BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ダサいと言わせない! 夏のバイク乗りの大人バイカーファッション25選。

INDEX

暖かくなってくるとフツフツと湧き上がってくるのがツーリング欲。遠方へ出かけるのもいいけれど、近場へのちょい乗りだってリフレッシュになること間違いなしだ。そんなバイクが楽しい季節に、バイク乗りたちはどんなファッションをしているのか、おしゃれバイカーの服装をチェックしてみたぞ。

1.「EVILACT」山本港人さん|1947 Harley-Davidson EL(ハーレーダビッドソンEL)

元々オリジナルに近いスタイルで乗っていたナックルヘッドだが、千里浜サンドフラッツに参戦するためにボバースタイルにカスタム。普段乗りでも使うため最低限のパーツ構成で軽量化。タンクと色が異なるフェンダーがガレージビルドのバイクのようなラフな雰囲気を演出する。シート&ピリオンパッドはGood Speed Equipment、ツールバッグはEVILACTのオリジナル。ロンTにブラックデニム、チェッカー柄のスニーカーを合わせたストリートな着こなしがバイクにぴったり。

2.「Addict Clothes」石嶋聡さん|1926 REX-ACME 350 SPORTS(レックスアクメ350スポーツ)

英国車が世界のバイクシーンを牽引していた’40年代以前の車両を好む石嶋さんが愛用しているのは現存数がかなり少なく知る人ぞ知るREX-ACME。軽量な車体にパワフルなブラックバーン社製の350㏄エンジンを搭載した乗り味は、現代車にはない操作性を含め、短い距離でも十分楽しめる車両なのだとか。通年着られるワックスコットンのジャケットも車両の雰囲気にマッチしている。

3.「HUNGER」安達伸吾さん|1981 Harley-Davidson FLH(ハーレーダビッドソンFLH)

FXのスタイリッシュなフォルムを崩さずに、フロントフォークを4インチ伸ばし、’76年のアニバーサリータンクは取り付け位置を変更してやや上向きになるように装着。あえて’70年代の野暮ったい雰囲気を残して、街乗りにもロングツーリングにも対応する大人のカスタムに仕上げられた。ロンTとTシャツをレイヤードにしたストリートスタイルは、足元もスニーカーでゆるカッコよい着こなしに。

4.「DEUS EX MACHINA HARAJUKU」難波諒介さん|2000 YAMAHA SR400(ヤマハSR400)

できるだけプロの力を借りずにコツコツと自分でカスタムをしていると言うSR400。イメージは都会的なストリートトラッカー。コンセプトに沿ってXT500のタンクを流用し、オーリンズのリアサスペンションやCRキャブレターなど、走りを意識したアップデートが加えられている。DEUSのスポーティなファッションともよく似合っている。

5.「SUNKU」高橋豊さん|1954 Harley-Davidson KH900(ハーレーダビッドソンKH900)

オリジナルの雰囲気を残しながらも、’50 〜’60年代のアメリカの草レースを走っていた車両をイメージしてカスタムしたKH。BATESシートや2in1マフラーなど、当時のパーツをバランス良く取り入れ、タンクにはさりげなく手書きのピンラインを加えている。ブラックデニムにブラックTを合わせたコーデはデニムジャケットで軽さをプラス。

6.「ViSE CLOTHING」宮川佳己さん|1966 Harley-Davidson FLH(ハーレーダビッドソンFLH)

サンティフレームに排気量を1340㏄に拡大したストローカーショベルを搭載するチョッパー。’80s頃のハイパフォーマンスパーツを各部に取り入れたフリスコだが、シングルダウンチューブ化したフレームや、DR’Sのカムカバーを使ったポイント&マグネトーのダブル点火、ツインプラグ化など通好みなモディファイが散りばめられている。ブラックの車両とオールブラックコーデでカッコよさも倍増。

7.Tonnyさん|1953 FL

1970年代のニューヨークのチョッパーをコンセプトにリスキービジネスで製作した1台。プレートをモールディングしたフレームのアクスル周りの作りや、Love Ear Art によるフリーハンドのフレイムスが時代感を再現している。ミッド幅のトリプルツリーにセットした8インチオーバーの41㎜フォークも当時らしいチョッパーのディテールだ。ロンTとTシャツのレイヤードにサロペットを合わせる抜け感のあるコーデがチョッパーと絶妙なバランスで決まってる。

8.「LEWIS LEATHERS」池野優也さん|1969 BSA Lightning(BSAライトニング)

