BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • トリコガイドシリーズ
  • buono
  • ei cooking
  • Yogini
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD

「スカジャン」とは? 知っておきたい、由来、刺繍の意味から素材の種類まで。

ショート丈のブルゾンといえば、MA-1、スカジャン、スタジャンは外せない。90年代ストリートファッションのリバイバルによって再び注目を浴びているこの3つのブルゾン。選ぶときに知っておきたい知識を、徹底的に紹介!

1.「スカジャン」とは、かつて米兵が自国の土産物として持ち帰ったスーベニアジャケット。

TAILOR TOYO

日本では「スカジャン」の愛称で知られるサテン系素材のジャケットは、前後に派手な刺繍を施したデコレーションが最大の特徴だ。アメリカでは「スーベニア(土産)ジャケット」という呼称で知られているように、そのルーツは戦後間もない頃、日本に駐留していたアメリカ軍兵が記念品として日本らしいオリエンタルな柄や所属している部隊のモチーフをジャケットに刺繍して持ち帰ったのが始まりとされている。

着物や帯といった日本の伝統品を土産物として好んで購入していた当時のアメリカ人に目をつけ、親しみやすいベースボールジャケットを模して、彼らが好むオリエンタルな刺繍を施して販売したところ、これが大盛況。当時は物資統制により絹糸などが入手困難であったことから、シルクに似たアセテートレーヨンをボディに採用していた。日本各地の基地に納入されたことを皮切りに、やがて海外の米軍基地にまで正規納入されるようになり、1950年代には全盛期を迎える。やが日本の横須賀基地周辺でも一般に向けて販売されるようになり、1970年代には「スカジャン」の愛称でファッション化する。

近年スカジャンのリバイバルが本格化。レディスを筆頭に主力セレクトショップなどでも引っ張りだこ状態という。

スーベニアジャケットのルーツを知る「どぶ板通り」。

今も米軍兵や海上自衛隊の隊員たちが、休日になると足しげく通う姿が見受けられる。一歩足を踏み入れると、雰囲気はまさにアメリカそのものだなのだ

第二次世界大戦後に横須賀に駐留した米軍が訪れる商店街として、今もアメリカの雰囲気を色濃く残しているのが、京急汐入駅から米海軍ベースに向けて延びる通称「どぶ板通り」だ。名前の由来は、昔ここにどぶ川が流れており、そこを鉄板で閉口した歴史を持つから。今も通りの各所にミリタリーショップやスカジャンを扱う店、アメリカンレストランが点在している。

2.別珍にサテン……「スカジャン」の素材にはどんなものがある?

スカジャンの魅力と言えば、きらきらとした光沢を放つサテン地の生地に、色とりどりの刺繍で豪華なデコレーションが施された、圧倒的なワンオフ感。一方、「綿ビロード」とも言われる横糸でパイルを作って織り上げ、表面を毛羽立たせた「別珍」と呼ばれるボディに、キルティングを施した“冬仕様” のスカジャンもファンには見逃せない。どちらも、駐留していた米軍が母国に持ち帰る“土産物” がルーツ。まずは素材を見ていこう。

アセテートレーヨン

戦後に登場したスカジャンのほとんどがこのアセテートレーヨンを使用していた。シルクに似た高級感を持ちながら独特のドレープと経年の仕方がヴィンテージファンの心を掴む。

別珍

サテン系素材とは違うスカジャンのもう一つの魅力が別珍ボディだ。ベルベティーン(ベロア素材)が日本語化した完全なる造語だが、スカジャンでは素材のひとつとして定着。綿ビロードとも呼ばれる毛羽立ちのあるベロア状の素材感が特徴。

キルティング

中綿入りのスカジャンのリバーシブルした片面に多く使われている。中綿の偏りを防ぐ効果を持ちながらも、それ自体がデザインのアクセントとしての役割も果たしている。冬に着るスカジャンとしてお馴染みだ。

ヴィンテージ加工

テーラー東洋が提案する新しいスカジャンの加工技術。生地を傷つけることなく、製品後加工によってまるで本物のヴィンテージのような退色感をリアルに表現することに成功。

3.「鷲」「虎」「龍」など、刺繍の柄にはどんな意味が込められている?

