BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

「ichi」のムートンスヌードとアームウォーマーで気分は“もののけ”。

昨年11月の1週間、取材で横浜・元町に毎日のように通っていた。元町には本誌でお馴染みのブランドがいくつかあり、革小物やシルバーアイテムをひとつひとつ手作業で作っている「ichi」横浜店も元町に店舗がある。

「ichi」のムートンスヌードとアームウォーマー

冬季限定で販売しているスヌードとアームウォーマーで、色はキャメル、チョコ、グレーから 選べる。期間限定の商品のため、在庫切れとなっている場合も。スヌード2万4200円、ア ームウォーマー1万9800円(ichi TEL045-222-7890 http://www.ichi.gr.jp)

その取材で、今のおすすめのアイテムを教えてもらったら、このムートンのスヌードとアームウォーマーが出てきた。な、なんてかわいいの! 取材の間も気になって、ぶっちゃけ集中できなかったくらい(すみません)。スタッフの人たちを見たら、デザインは違うけれどみんなスヌードを付けているし、もう欲しい衝動が暴走してしまい、取材終了後には、「これ、両方ともください」と前のめりでオーダーしていた。

スヌードはムートンの切りっぱなしを使っているので、一点一点カタチが違って、ボタンの数も選べる。アームウォーマーは初めて使ってみたけれど、指が出ててもかなり温かくてびっくりした。オーダーした当時はカラバリが4色あったので、3年前くらいに京都のパスザバトンで買ったユーズドのアグのムートンポンチョ(これはフェイクですが)と合わせてキャメルを選択。

これ全部合わせたら、かなりてんこ盛りの“獣”ファッションになってしまった。でもそれがまたちょっと気に入っていたりして。12月に横浜で開催した稲フェスでは朝が寒くて海風もキツかったけれど、このムートンのおかげで乗り切れた。今年は暖冬なので今のところ出番は少ないが、ときどき無理矢理“獣”になりたいと思います。

手のひらから手首をすっぽりと包んで とても温かい。指が出るので、はめ たままでも作業がしやすいのも◎
柔らかく密度の高いムートン毛。まる で上質な毛布に包まれているかのよ うな肌触りのよさ
スヌードの鉄ボタンの数は3〜5個と 好みで装着してくれる。このモデル は5個でつけてもらった
手作りの鉄ボタンをあしらっているの もポイント。よく見るとichiのブランド ロゴが刻印されている

【問い合わせ】
ichi
TEL045-222-7890
http://www.ichi.gr.jp

(出典/「Lightning 2020年3月号 Vol.311」)

SHARE

PROFILE

めぐミルク

Lightning / 編集者

めぐミルク

編集部のマドンナ。会社イチのミニマムボディでありながら、その笑い声は会社中にとどろくパワフル女子。文具、カメラの専門誌、旅雑誌などを経て、現在はハンバーガー担当。キャプション書きが異様に早い。ニックネームは某牛乳から

めぐミルクの記事一覧

編集部のマドンナ。会社イチのミニマムボディでありながら、その笑い声は会社中にとどろくパワフル女子。文具、カメラの専門誌、旅雑誌などを経て、現在はハンバーガー担当。キャプション書きが異様に早い。ニックネームは某牛乳から

めぐミルクの記事一覧

No more pages to load