BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

フライトジャケットを代表する「A-2」の着こなし7つのポイント。似合わない人必見!

PAGE
3 / 3

【ポイント6】真冬は、フィールドジャケットを上に羽織って乗り切る。

夏季用フライトジャケットであったA-2は、そこまで防寒性に優れているわけではない。そのままでは冬場を乗り切るのは厳しいところだが、亀屋さんの場合、M-43フィールドジャケットをA-2の上から羽織ることで、真冬越えを果たしている。

何故、M-43を選ぶのか。A-2にM-65では時代設定が変でしょ?

「温度域が5度以下になると、やっぱりA-2だけだと中々厳しいものがあります。まったく違う防寒着を着るという選択肢ももちろんあるんですけど、私としてはA-2を着続けたいので、その上からオーバーコート的にフィールドジャケットを着ることが多いですね。M-65、M-51などの方がポピュラーかもしれませんが、私はファッションとはいえ、服の時代設定が気になってしまう質なんです(笑)。大戦中のA-2に対して、ベトナム戦争時のM-65はオカシイだろうと。だからM-43フィールドジャケットで時代設定を合わせているんです」

【ポイント7】シルエットを変えたければ、ミリタリーパンツが重宝する。

デニムパンツ×シャンブレーシャツにA-2を合わせることが多い亀屋さんだが、変化球としての着こなしにも備えている。ミリタリーパンツでボリューム感を出しつつ、足元はパラシュートブーツを合わせることで、ボトムヘビーなシルエットになる。

ボトムスが太めなスタイルが無骨なアメリカっぽくて好きなんです。

「いつもデニムパンツで合わせることが多いですが、マンネリを感じるときはミリタリーパンツを合わせるときもあります。世の中的には洗練されたシルエットが潮流だけに、あえて逆行して太いパンツを選びたくなるんです。やっぱり無骨なアメリカっぽさがいい。足元はボトムのボリューム感を強調するためにパラシュートブーツ。A-2の色に合わせて、茶系をチョイスするのは従来と変わりません。ボトムヘビーなシルエットになるので、デニムパンツの着こなしとは違ったコーデになってくれますね」

次のページではおすすめのブランドとメンテナンスについて紹介する。

おすすめブランドの「A-2」をチェック!

TYPE A-2の面白さは、様々なコントラクターによって作られているため、一口にA-2と言っても多様なバリエーションが存在することだ。ここでは代表的なブランド各社のA-2を紹介する。

1.THE REAL McCOY’S(ザ・リアルマッコイズ)

[台襟あり] A-2が誕生した最初期のディテールに注目。【TYPE A-2 / SECURITY AVIATION TOGS】

初のジッパーモデルとして1931年に採用されたA-2の契約第一号コントラクター、セキュリティ・アビエーション・トグス。手縫いのネックフックやスナップ式ではない、ボタン留めのポケットフラップなど最初期の独特のディテールが興味深い。(ザ・リアルマッコイズ東京 TEL03-6427-4300)

[台襟あり] コントラクター「リアルマッコイズ」の渾身の作。【TYPE A-2 / REAL McCOY MFG.CO.】

ラフウエア社の23380をベースに、ボディを細身に絞り、袖も細くして洗練されたフォルムを実現。ラセットブラウンの他、シールブラウンもラインナップ。もしリアルマッコイズが第二次大戦当時のコントラクターだったら、というイマジネーションが膨らむ1着。20万5200円(ザ・リアルマッコイズ東京)

[台襟あり] 銘品として名高い23380が現代に甦る。【TYPE A-2 / ROUGH WEAR 23380】

ラフウエア社といえば、A-2の契約に計5回の成功を果たしたA-2を代表するコントラクター。この23380は1942年の3回目のモデルで、堂々とした台襟フォルムが紡ぎだすルックスは、数あるA-2の中でも独特の気品が漂い、銘品と呼ばれるほどだ。(ザ・リアルマッコイズ東京)

2.AVIREX(アビレックス)

[台襟あり]メリハリあるフォルムが魅力。【A-2 U.S.A.】

台襟付きのカラーに、大きめのフロントポケットなどメリハリのあるフォルム。左胸には型押の革製プレート。シンプルなデザインのA-2だけに、AVIREXロゴがよく映える。Made in U.S.A.。(AVIREX 新宿 TEL03-5367-2013)

3.BUZZ RICKSON’S(バズリクソンズ)

