BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

【ジャンル別】ミリタリーファッションの定番ブランドの名作アイテム37選【保存版】

PAGE
4 / 4

【その他編】

シャツからアクセサリー小物まで、定番のミリタリーアイテムを一挙紹介!

31.「レミ レリーフ」のミリタリーシャツ。

REMI RELIEF/MILITARY SHIRT/¥22,680/ユナイト ナイン 03-5464-9976

生地のユーズド加工に定評のあるジャパンブランド、レミ レリーフが作り出したミリタリーシャツ。縫製のパッカリング、アタリ、かすれなどさすがの加工術が施され、シンプルなデザインに映えるちょうどいい味わいの深さがこなれた雰囲気を演出する。襟についたブランドアイコンであるフラワーモチーフのスタッズがアクセント。一枚でも、羽織ってもOKな、シーズンレスに着回しが利く一着。

32.「コロナ」のシャツジャケット。

CORONA/6POCKET SHIRT/¥31,320/莫 03-6300-5043

“シャツ以上アウター未満”というテーマで提案しているシャツジャケットシリーズのニューモデルは、フィッシングジャケットやハンティングジャケットのディテールをファティーグシャツに組み込んでデザイン。コットン100%のタイプライタークロスは薄手ながらハリがあり、サラっとしたドライタッチな肌触り。季節の変わり目の羽織としても重宝する、使いまわしの効く万能アイテムだ。

33.「オアスロウ」のミリタリーシャツ。

 

orSlow/MILITARY SHIRT/¥19,224/ベースデニムプロダクツ 0798-74-8106

旧い時代のスタンダードウエアをモダナイズし送り届ける、「オアスロウ」のミリタリーシャツ。スラブ感の強いオリジナルのバックサテン素材は、厚手ながらも柔らかな生地感で、着用するほどにアジが生まれる。また、袖のスリットは大きめに作られており、気温に合わせて腕まくりするなど、着こなしにアクセントを付けやすく、シャツジャケットとして3シーズン活躍してくれる。

34.「フランネル」のバスクシャツ。

Phlannèl /BASQUE SHIRT/¥18,360/ブルーム&ブランチ青山 03-6892-2014

もとは船乗りたちが着ていたウエアだけあって、丈夫なニット生地、濡れても簡単に着脱可能な“ボートネック”と呼ばれる広い襟、作業の邪魔にならない短めの袖など、そのシンプルさとは裏腹な機能性を備える。その利便性は、フランス海軍の制服にも採用されるほど。トラッドなスタイルをカジュアルダウンさせるにもぴったりの夏の定番、バスクシャツ。一枚持っておいて損はない。

35.「フェローズ」のミリタリースクールリング。

Pherrow’s/COLLEGE RING/¥14,688/フェローズ 03-5725-9577

’90 年代初頭のアメカジブームの頃から第一線で活躍しつづけ、アメカジ界の中心的存在として知られるフェローズによるミリタリースクールリング。コレクターもいるヴィンテージの卒業記念リングをモデルに、シルバー925 を使用し、ボリューム感のあるイーグルなどをモチーフとしたデザインが目を惹く。軽やかなコーディネイトに男の武骨さをアクセントとして効かせたい。

36.「レイバン」のティアドロップサングラス。

Ray-Ban/TEARDROP SUNGLASSES/¥22,680/ルックスオティカカスタマーサービス 03-3514-2950

アメリカ陸軍航空隊のパイロットであるジョン・マクレディ中尉の依頼により、飛行中の太陽光線による疲労や体調不良を防止するため開発されたのがはじまり。レイバングリーンと言われるこのレンズは、色濃度が一定のため対象物を自然な色調に保つのが特徴で、視認性や快適性も高い。それがいまやサングラスの定番となっているのだから、究極の機能美を達成したアイテムと言えよう。単なるお洒落アイテムではないのだ。

37.「ローレル」のバスクベレー。

LAULHERE /BASQUE BERET/¥15,120/クオリネスト 03-6451-1458

1840 年に創業した仏ブランド、ロレールのバスクベレー。もとは日よけとして農民によって用いられていた。第二次世界大戦のころ、ミリタリーバレー(バスクベレーとデザインが異なる)として軍隊に導入され、所属部隊を明確にする用途で使用された。その小洒落た雰囲気は、品のよさを演出するにはぴったり。ウールならではの通気性や抗菌性で、実は通年で使用できる優れものなのだ。

【番外編】ミリタリーガチ勢! サバゲファッションってどんな服?

ここまでミリタリーファッションの定番をご紹介してきたが、本格ミリタリーファッションを紹介せずには終われない! ということで、ガチ勢の代表格であるサバイバルゲーム、通称:サバゲを趣味とするメンズのファッションを紹介しよう。それが、こちら!

