん

藤沢のセレクトショップ『JAKS GARAGE』のオーナーであり、モ デルとしても活躍。サーフィンはサーフブランドからスポンサード を受けるほどの腕前で、まさに藤沢ローカルのスタイルマスター

ほぼ毎年仕事を絡めてカリフォルニアを訪れ、合間の時間を見つけてカリフォルニアの海に入るという大里さん。若い頃は真剣にプロを目指していたと言うだけに高いスキルを持ち、海外のサーフィン仲間も多い。大里さんが兄弟で営むセレクトショップ「JAKS GARAGE」ではこの街のライフスタイルに合うファッションを提案する。兄弟のガレージをイメージしたと言うショップはサーファーやバイク乗りが趣味の話を交わす社交場としての役割も担っている。そんな大里さんのファッションはサーファーのバックボーンを感じさせるスタイルだ。

3.ブラックコーデ/「HUNGER」ショップマネージャー・安達伸吾さん

『GERUGA』、『LOST CONTROL』の旗艦店となるHUNGERのショップマネージャー。バイクに乗る時のファッションは王道を崩した力の抜けたスタイルがこだわり

主にスーパーシェルパは街乗り&通勤用だが、ゆったりロングツーリングにも対応。ブラックで統一したコーディネイトをスーパーシェルパに合わせていた安達さん。「ハーレーに乗る時はいかにもな格好は避けるけど、このバイクでは逆に男っぽさを意識して、あえてギャップのあるコーディネイトを合わせることも多いです」

4.古着のストリートコーデ/「4」オーナー・櫻井慶樹さん

学生時代から古着店に勤務し、卒業後に目黒駅近くにバーを開業。 天気のいい週末のみウェザーバイセイバーズの名前で古着のガレージセールを開催する。詳しくはインスタで。@savers_jp

バーを1人で切り盛りしながら、ヴィンテージクロージングの販売も手掛けているため、都内を頻繁に移動する。ヴィンテージバイクながらもクイックに始動できるXLを重宝している。「旧車のハーレーに乗っているから
こそ感じるのですが、XL350のようなVMXは、気張らないで乗れる魅力があります。ハーレーはいい意味で気合いも入りますし、エンジンを掛けるのも一苦労ですからね(笑)。今のような暑い季節だとどうしてもカジュアルな格好になりますが、よく合いますし、力が抜けた感じでも不思議とマッチしてくれるんですよね」

5.「NO name!」代表・古俵大輔さん

’43年のWLのクラシカルなスタイルに合わせた上品なコーディネイト。色味をブラウン系でまとめた綺麗なスタイリングだが、ワークベストが違和感なくマッチしているのも注目したい。

6.「NO name! 」プレス・JUNIORさん

Tシャツのバックプリントをオーバーオールの背面で見せた技アリなコーディネイトはボバースタイルとの相性も抜群。カスタムが完成したばかりというモデルKに描かれたAT-DIRTYのロゴも◎

7.「NO name! TOR WEST」店長・DAIKIさん

オープンカラーの総柄シャツを主役に王道のアメリカンカジュアルのスタイルは、軽快な印象のTR-6スクランブラーにぴったりの爽やかな着こなし。秋口はインナーとしても重宝する。

8.「NO name! LIBERTY STORE」店長・HIROさん

デニムトラウザーをシャツ・インして上品に着こなすHIROさんのバイカースタイル。バイカーズキャップやスカーフといった小物使いも秀逸でお手本としたい着こなしだ。

9.「TRIUMPH RIOT」主宰・KAZさん

年に一度のオールドトライアンフのミーティングイベント、 TRIUMPH RIOTの首謀者。ユニットモーターのトライアンフを5台所有し、近年はダートレースへの参加をきっかけにスクランブラースタイルに没頭中

KAZさんがストリートのメインバイクとして乗り回す’71年式T100C。アップライトなポジションでハイパイプを装備したスクランブラーはアメリカンなトライアンフのお手本のようなスタイルだ。合わせるファッションも王道。スタイルある人にこそ似合うコーデだ。

10.ワークウエアで軽快に/竹重和俊さん

1983年生まれ。長野県出身。有名ブランドのマネー ジャーなどを経て独立。現在は恵比寿でショップをオ ープンするために準備中

1949年に北米市場を意識してリリースされたトライアンフの6Tサンダーバード。1955年にはリアにサスが装備されるが、この車両は1952年製なのでリジッドフレーム。青系の美しいクロムメッキもこの年代ならではのフィニッシュであり、非常に価値が高い。ナセルやフェンダーなどを外してボバーにこの日の竹重さんは、シャンブレーシャツに、クラシックな5ポケットデニムという無骨なワークスタイル。意識したわけではないが、美しい車両のブルーカラーとマッチ。これがストック状態の6Tサンダーバードだと、この一体感は生まれないだろう。

11.夏のゆるバイカーコーデ/中村忠さん

いまは無きBSAのコンペティションモデルのB50MX。できるだけ当時のパーツを残して乗るのがこだわりのポイントなのだとか。アットダーティのナイロン製の開襟シャツをラフに着こなしたスタイリングはバイクと相まって、アメリカのサンデーライダーのような雰囲気を醸し出していた。

12.キレイ目ブラックコーデ/石嶋聡さん

スクランブラー黎明期のモデルだけにロードバイクの要素が色濃く残る一台。「専用フレームや21インチホイールなど、きちんとオフロード仕様で作っている部分にメーカーの信念を感じます」と石嶋さん。王道のコーディネイトもサイジングでキレイ目に。

13.ストリートブラックコーデ/難波諒介さん

アーバンオフローダーをイメージしSRをベースにカスタムを続けているデウス エクスマキナのスタッフ難波さん愛車。現在はまだカスタムの途中のため、様々な車種からパーツを流用しているのだとか。ストリート感のあるコーディネイトでカジュアルに決まっている。

14・15 イギリスのバイカーも王道スタイルでキメる!

ロンドン郊外で行われる草レースイベント「マレ・マイル」。伝統あるマナーハウスを擁するプライベートな草原を舞台に、世代やマシンの種類を越えて楽しめるイベントとして、イギリスのクラシック&カスタムバイクカルチャーの中で新風を巻き起こしている。そこで出会ったロバート・ナイチンゲール氏(左)とジョナサン・カッツォーラ氏。30代半ばで、新旧両方のバイクを楽しむイギリス人は最近では珍しい。

※取材時の情報です。

(出典/「別冊Lightning Vol.212 バイカースタイルブック」)

SHARE

PROFILE

サカサモト

Lightning / 編集者

サカサモト

編集部のなんでも屋。CLUB HARLEY→Lightning→2nd、そして再びLightning編集部へ移籍。結果クルマ、バイク、古着などオールラウンダー編集者に。ニックネームは、スキンヘッドにヒゲ面をいう「逆さ絵」のような顔に由来する

サカサモトの記事一覧

編集部のなんでも屋。CLUB HARLEY→Lightning→2nd、そして再びLightning編集部へ移籍。結果クルマ、バイク、古着などオールラウンダー編集者に。ニックネームは、スキンヘッドにヒゲ面をいう「逆さ絵」のような顔に由来する

サカサモトの記事一覧

No more pages to load