BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • トリコガイドシリーズ
  • buono
  • ei cooking
  • Yogini
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD

「ミステリーランチ」の軍用スタッフサックがアーバン仕様に進化して登場!

欲しいモノが尽きないライトニング編集部員が、いま気になるモノから実際に購入しちゃったモノまで、ジャンルに限らず何でも紹介! 今回はミリタリー通・ADちゃんがお届け。

日本限定仕様!「ミステリーランチ」のモッドロードセル

私はミステリーランチの大ファンである。なぜなら米軍の特殊部隊などに採用されているからだ。もうそんな背景だけで、軍モノ好きの私は胸キュンである。究極のバックパックとして名高い、名作3デイアサルトを筆頭に、機能的なショルダーバッグであるアウトサイダーを日夜活用している。

でもね、収納力や頑丈さ、デザイン性の高さは一切文句なしなのだが、持ち歩く荷物が少ない場合は少々オーバースペックすぎる。そこで数年前に廃盤となったロードセルのストラップ部分を自分で延長して、肩掛けや斜め掛けできるように改造して使用している。ちなみにロードセルは、ミリタリー用のスタッフサックのこと。

こちらは改造ロードセル。 下部のストラップを切り取り、 上部のストラップへ繋げ延長している。ショルダーパッドも付けている。私物

’17年にミステリーランチの旗艦店が原宿にオープンした際に、デイナ・グリーソン御大とご子息のD3が記念来日したので、取材という職権を使い、改造ロードセルにサインを書いてもらった。

▼来日時のインタビュー記事がこちら

究極のバックパック「ミステリーランチ」のおすすめから直営店、誕生秘話まで徹底解剖!

究極のバックパック「ミステリーランチ」のおすすめから直営店、誕生秘話まで徹底解剖!

2020年03月29日

それぐらいお気に入りの改造ロードセルだが、如何せん非オフィシャル。まぁ自分が好きで使っているのだから何ら問題ないのだけど。

タウンユースでも使いやすいようにモディファイさ れたモッドロードセル。従来通り収納用のスタッフサックとしても使え、旅行先でのサブバッグとしても活用可能。A4サイズも入る容量13ℓで、重量は250グラム。ブラック、フォリッジ、コヨーテ、 ODグリーン、ブレイズオレンジ、ビンテージブル ーの6色展開。1万450円(エイアンドエフ オンラインストア http://www.aandfstore.com)

で、つい最近、この廃盤であるロードセルの色違いが欲しくて探したら、なんと日本限定仕様のロードセルが、日本代理店のエイアンドエフから販売されているではないか。その名も「モッドロードセル」。迷わずポチッたのは、言うまでもない。

嬉しいことにミステリーランチの本拠地で あるアメリカ・ボーズマンで生産された Made in USAである。最高だぜ♪
私が望んでいたストラップの調整機能をデフォルトで備えている
延ばせばたすき掛け、短くすれば肩掛けと、スタイルや荷物に合わせて使い分けられるのだ

【問い合わせ】
エイアンドエフ オンラインストア
http://www.aandfstore.com

(出典/「Lightning 2020年6月号 Vol.314」)

SHARE

PROFILE

ADちゃん

Lightning / 編集者

ADちゃん

スケートカルチャーシーンでは実は名の知れた存在で、社内に隠れファンが多数いるほど。だが普段はそんな雰囲気はまったく醸し出していないため、ただの笑顔のステキなお兄さんと思われている。ミリタリーについても、モヒカン小川に並ぶ知識の持ち主

ADちゃんの記事一覧

スケートカルチャーシーンでは実は名の知れた存在で、社内に隠れファンが多数いるほど。だが普段はそんな雰囲気はまったく醸し出していないため、ただの笑顔のステキなお兄さんと思われている。ミリタリーについても、モヒカン小川に並ぶ知識の持ち主

ADちゃんの記事一覧

No more pages to load