独自にカスタムを施した刺繍の装飾には、アメリカの国鳥でもある「鷲」、雄々しい「虎」「龍」など、日本由来の様々なモチーフを組み合わせるのが主流だ。デザインの種類にはどんな由来があるのか見ていこう。

虎(トラ)

アジアを代表する哺乳類というイメージに加え、日本でも古来より人気があり、強い者の象徴として親しまれている虎は、アメリカ人が好む鉄板人気の図柄でもある。

鷲(ワシ)

アメリカの国鳥としても知られ、男性らしい雄々しさを持つ鷲(=イーグル)は、アメリカ人が最も好むモチーフのひとつ。爆撃機、平和の象徴などにも使われることが多い。

龍(リュウ)

元来は中国の伝統的な架空の生き物だが、オリエンタルな柄を好むアメリカ人は、このデコラティブなデザインを好んで使っていたようだ。図柄の種類も最も多いことで知られる。

JAPAN

日本庭園や富士山、芸者など、日本を想起させる図柄の刺繍とセットで背面のトップに配されることが多い。スカジャンが“土産物”として存在していた確かな証でもある。

地域名

日本各地の基地に納入されていたスカジャンは、やがて世界各地の米軍基地にも納入された。1950 年代を象徴する米軍基地の「地域名」が刺繍として飾られることも多い。

モチーフ

既製品も多かったがオーダーにも対応していたスカジャン。所属部隊をイメージしたもの、駐留していたエリアの風景、故郷のモチーフなど、オーダーによる図柄も魅力のひとつ。

【豆知識】リブにも注目!

ピッチの広いものからラインが1 本、2 本のものなど、刺繍の図柄のパターンによっても様々な組み合わせが存在する。経年によるリブのヨレも味ととらえる人が多い。

4.スカジャンの着こなしになる’70年代末期の青春名画『ワンダラーズ』。

Illustration/Y.Nakazawa 中沢ヨシオ

人種の坩堝であるアメリカでは、今も昔も多くの抗争や対立によって、その歴史が刻まれてきた。多感な思春期を描いた“青春映画” でも、アメリカの作品となると、人種対立の問題は欠かせないファクターだ。’60年代の『ウエスト・サイド物語』、’80年代の『アウトサイダー』と、不良たちの青春群像を描いた作品には、必ずと言っていいほど人種問題が絡んでいる。

ここで取り上げる’70年代末期の名作『ワンダラーズ』もそのひとつ。舞台は’60年代前半、ニューヨークの下町ブロンクスで苦難の歴史を持つ移民たちの青春を描いた物語だ。黒人たちで構成されたデル・ボマーズ、中国系のウォンズ、スキンヘッズのボルディーズ、そしてイタリア系のワンダラーズと、彼らは自我を確立するための衣装を身にまとい、結束のために選んだのが“スカジャン” だった。正式にはサテン地のベースボールジャケットかもしれないが、煌びやかなゴールドとレッドの切り替えデザインは、スカジャンの着こなしの参考になるに違いない。

▼こちらの記事もチェック!

「テーラー東洋」直伝! スカジャンは洗濯できる? 基本の手入れと保管のポイント。

「テーラー東洋」直伝! スカジャンは洗濯できる? 基本の手入れと保管のポイント。

2020年02月19日

さあ、スカジャン沼にハマる準備はできた。お気に入りの一着を探してみてほしい。

▼過去にあったスペシャルなスカジャンイベントにも注目!

※終了※本邦初公開! 「テーラー東洋」の貴重なヴィンテージスカジャンが大集合!

※終了※本邦初公開! 「テーラー東洋」の貴重なヴィンテージスカジャンが大集合!

2016年09月16日

※終了※「Pherrow’s」のスカジャンフェアは、なんと過去のモデルが入手できるチャンス!

※終了※「Pherrow’s」のスカジャンフェアは、なんと過去のモデルが入手できるチャンス!

2016年09月21日

(出典/「Lightning 2016年10月号 Vol.270」「Lightning 2016年11月号 Vol.271」)

SHARE

PROFILE

めぐミルク

Lightning編集部

めぐミルク

編集部のマドンナ。会社イチのミニマムボディでありながら、その笑い声は会社中にとどろくパワフル女子。文具、カメラの専門誌、旅雑誌などを経て、現在はハンバーガー担当。キャプション書きが異様に早い。ニックネームは某牛乳から

めぐミルクの記事一覧

編集部のマドンナ。会社イチのミニマムボディでありながら、その笑い声は会社中にとどろくパワフル女子。文具、カメラの専門誌、旅雑誌などを経て、現在はハンバーガー担当。キャプション書きが異様に早い。ニックネームは某牛乳から

めぐミルクの記事一覧

No more pages to load