[台襟あり] 職人の手で染料が塗られる贅沢な仕様に。【TYPE A-2 / “ROUGH WEAR CLOTHING CO.”
Contract No.23380】

ラフウエア社の3番目の契約である23380を、イタリア産の渋鞣しの馬革で再現した逸品。職人の手によりシールブラウンのアニリン染料が擦り込まれた“ハンド・アニリン・ダイ” という仕様で、多少の色むらも手作業の証。革愛好家からの人気も高い。(バズリクソンズ TEL03-3632-2321)

[台襟なし] マッカーサー元帥が愛したモデルを再現。【TYPE A-2 / Contract No.AC27753】

製造メーカー名がメインラベルに記載されていないコントラクトナンバー27753だが、実はコントラクターはケーブル・レインコート社だった。かのマッカーサー元帥が1着目に選んで着用していた、同社が手掛けた2回目のロットをバズリクソンズが忠実に再現した。(バズリクソンズ)

[台襟なし] 赤リブとシールブラウンとのコントラストが美しい。【TYPE A-2 / “BUZZ RICKSON CLO.CO.”
Order No.18775-P】

数あるA-2のコントラクターの中でも最多の契約回数を誇るエアロレザーの6契約目の最後期型のモデルがモチーフ。台襟は省略され、またレンガ色のニットパーツ、通称“赤リブ”が付けられているのが特徴だ。ボディのシールブラウンと赤リブの対比が美しく、人気が高い。(バズリクソンズ)

4.MORGAN MEMPHIS BELLE(モーガン メンフィスベル)

[台襟なし] 最もコストパフォーマンスの高いA-2。【TYPE A-2 / DARK BROWN】

ブランド名は、第二次大戦中の欧州戦線に従軍し、映画にもなったB-17爆撃機「メンフィス・ベル号」の機長だったロバート・K・モーガン氏に由来する。旧きアメリカのガーメンツを再現しつつも、手に入れやすい価格を実現しているのも嬉しい。牛革製。(中田商店アメ横店 TEL03-3832-8577)

5.HOUSTON(ヒューストン)

[台襟あり] 国内ミリタリーの雄が放つ自信作。【A-2 / LEATHER JACKET】

日本で初めてオリジナルのフライトジャケットを生み出した、日本を代表する老舗ミリタリーブランド、ヒューストン。馬革を採用したこのA-2は、オリジナルに忠実ながら袖裏にはポリエステルを採用するなど着易さなどアップさせている。(ユニオントレーディング http://www.union-trd.com)

A-2を自分でお手入れしよう!

お気に入りのA-2にカビが生えたり、カピカピに潤いのない経年変化とは呼び難い状態にしないために、適度なメンテナンスは必要。用意するのはワセリンと鉱油をベースとしたバズリクソンズのレザーコンディショニングクリームのみ。あとは自分の手の温度で溶かしながら浸透させてゆく。革の状態にもよるが、塗布は年に1、2回で十分。詳しいメンテナンスのポイントは下記記事を参照してみてほしい。

「BUZZ RICKSON’S バズリクソンズ」直伝! A-2のお手入れ術と保管のポイント。

「BUZZ RICKSON’S バズリクソンズ」直伝! A-2のお手入れ術と保管のポイント。

2020年02月16日

※情報は取材当時のものです。現在取り扱っていない場合があります。

▼フライトジャケットをはじめミリタリージャケットについてはこちらの記事をチェック!

ミリタリージャケットの定番おすすめ10選~フライトジャケットからフィールドジャケットまで~

ミリタリージャケットの定番おすすめ10選~フライトジャケットからフィールドジャケットまで~

2020年04月22日

(出典/「Lightning 2016年12月号 Vol.272」)

SHARE

PROFILE

サカサモト

Lightning / 編集者

サカサモト

編集部のなんでも屋。CLUB HARLEY→Lightning→2nd、そして再びLightning編集部へ移籍。結果クルマ、バイク、古着などオールラウンダー編集者に。ニックネームは、スキンヘッドにヒゲ面をいう「逆さ絵」のような顔に由来する

サカサモトの記事一覧

編集部のなんでも屋。CLUB HARLEY→Lightning→2nd、そして再びLightning編集部へ移籍。結果クルマ、バイク、古着などオールラウンダー編集者に。ニックネームは、スキンヘッドにヒゲ面をいう「逆さ絵」のような顔に由来する

サカサモトの記事一覧

No more pages to load