BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • トリコガイドシリーズ
  • buono
  • ei cooking
  • Yogini
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD

「Schott ショット」直伝! ライダースジャケットのお手入れ術と保管のポイント。

リアルなメンテナンス術を聞くなら、そのジャンルのスペシャリストに聞くのが一番。レザージャケットのメンテナンスは、アメリカを代表するライダースブランドである「ショット」の飯塚さんに伝授してもらった。

オイルの塗り過ぎに注意すること。

「ショット」ブランドマネージャー・飯塚記一さん  日本におけるショットのブランディングを手掛ける。 バイク乗りであり、もとも と熱心なショットファンであるため、ファンの心を掴んだ企画も多く手掛ける

「ショット」の飯塚さんはライダースなどのレザージャケットで、もっとも気をつけたいのが、オイルアップのやりすぎだときっぱりと断言。

「うちのジャケットは、鞣しの段階で存分にオイルを入れていますから、正直数年でオイルが抜けてしまうことはほとんどないと思います。もちろん数十年経ったヴィンテージは、油分が抜け、革が割れてしまう可能性がありますから、たっぷりと塗っても問題はありませんが。なぜオイルの塗りすぎがよくないかと言うと、余分な油がカビの原因となり、結果的にレザーをダメにしてしまうケースが多いからです。

特にうちのレザーは、道具として作っていますから、クロム鞣しのかなり頑丈な革です。だから頻繁にオイルを入れなくても、風合いは損なわれませんし、ある程度の水も防いでくれます。一番怖いのは、たっぷりとオイルを塗って、風通しの悪い場所で保管すること。日本は高温多湿ですから、カビの原因となり、それが跡になってしまいます。高い買い物だから手入れをしたい気持ちはわかりますが、そこをグッと我慢するのが大切です(笑)」

ヴィンテージのワンスターをメンテナンス!

ということで、今回お手入れするのはこちら。黒いタグのデザインから、通称黒タグと呼ばれる’60年代のヴィンテージ。 ショットのファクトリーがある地域のバイクチームのカスタムペイントが施されているのがおもしろい。60年近く経っても確かに表面が少しカサついている程度だ。

用意するもの

ブラシとオイル、そしてろうそくでヴィンテージライダースをメンテしていく。

1.まずは全体をブラッシング。

表面に付いているホコリをブラッシングで払っていく。溜まりやすいエポレットやジッパーの部分もきっちりとやっていく。

2.オイルを用意する。

今回メインテナンスに使うのは、レザー好きから評判のいいマスタングペースト。スッと革に浸透する馬の油がたっぷりと入っているのが人気の理由。

3.手で塗り込んでいく。

マスタングペーストは、体温で溶けていくので、ブラシよりも手の方が塗り込みやすい。シワ部分は重点的に塗っていくのがポイントだ。

4.エポレットを外す。

ライダースジャケットは、エポレットやベルトなどの付属品が多いので、ちゃんと外してオイルを塗っていく。手間は掛かるがサボらずに!

プリーツも丁寧に塗る!

ライダースジャケットの象徴的なディテールであるアクションプリーツも丁寧に塗っていく。ここが固くなったら着にくいので注意を。

仕上がりがこちら!

マスタングペーストを中心に全体をオイルアップ。これだけで光沢感が出て、より良い雰囲気に!

【保管】風通しのいい場所で乾燥気味に保管。

レザーの大敵となるのがカビ。湿度の高い夏に保管することを考えると、カバーはせず、クローゼットでなく、風通しのいい場所にかけておく。あと重要なのがジッパーのケア。ローソクで擦り、ジッパーを上げ下げするだけで簡単。

▼カビが生えてしまったなどのエマージェンシー術はこちらをチェック!

革ジャンの手入れ・カビ取り方法・洗濯クリーニング……エマージェンシー術を徹底解説!

革ジャンの手入れ・カビ取り方法・洗濯クリーニング……エマージェンシー術を徹底解説!

2019年09月08日

(出典/「Lightning 2017年3月号 Vol.275」)

SHARE

PROFILE

めぐミルク

Lightning / 編集者

めぐミルク

編集部のマドンナ。会社イチのミニマムボディでありながら、その笑い声は会社中にとどろくパワフル女子。文具、カメラの専門誌、旅雑誌などを経て、現在はハンバーガー担当。キャプション書きが異様に早い。ニックネームは某牛乳から

めぐミルクの記事一覧

編集部のマドンナ。会社イチのミニマムボディでありながら、その笑い声は会社中にとどろくパワフル女子。文具、カメラの専門誌、旅雑誌などを経て、現在はハンバーガー担当。キャプション書きが異様に早い。ニックネームは某牛乳から

めぐミルクの記事一覧

No more pages to load