BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • トリコガイドシリーズ
  • buono
  • ei cooking
  • Yogini
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD

ウエスコから、ワイルドな風合いを堪能するバイソンレザーを使ったブーツがデビュー!

ウエスコから新しい革を使った日本限定プロジェクトが始動した。大粒のシボ感が特徴的なバイソンは、ワイルドなテイストが堪能でき、耐久性、耐水性に優れた特性を持つ。またオイル含有量の多いプルアップレザーのため、圧がかかる部分によって色の変化も楽しめる。そのため履くほどに豊かな表情を堪能できるというわけなのだ。

今回は代表的なJOBMASTERとBOSS を紹介しているが、どのモデルでもオーダーが可能! 2020年いっぱいまでオーダーが可能なので気になる人は、ぜひチェックしてみてはいかがだろうか?

JOBMASTER BISON LEATHER(ジョブマスター バイソンレザー)

セミ・レース・トゥ・トウ仕様にバブル・トゥを合わせた上品なジョブマスターだが、激しいシボを持つバイソンレザーにて仕立てることで表情豊かな佇まいに。また今年からワックスエッジと呼ばれるナチュラルのコバカラーが選べるようになったため、ダブルミッドソールにするのがオススメだ。12万1880円

フォルスタンもバイソンレザーを使った仕様が選べる。履き込むことで反り返るため、雰囲気のイイ経年変化が味わえる。

それぞれのパーツによってシボの雰囲気が異なるのもバイソンレザーの楽しみ方。個体差があるため仕上がってからのお楽しみだ。

ヒール部分もパーツごとにシボ表情が異なるため、クレイジーパターンのような。

2018年に創業100周年を迎えたウエスコ。そのため現在も100周年の特別ロゴが刻印されている。

BOSS BISON LEATHER(ボス バイソンレザー)

男らしさが溢れるBOSSもバイソンレザーで仕立てることで、男らしさがアップしている。またシンプルなデザインのためシャフトやヴァンプ部分など革を大きく裁断しているため、シボの風合いが左右異なるなど、二つとない表情が堪能できるのもエンジニアブーツならでは。履き込むことで現れるシャフトのシワなどコチラも経年変化が楽しみな一足だ。15万2680円

つま先がポッコリと膨らんだバブル・トゥ仕様。

ライナーにはバックスキンレザーライニングを配しているため、シャフトが型崩れしにくく、足通りがスムーズになる。

プルアップレザーを使っているため、トゥやヒール部分は革が引っ張られ色が薄くなるのが特徴でエイジングも楽しみ。

ヒールやミッドソールのカラーリングはJOBMASTERと同じくワックスエッジ仕様。バイソンのブラウンとも相性が良く雰囲気も抜群。

【問い合わせ】
ウエスコジャパン
TEL06-6783-6888
http://www.wescojapan.com

(出典/「Lightning 2020年5月号 Vol.313」)

SHARE

PROFILE

サカサモト

Lightning編集部

サカサモト

編集部のなんでも屋。CLUB HARLEY→Lightning→2nd、そして再びLightning編集部へ移籍。結果クルマ、バイク、古着などオールラウンダー編集者に。ニックネームは、スキンヘッドにヒゲ面をいう「逆さ絵」のような顔に由来する

サカサモトの記事一覧

編集部のなんでも屋。CLUB HARLEY→Lightning→2nd、そして再びLightning編集部へ移籍。結果クルマ、バイク、古着などオールラウンダー編集者に。ニックネームは、スキンヘッドにヒゲ面をいう「逆さ絵」のような顔に由来する

サカサモトの記事一覧

No more pages to load