BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • トリコガイドシリーズ
  • buono
  • ei cooking
  • Yogini
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD

【Ferrari 308GTB】公道でドライブ可能! 本格的なラリーマシンで、 ちょっとそこまで買い物に行く贅沢。

フェラーリ308は、3リッターV8をリアミッドシップに搭載して’75年にデビュー。ピニンファリーナによる流麗なボディラインと、ミッドシップならではの低いノーズラインにファンも多い。このフェラーリ308GTBはグループBやグループ4のホモロゲーションを受けており、少数ながら、ラリーでも活躍した。そんなフェラーリ308ラリーカーのカッコよさに注目したのが、オートロマンの諸井さんだ。

見た目は本格的なラリーマシンながらナンバー付きなので公道走行も可能な究極のフェラーリ!

「オートロマン」代表・諸井猛さん メルセデスベンツ190 AMG EVO II仕様(ライトニングVol.306で紹介)など、自身が好きだからという単純明快な理由で、ニッチなモデルをプロデュースするオートロマン代表の諸井さん

「ちょうどこの時代にランチア・ストラトスなんかが活躍していたので、あまり308は活躍できず、有名ではないんですが、やっぱりカッコいいんですよね」

そう語る諸井さんは、なんと市販バージョンの308をベースに当時のグループ4仕様のラリーマシンを忠実に再現。グループ4マシンのリプロダクションモデルを作ってしまった。

外観上で最も大きな違いは、大きくフレアしたリアフェンダーと、フロントのドライビングランプ、そしてストラトスと同じデザインのホイールなど。ホモロゲーションの規定によりほとんどボディラインは崩せないため、意外と変更点は少ない。

ベースがフェラーリなので、気軽にとはいかないが、ラリーマシンを公道で普通にドライブできるのがこのクルマ最大の魅力。さらにエンジンはフェラーリ328用にアップグレードされているので、軽快なドライブが可能だ!

往年のマルティニストライプがよく似合う、本格的なラリー仕様。

元々リアミッドシップにV8を搭載するフェラーリ308は、スポーツカーとしてのポテンシャルは非常に高く、外装もFRPで軽量なので、ボディも1トン強と見た目からは想像もつかないほど軽量。グループ4仕様のラリーマシンは、そこに目をつけたミケロットの手で製作された。実際にはフェラーリのサポートを受け、セミワークス体制で活動していたといわれている。

このラリーマシンを308ベースで忠実に再現。モディファイも当時の手法を参考にして行われている。取材車両はオートロマンのデモカーで、エンジンをフェラーリ328に換装してアップデート。代表の諸井さんが普段からドライブしているという個体だ。

派手な外装だけでなく、ドアを開けた内装もこだわりのディテール満載。

外装もワクワクさせてくれる「フェラーリ308」だが、その内部もまた実にワクワクさせてくれる。細かくエンジンから内装までディテールを見ていこう。

エンジン

実は328用の エンジンにスワップ

リアミッドシップに横置き搭載されるエンジンは、オリジナルの3リッターからフェラーリ328用の3.2リッターV8
にスワップ。その後ろにはコレクタータンクやバッテリーなどが設置される。

ライト

マルティニストライプを纏ったボディには、フロントフェンダー上にラリーフォグを4連装。これだけでグッとラリーマシンっぽさが倍増するから不思議だ。

足回り

ホイールはランチア・ストラトスのラリーカーと同じマービック製マグホイールを忠実にアルミ製で再現したレプリカ。フレアフェンダーに収まるリアタイヤは305/35-15とかなりワイド。

サイドウィンドー

サイドウインドーは実際のラリーマシン同様プレキシグラスに交換され、上げ下げはできない。そのためスライドウインドーが備わる。かなりスパルタンな見た目。

ミラー

ミラーはビタローニ製で、振動で倒れないようにアルミ製のステーでミラー筐体は支えられている。ステーの造形も美しい。

シフター

シンプルなボール式ノブが備わるシフターには、ゲートが備わるのがフェラーリらしい。5速マニュアルとなる。

コクピット

シンプルな平面のダッシュに必要なスイッチや計器類が並ぶラリーカーらしいダッシュ周り。アルミ製のフロアに設置されるのは、通常の吊り下げ式ではなく、フロアを支点としたオルガン式のペダル。

シート

車内にはロールケージが張り巡らされる。乗り降りはかなり大変で、実際のラリーマシンのように、ステアリングを外して乗り込むスタイルながら街乗りもこなす。

(出典/「Lightning 2020年2月号 Vol.310」)

SHARE

PROFILE

ラーメン小池

Lightning編集部 ディレクター

ラーメン小池

Lightning編集部、CLUTCH magazine編集部を経て、Lightning編集長を務めた後、現ディレクター。アメリカン・カルチャー、特にヴィンテージ・アメリカンをこよなく愛する。クルマから雑貨まで、あらゆるアイテムに食いつくのが悪い癖

ラーメン小池の記事一覧

Lightning編集部、CLUTCH magazine編集部を経て、Lightning編集長を務めた後、現ディレクター。アメリカン・カルチャー、特にヴィンテージ・アメリカンをこよなく愛する。クルマから雑貨まで、あらゆるアイテムに食いつくのが悪い癖

ラーメン小池の記事一覧

No more pages to load