BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • トリコガイドシリーズ
  • buono
  • ei cooking
  • Yogini
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD

「AVIREX アヴィレックス」直伝! 洗濯しないMA-1のお手入れ術と保管のポイント。

クリーニングに出せばケアしてもらえるものも多いが、日々の汚れを簡単にケアできたらいつもキレイな状態で着ることができる。今回は、ミリタリージャケットの定番「MA-1」の正しいお手入れ方法を、「アヴィレックス」の下地さんにお聞きした。

教えていただいたのはこの方!

「アヴィレックス」クリエイティブディレクター・下地 毅さん。日本におけるアヴィレックスの最重要人物。ライトニング本誌でもお馴染みで、今まで数々の名物企画を輩出。大の軍モノファンである。

すっかりくすんでしまったMA-1をメンテナンス!

店舗の内装を手掛ける時にも着ていたので、ペンキなどが付き、なんともいい雰囲気に。だがその分、汚れもあるが、クリーナーを使えば、かなりキレイになるのだ。

用意するもの

全体のホコリを取るためのブラシに、市販されているクリーナー、そしてスポンジ。クリーナーは油汚れ、泥汚れ、タンパク質系の汚れに対応している酵素系がオススメ。これで汚れはかなり取れる。

1.まずはクリーナーを用意。

市販のクリーナーとスポンジを用意。ナイロンはある程度強い生地なので心配なし⁉

2.スポンジを泡立てる。

直接MA-1に振りかけるのではなく、スポンジに一度染み込ませ、泡立たせる。

3.スポンジで擦る。

十分に泡立たせたら、大胆に擦っていく。特に汚れのひどい箇所は重点的にやろう。

4.水拭きしていく。

ゴシゴシと擦った後は、水に濡れたウエスで全体を拭いていく。こんなに汚れが!

5.自然乾燥が理想だけど……。

ウエスで拭いた後は、自然乾燥させていく。急ぎの場合はドライヤー使う手もあり。

6.リブにブラッシング。

リブはクリーナーを使うことができないので、ブラッシングしてホコリを掻き出す。

7.ローソクでジッパーをメンテ。

ジッパー不良を起こさないためにもジッパーのメインテナンスは必須。ローソクを使う。

8.上げ下げを繰り返し終了。

ジッパーの表裏にローソクを塗り込んだら、上下に動かし、全体に馴染ませる。

仕上がりがこちら!

全体的に光沢がよみがえり、汚れも除去できた。

セルフメンテでは限界! そんなときはプロにお願いしよう!

MA-1を筆頭に、フライトジャケットや各種ミリタリーウエアに対応してくれるリペアショップが渋谷は神南エリアにある。セルフメンテの範疇を超えたケアは「RE SEW」など、プロの技にお任せ!

【DATA】
RE SEW
東京都渋谷区神南1-17-4神南ビル4F
TEL03-6452-5227
12時~19時 日祝日休(年末年始休業)

(出典/「Lightning 2017年3月号 Vol.275」)

SHARE

PROFILE

めぐミルク

Lightning編集部

めぐミルク

編集部のマドンナ。会社イチのミニマムボディでありながら、その笑い声は会社中にとどろくパワフル女子。文具、カメラの専門誌、旅雑誌などを経て、現在はハンバーガー担当。キャプション書きが異様に早い。ニックネームは某牛乳から

めぐミルクの記事一覧

編集部のマドンナ。会社イチのミニマムボディでありながら、その笑い声は会社中にとどろくパワフル女子。文具、カメラの専門誌、旅雑誌などを経て、現在はハンバーガー担当。キャプション書きが異様に早い。ニックネームは某牛乳から

めぐミルクの記事一覧

No more pages to load