BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

穴の開いたジーンズを、おしゃれにリペア(修理・補修)する方法。

自分の身体に馴染み、経年変化も美しく表現されたお気に入りのジーンズ。10年選手ともなるとさすがにダメージも大きくなり、ちょっとした動きで破けてしまう。そこで自分で補修、修理したり、ハードな破れなどはプロに任せたり、再び愛用ジーンズが息を吹き返すためにリペアが必要となってくる。

リペアの仕方は後半で紹介するが、まずはボロボロで穿けなくなってしまう前に日頃からマメなメインテナンスを心掛けたいところ。そこでデニムのスペシャリストとして、「ウエアハウス」の藤木さんにメインテナンスの“いろは”を指南してもらった。

買ったばかりのジーンズ、どんな扱い方が正解ですか?

汚れやダメージ、洗濯や保管など気にしないで良いのがジーンズの良点。しかし、実際に自宅で洗濯、保管となると、何が良くて何が悪いのか頭の中であやふやとなっているコトも多いはず。長くジーンズを愛用するために心がけたい4つのポイントをまずは抑えよう。

1.自宅でジーンズを保管する際、最善の方法は「ハンガー保管」。

ジーンズラバーなら当然知っていることだが、自宅のクローゼットスペースが許すのであれば、ハンガーで保管するが理想。畳むことでできるシワやスレなどを回避できる利点がある。しかし、日本の住宅事情を考えると、ほとんどの人がジーンズは畳んで保管しているもの。長期で保管する際は畳みシワなどが気になる人もいるだろう。「僕の場合、三つ折りではなく二つ折りにして畳んでいます。どうしても畳みシワが付いて、そこから退色したりするので、定期的にクローゼットのなかでももう一度畳み直したりしています」

2.新たに買ったリジッドジーンズは「セルビッジの脇割り」を施す。

リジッドのジーンズを新たに購入した際、まず糊を落とすために水洗いをし、デニムを縮ませることが初めの一歩。生地を収縮させることで強い生地にするため。リジッドのまま穿き続けダメージを受けると生地や縫製が破れる可能性が高くなる。「糊を落としたあと、裏返してセルビッジ部分がキレイに開いているかを確認します。このひと手間を加えることでセルビッジ部分のアタリが美しく表現されるようになります」

3.汚れや臭いがひどい場合「ナノコロイド」で洗濯を。

一般的に中性洗剤が良いとされているが、ウエアハウスが開発に携わったナノコロイドプレミアムのデニムウォッシュ洗剤は汚れのみを落とし、愛着のある大切なジーンズを傷つけることはない。「原料は食品として使用されている大豆脂肪酸と水のみ。それらをナノレベルの粒子に分解し活性化させて作り上げた洗剤です。ジーンズのインディゴを落とすことなく、汚れのみを落とすのでデニムを育てたいという人にオススメです」

▼正しい洗い方はこちらの記事でチェック!

最初が肝心! 新品ジーンズの正しい洗い方を覚えよう。

最初が肝心! 新品ジーンズの正しい洗い方を覚えよう。

2019年12月07日

4.膝の部分が伸びてしまったら、洗濯がベストだが「スチーム」でもOK。

洗濯によって一度縮んだジーンズは穿く度に自然と生地も伸び、自分の身体のサイズに合ってくる。それが“シュリンク トゥフィット” と謳われた。人間は歩く、座るなど日常の動作に、どうしても膝を曲げることが多いため、膝だけが色落ちしたり、伸びたりするもの。「膝が出てくるのは生地の特性上仕方ありませんが、あまり長く洗わずほっておくとそのカタチにクセ付き形成されてしまいます。定期的にスチームをあてることで軽減されます」

ジーンズの日頃のケアの仕方を学んだところで、ダメージが出てきたデニムのメインテナンス方法を次のページで紹介する。

SHARE

PROFILE

ラーメン小池

Lightning / ディレクター

ラーメン小池

Lightning編集部、CLUTCH magazine編集部を経て、Lightning編集長を務めた後、現ディレクター。アメリカン・カルチャー、特にヴィンテージ・アメリカンをこよなく愛する。クルマから雑貨まで、あらゆるアイテムに食いつくのが悪い癖

ラーメン小池の記事一覧

Lightning編集部、CLUTCH magazine編集部を経て、Lightning編集長を務めた後、現ディレクター。アメリカン・カルチャー、特にヴィンテージ・アメリカンをこよなく愛する。クルマから雑貨まで、あらゆるアイテムに食いつくのが悪い癖

ラーメン小池の記事一覧

No more pages to load