BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

自分色に育てたい【バディ×ヴィンテージワークス】の別注ベルト。

デニムやブーツ、それに革ジャンなどは、ファッションに目覚めたときから大好きなアイテムであることは言うまでもないけど、それらの魅力って、何と言っても使い続けることでより雰囲気を増し、いわゆる自分仕様になっていく様子を着用するたびに感じるところ。

とくにレザーアイテムなんかは最初は固い質感が使い込むことで馴染み、気がつけば自分にぴったりとフィットしたときに「育てたな」を実感できるわけ。そんなファッションだけでなく、プロダクツとしても楽しめるアイテムでありながら、なぜか忘れられがちなのがベルトの存在。

「バディ×ヴィンテージワークス」のベルト

厚さ5ミリのベンズレザーを使ったナチュラル仕様。デニムにもチノパンにも合わせやすいので、ガシガシ使ってその経年変化を楽しみたい。ヴィンテージワークスのファンならご存知、オリジナルの缶ケースが付属する。ベルトを収納するためだけでなく、他の使い方もできそうで、なんか得した気分。サイズはW30、32、34、36、38展開。1万4850円(バディ TEL03-5848-8450 http://www.buddy71.com)

ベルトを専業としているブランドは数少なく、本誌でもお馴染みのヴィンテージワークスなんかは珍しい。ベルトという脇役的なアイテムに着目し、素材となるレザーをベルトのカタチに裁断後に染色するという、他のベルトには無い手法でしっかりと主張するベルトを作っている。

バックルは真鍮製のシングルピンというスタンダードなデザインなので、どんなスタイルのパンツにだって合わせやすい万能型。使い込んで自分色にしよう

そんなヴィンテージワークスに原宿のショップ「バディ」が別注したのはなんとヌメ革仕様。裁断したままで、色止め加工をしていないナチュラル仕様を別注したのだ。本家ヴィンテージワークスにも存在しない仕様で「自分色」に育てたくなるモデルになっている。「育て甲斐」でベルトを選ぶっていうのも悪くないでしょ。

裏にはバディのオリジナルブランド「スプリングフォード」とヴィンテージワークスのネームが並記される別注仕様。普段は見えない部分だけど気分は上がる

【問い合わせ】
バディ
TEL03-5848-8450
http://www.buddy71.com

(出典/「Lightning 2020年4月号 Vol.312」)

SHARE

PROFILE

ラーメン小池

Lightning / ディレクター

ラーメン小池

Lightning編集部、CLUTCH magazine編集部を経て、Lightning編集長を務めた後、現ディレクター。アメリカン・カルチャー、特にヴィンテージ・アメリカンをこよなく愛する。クルマから雑貨まで、あらゆるアイテムに食いつくのが悪い癖

ラーメン小池の記事一覧

Lightning編集部、CLUTCH magazine編集部を経て、Lightning編集長を務めた後、現ディレクター。アメリカン・カルチャー、特にヴィンテージ・アメリカンをこよなく愛する。クルマから雑貨まで、あらゆるアイテムに食いつくのが悪い癖

ラーメン小池の記事一覧

No more pages to load