BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

どんなシャツでもカッコよくなるボタン発見!「ホリゾンブルー」のシルバーボタン。

ヴィンテージ好きなら避けては通れないのが、“ボタン問題”。鉄製ならまだいいが、木製や貝製、ベークライト製のものは、割れて紛失してしまうことがあるのだ。実際私も何度もそれを経験している。

そして、Lightning本誌で紹介しているようなディテールにこだわるブランドの“新品”シャツも、当時と同じ素材で再現しているものが多く、風合いは抜群なのだが、紛失のリスクを持ち合わせている。

実際に私は、新品のシャツでもボタンを失うことが多い。先日もシャンブレーシャツの上にニットを着たのだが、脱いだ際に貝製のボタンが2つもなくなっていることに気が付いた。おそらく割れて取れてしまったのだろう……。

「ホリゾンブルー」のシルバーボタン

あえてトップボタンは裏使いにしてアクセントに! 袖はカフス用のボタンに変更。ハワイア ンシャツなんかにも合いそうだ。フロントボタン各2600円、カフスボタン各3800円(ホリ ゾンブルー シルバースタジオ http://www.horizon-blue-ty.com)

そんなボタン問題を抱えながら、ある日、シルバーブランドの「ホリゾンブルー」と打ち合わせをしていた時のこと。ふと、シルバーでボタンを作ったら面白いかもと思い浮かぶ。そのことを話してみると、話はトントン拍子に進み、約1カ月後には1stサンプルが出来上がった。

デザインは、ホリゾンブルーの代表であり、熟練の技術を持つ職人の平塚さんにお任せ。渋カジ世代の平塚さんのセンスなら、ブレないデザインで仕上げてくれると思っていたからだ。そうして完成したのが、今回紹介するボタ
ン2種なのである。

早速、自分のネルシャツにつけてみる。すると、シャツの高級感が格段にアップ! これには正直驚かされた。シンプルなので、スーツに合わせるYシャツのボタンをこれに替えて楽しむ、なんて事も面白そうと、妄想は膨らむ……。

フロントボタンがこちら。シンプルだが存在感のあるデザインが特徴。実は裏面も雰囲気があり、つけるシャツによって使い分けるのもオススメだ。各2600円

こちらがカフス用のボタン。フロントボタンより若干小ぶりだが、細かいデザインが施されており、私はネルシャツのポケットのボタンもこれに変更してみた。各3800円

【問い合わせ】
ホリ ゾンブルー シルバースタジオ
http://www.horizon-blue-ty.com

(出典/「Lightning 2020年5月号 Vol.313」)

SHARE

PROFILE

ランボルギーニ三浦

Lightning / 編集者

ランボルギーニ三浦

全国的に名を轟かせていた札幌の老舗ヴィンテージショップに就職。29歳で上京。Lightning編集部、兄弟誌・2nd編集部で編集長を務めた後、現在は、Lightningに。ヴィンテージ、古着の知識はその道のプロに匹敵。ランボルギーニ三浦の由来は、もちろんあの名車

ランボルギーニ三浦の記事一覧

全国的に名を轟かせていた札幌の老舗ヴィンテージショップに就職。29歳で上京。Lightning編集部、兄弟誌・2nd編集部で編集長を務めた後、現在は、Lightningに。ヴィンテージ、古着の知識はその道のプロに匹敵。ランボルギーニ三浦の由来は、もちろんあの名車

ランボルギーニ三浦の記事一覧

No more pages to load