BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

WILD TURKEYディスプレイ什器を作る!④最終回|遂に完成! 店舗テストにGO!

「カッコいいモノがないなら作ってしまえ!」そんなスローガンのもと、アメリカ西海岸のセンスを建築業界へ吹き込むクリエイター集団《カリフォルニア工務店》。クリエイティブ・ディレクターの“ROCK 岩切”を中心に、新しく自由なライフスタイルを提案。そんな彼らの仕事に密着!

ROCK 岩切とは?

一級建築士かつ、カリフォルニアスタイルを体現するクリエイティブ・ディレクター。「カリフォルニア工務店」を取り仕切り、住宅設計からカフェの内装、ガレージ作りまで全国津々浦々を駆け巡る仕事人。「カッコいいモノがないなら作ってしまえ!」という、ナチュラルボーンなロック思考の持ち主なのだ。

ついに完成! WILD TURKEY専用のディスプレイ什器を店頭テストしてきたぞ!

左から、ウッドアーティスト 村山じゅんさん、カリフォルニア工務店 ROCK岩切、メタル・エングレービング デザイナー 谷口五郎さん

「カッコいいものがないなら作ってしまえ!」をモットーに、様々なプロダクツを手掛けてきたカリフォルニア工務店。そのクリエイティブ・ディテクターを務めるロック岩切が進めているプロジェクトが、プレミアムバーボンのワイルドターキーから依頼された、ブランドの世界観が反映された「ワイルドターキー専用のディスプレイ什器」の製作である。

前回は、より完成形に近いセカンドサンプルをよりブラッシュアップさせ、実際にウイスキー瓶を収納し、耐荷重性能や安定性能などもチェック。それもすべてクリアとなり、今回は店頭にて展示した際の雰囲気を見極めるべく、東京・銀座にある明治屋さんにお邪魔した。

▼前回のお話はこちら

WILD TURKEYディスプレイ什器を作る!③|セカンドサンプルが完成!

WILD TURKEYディスプレイ什器を作る!③|セカンドサンプルが完成!

2020年05月21日

ちなみに明治屋さんの創業は1885年(明治18年)、そしてワイルドターキーは1869年(明治2年)と、共に長い歴史を持つ。そんな由緒正しき場所で、我々が手掛けた由緒あるブランドの専用ディスプレイ什器をテストできるなんて至極光栄の極みなり。

というわけで、さっそく専用ディスプレイ什器を抱えた3人は、開店前の明治屋さんの店内へと足を運ぶ。取り扱っているワイルドターキーの商品をお借りして、什器の中に飾っていく。店内で果たしてどう見えるのか、ちょっとドキドキ。

ワイルドターキーの世界観を、専用ディスプレイ什器で表現!

ワイルドターキー8年ものといった通常のラインナップで展開される200から1000mlまでのボトルサイズや、ワイルドターキー ケンタッキースピリットといった専用ボトリングのボトルサイズまで対応した収納ボックス。

完成版ではレーザー刻印でブランド名をデザイン。木の温もりが伝わり、バレルヘッド(ウイスキー樽の蓋)感もより増している!

ディスプレイ什器の上段ボックスにデザインされる真鍮プレート。まず研磨→腐食(エイジング)→仕上げ(磨き)という手間のかかる工程で、一つ一つ丹念に仕上げている。

収納ボックスはアングル金具で補強。経年によって金属に味が出てくるので、よりワイルドターキーが持つタフなイメージに近づくはずだ。

ワイルドターキーが持つクラフト感をイメージした、温もりを感じさせる木製ディスプレイ什器。その自慢のラインナップをしっかり飾ることができた。この棚に並んだワイルドターキーをぜひ手に取って欲しい!

こだわりのケンタッキーバーボン“WILD TURKEY”とは?

米国ケンタッキー州生まれのプレミアムバーボンが『ワイルドターキー』。数多く存在するバーボンブランドの中でも、ワイルドターキーは「こだわりのケンタッキーバーボン」と語り継がれている。そこにはバーボン作りに対して一切の妥協をせず、昔から変わることのない製法でバーボンを生み出しているから。ケンタッキー州が誇る大自然溢れる豊かな土地とともに、150年もの間、世界中の人々に愛されている比類なきバーボンなのだ

(出典/「Lightning 2019年12月号 Vol.308」)

SHARE

PROFILE

ADちゃん

Lightning / 編集者

ADちゃん

スケートカルチャーシーンでは実は名の知れた存在で、社内に隠れファンが多数いるほど。だが普段はそんな雰囲気はまったく醸し出していないため、ただの笑顔のステキなお兄さんと思われている。ミリタリーについても、モヒカン小川に並ぶ知識の持ち主

ADちゃんの記事一覧

スケートカルチャーシーンでは実は名の知れた存在で、社内に隠れファンが多数いるほど。だが普段はそんな雰囲気はまったく醸し出していないため、ただの笑顔のステキなお兄さんと思われている。ミリタリーについても、モヒカン小川に並ぶ知識の持ち主

ADちゃんの記事一覧

No more pages to load