BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

「Nigel Cabourn(ナイジェル・ケーボン)」で見る英国ミリタリーガーメンツの軌跡。

「ナイジェル・ケーボン」では第一次世界大戦から1950年代頃までのアーカイブベースにしたデザインが豊富。その独自な素材使いも魅力のひとつだ。そんな「ナイジェル・ケーボン」のアイテムから、英国ミリタリーガーメンツの軌跡を追ってみよう。

ますが知っておきたい、エレガントさが際立つ、英国ミリタリーが揃う店「Nigel Cabourn(ナイジェル・ケーボン)」とは?

ミリタリーと言えばアメリカが浮かぶが、その源流を探っていくとイギリスに行き着く。その手のアウターを探すのであれば、英国における軍モノのスペシャリスト、「ナイジェル・ケーボン」は外せない。

世界的なヴィンテージウエアコレクターであり、英国を代表するデザイナーであるナイジェル・ケーボン。テストサンプルを含む20世紀初頭から’50年代の英国軍のミリタリーを中心に、アメリカ、ヨーロッパのミリタリーウエアやワークウエアを4000点以上ストックする。

店内には、豊富にアウターが揃っている。得意とする英国ものもあれば、 アメリカのミリタリーウエアをモチーフにしたものもラインナップ

トレンドやネームバリューに左右されず、優れた軍モノをベースに、現在の技術や素材を駆使して再構築するスタイルを30年以上に渡って体現する姿勢は、多方面から絶大な支持を得るのも納得。アーカイブに敬意を払い、無意味なデザインの変更はせず、新品だが、その服が持つストーリーを体感できるプロダクトが多数揃う。

こちらはナイジェル・ ケーボンを象徴するアウターのひとつであるマロリージャケッ ト。毎シーズン、新たな生地を用いて展開されている

【DATA】
Nigel Cabourn THE ARMY GYM FLAGSHIP STORE
東京都目黒区青葉台1-21-4
TEL03-3770-2186
営業/11:00〜20:00
http://www.cabourn.jp

【1910s~】AUTHENTIC TRENCH(オーセンティックトレンチコート)

第一次世界大戦時にヨーロッパ戦線の塹壕(トレンチ)で着用されたアウターをベースにしたデザイン。そこにマッキントッシュに代表されるゴム引きのファブリックを落とし込んでいる。イングランド製。

【1920s~】MALLORY JACKET(マロリージャケット)

軍モノとは出自が異なるが、こちらは1924年にエベレスト登頂を目指した英国の登山家ジョージ・マロリーへのオマージュ。英国の伝統的なハリスツイードとベンタイルを使用。

【1930s~】DB JACKET(ダブルブレストジャケット

こちらは1930年代に英国のミリタリーで使われていたダブルブレストのジャケット。フロントの丸みのあるカッティングが特徴。伝統的なハリスツイードを使っているので、見た目以上に保温性が高い。

【1930s~】SHERPA 1930s JACKET(シェルパジャケット)

1930年代にシェルパたちが愛用していたジャケットをモディファイ。そこにドライワックス仕上げのハリスツイードを落とし込んだ。当時のミリタリーウエアを遜色ない機能美を持ち合わせている。

【1940s~】MILITARY PEA COAT(ミリタリーピーコート)

19世紀終わりから英国軍ではピーコートを採用していた。こちらは1940年代のヴィンテージをモチーフにしたもので、ウール生地を使用。襟裏など、随所にレザーで補強を施しているのが特徴。

【1940s~】FOUR PLEAT PANTS(4プリーツパンツ)

こちらはDBジャケットのセットアップとしても着用できるパンツだが、ベースとなったのは1940年代に使われていたドレスパンツより。深いプリーツの入ったクラシックなシルエット。

【1950s~】QUILTED CAMERAMAN JACKET(キルティッド カメラマン ジャケット

1957年に南極大陸横断に挑んだエドモンド・ヒラリー卿に同行したカメラマンが着用していたジャケットを忠実に再現。こちらは英国のラベンハムとコラボレーションしたスペシャルな仕様になっている。

※情報は取材当時のものです。現在取り扱っていない場合があります。

 

いかがでしたでしょうか? アメリカとはまた違った趣のある英国ミリタリーガーメンツ。着こなしもカジュアルだけでなく、上品なコーデもできるのが魅力的だ。ミリタリーを意識せずに、どんなシーンにも合わせやすい英国ミリタリー、ぜひ取り入れてみてはいかがだろうか。

【問い合わせ】
ナイジェルケーボン アーミージム フラッグシップ ストア
TE03-3770-2186
http://www.cabourn.jp

▼こちらの記事もチェック!

「ナイジェル・ケーボン」のイギリス陸軍特殊空挺部隊の特別なカモフラージュが登場。

「ナイジェル・ケーボン」のイギリス陸軍特殊空挺部隊の特別なカモフラージュが登場。

2020年07月03日

SHARE

PROFILE

ADちゃん

Lightning / 編集者

ADちゃん

スケートカルチャーシーンでは実は名の知れた存在で、社内に隠れファンが多数いるほど。だが普段はそんな雰囲気はまったく醸し出していないため、ただの笑顔のステキなお兄さんと思われている。ミリタリーについても、モヒカン小川に並ぶ知識の持ち主

ADちゃんの記事一覧

スケートカルチャーシーンでは実は名の知れた存在で、社内に隠れファンが多数いるほど。だが普段はそんな雰囲気はまったく醸し出していないため、ただの笑顔のステキなお兄さんと思われている。ミリタリーについても、モヒカン小川に並ぶ知識の持ち主

ADちゃんの記事一覧

No more pages to load