フリーランスエディター ・COVO 田形さん /某ブライダル専門誌の広告ディレクターを 務めながらフリーランスエディターとしても 活動しているCOVO田形さん。専門領域は アメリカンカルチャー全般と湾岸戦争以降 の現代米軍装備、アニメ。サバゲ歴は15年

映画『13時間 ベンガジの秘密の兵士』で一躍脚光を浴びることとなった世界に点在する米国CIA基地のセキュリティを担当するGRS。COVO田形さんがイメージしたのは、米海軍特殊部隊SEALsのチーム3(中東地域担当)を退役後、元SEALs隊員によって創設されたPMC(民間軍事会社)、BLACK WATER USAを経てGRS隊員となったオペレーターだ。

装備自体は最新のものをセレクトしながらも、やや前時代的な銃器と、GRSのような民間色の強い組織にありがちな無国籍迷彩を組み合わることで、’90年代から戦闘に参加しているベテランオペレーター「っぽさ」を表現している。「想像でつくったプロフィールをパッチや小物などの細かなアイテムに投影しリアリティを付与するのが楽しいんです」とのこと。これぞミリタリー。詳しくサバゲについて知りたい方は下記の記事もご覧ください。

どんな服装が正解? 真似したい、サバイバルゲーム上級者の装備を拝見!

どんな服装が正解? 真似したい、サバイバルゲーム上級者の装備を拝見!

2019年10月15日

ミリタリーウエアを買うなら専門店?

ミリタリーウエア、小物など買いそろえたい! と思ったときに、どこへ行けばいいのか……ミリタリーショップは入りにくい? など初心者は心配になるところ。そこでおすすめしたいのが専門店ではないけれどミリタリーに定評のあるショップだ。上の写真は中目黒の「ハレル」の店内。これなら初心者でも入りやすい。

▼そんな入りやすいおすすめショップはこちら。

ミリタリーショップではないけれど、抜群のセレクトで注目の店3選。

ミリタリーショップではないけれど、抜群のセレクトで注目の店3選。

2020年04月23日

そして、ミリタリーファッションを楽しみたいのなら、初心者でもヘビーユーザーでも訪れたいのがやはり聖地「中田商店」。お手頃価格から本格派までなんでも揃うと言っても過言ではないミリタリーの殿堂だ。どんな商品が手に入るかは下記の記事をチェックしてみてほしい。

日本を代表するミリタリーショップ「中田商店」の売れ筋はコレだ!

日本を代表するミリタリーショップ「中田商店」の売れ筋はコレだ!

2020年04月16日

▼こちらのショップもおすすめ!

ミリタリーMIXコーデに本物を。おすすめミリタリーショップを紹介!

ミリタリーMIXコーデに本物を。おすすめミリタリーショップを紹介!

2020年12月15日

ミリタリーミックスにも大活躍な名作アイテムの数々、いかがでしたでしょうか? カモ柄のイメージが強かった人も、意外とカジュアルファッションのベーシックなアイテムが多いと感じたのではないでしょうか。フライトジャケットは真冬の頼もしいアウターとして、フィールドジャケットは春先など1枚羽織って、軍靴は1年を通して活躍してくれること間違いなし。ここで紹介したアイテムを押さえておけば、おしゃれに着こなせること請け合いです!

▼せっかくならミリタリーウォッチも手に入れよう!

【保存版】初心者でも安心! ミリタリーウォッチの正しい選び方。

【保存版】初心者でも安心! ミリタリーウォッチの正しい選び方。

2019年01月26日

▼これを機会に戦争映画も見てみない?

これだけは見ておくべき、戦争映画10選。ミリタリー通が教えます!

これだけは見ておくべき、戦争映画10選。ミリタリー通が教えます!

2020年06月14日

※情報は取材当時のものです。現在取り扱っていない場合があります。

(出典/「Lightning 2019年2月号 Vol.298」「Lightning別冊 街のミリタリースタイル」)

SHARE

PROFILE

Lightning 編集部

Lightning 編集部

ファッション、クルマ、遊びなど、こだわる大人たちに向けたアメリカンカルチャーマガジン。縦横無尽なアンテナでピックアップしたスタイルを、遊び心あるページでお届けする。

Lightning 編集部の記事一覧

ファッション、クルマ、遊びなど、こだわる大人たちに向けたアメリカンカルチャーマガジン。縦横無尽なアンテナでピックアップしたスタイルを、遊び心あるページでお届けする。

Lightning 編集部の記事一覧

No more pages to load