ルイスレザーズの店長に影響されてBSAを手に入れたという池野さん。購入時はスクランブラー寄りのカスタムが施されていた車体を純正のスタイルに戻しているところだと言う。ルイスレザーズのライダースはクロームメッキタンクを装備した上品なブリティッシュバイクがよく似合う。春夏も革ジャンでバイク、これぞバイク乗り。

9.本田祐二朗さん|1969 Triumph T120(トライアンフT120)

’70sテイストなカスタムペイントが目を惹くボンネヴィルはEnjoy Motors でカスタムしたマシン。より高年式のT140の腰上を流用して、750㏄に排気量アップ。ブルーのライダースと車体の雰囲気がマッチしている。

10.池田幸陽さん|1979 Harley-Davidson FXS

熊本でセレクショップ、『Emiliano』を営む池田さんの愛機は、Good MCでカスタムしたハードテイルのショベル。コンパクトな外装を装備し、シリンダーのフィンには軽量化と熱対策のために無数のドリルド加工が施される。ジャケットにセンタープリーツの入ったパンツ合わせ、大人バイカーにぴったりなキレイ目コーデに仕上がった。

11.本田功さん|1942 Harley-Davidson WLA(ハーレーダビッドソンWLA)

WR風のスタイルにカスタムされたWLAボバーは、’40年代の時代感を尊重したオールドスクールなスタイルに仕上げられた。オーナーのクラシカルなモーターサイクルカルチャーを感じるファッションが車両の雰囲気によく似合っている。

12.「FONK MOTORCYCLE」淡路了司さん|1968 Triumph T120R(トライアンフT120R)

神戸で「FONK MOTORCYCLE」をオープンした淡路さんは、今回もコンパクトなスクランブラースタイルのボンネヴィルで参戦。国産やトライアンフのカスタムを得意とするだけに、今後のレース活動にも期待したいところ。デニムに白のシャツジャケットが会場の雰囲気にもマッチしていた。

13.MAKOさん|1938 Harley-Davidson U(ハーレーダビッドソンU)

ガレージビルドのバイクを毎回千里浜に持ち込み、自作のバイクのスピードの限界に挑むMAKOさんの最新作は、独自のボバーにカスタムされたフラットヘッド。オリジナルパーツのトリプルツリーで、フォークをオフセットして直進安定性を向上させている。軽くて丈夫なコーチジャケットは春夏にバイカーにも人気のアウターだ。

14.土肥宏彰さん|1946 Harley-Davidson UL(ハーレーダビッドソンUL)

ハーレーのワークスカラーでペイントされた大阪のSHIX製作のフラットヘッドボバー。一見オールドスクールなシルエットだが、分割のスポーツスタータンクや上下逆に装着したダンパーなど、個性的なディテールがこのマシンの見どころ。白のコーチジャケットがさわやかな装いに。

15.「BAR-BER CYCLE」中杉昌晴さん|1941 Harley-Davidson EL(ハーレーダビッドソンEL)

オールドレーサーをイメージしたカスタムバイクを得意とする富山のBAR-BER CYCLE中杉さんの愛車は意外にも純正然としたナックル……、と思いきやナックルが生産された全年式の純正パーツを好みで散りばめて一台にまとめているという、純正だがある意味超邪道を行く特殊な1台。Tシャツの重ね着に、白のオーバーオールを合わせた大人カジュアルなコーデが秀逸だ。

16.村橋学さん&樹くん|1978 Harley-Davidson FLH(ハーレーダビッドソンFLH)

1940年代後半のダートレーサーをイメージしてBARBER CYCLEが新たに制作したショベルヘッド。リジッドに見えるワンオフフレームは、なんと上下のフレームを取り外して、スイングアームフレームとしても使えるとか! ファッションもベストとロンTでクラシカルな雰囲気がいい感じ。

17.セバスチャン・チルパスさん|1928 TERROT 350HST(テロ350HST)

フランスのシルクスカーフブランドである「A PIECE OF CHIC」のデザイナーであるセバスチャンの愛車は、いまは無きフランスのバイクブランドのテロ。自転車の名残が残されたフレームには350㏄のエンジンを搭載する。車両の時代感に合わせた服装やヘルメットなど完璧なコーディネイトに脱帽!

18.カストロさん|1999 KAWASAKI VN800(カワサキVN800)

アルゼンチンからはるばるフランスのレースへとやってきたカストロさんの愛車はカワサキが誇るVツインクルーザーであるVN800(日本や北米市場ではバルカン800)。タンクやシートなどを小ぶりなタイプに変更し、見事なナロースタイルへと昇華させた。ファッションはTシャツに革ジャン、ジーベストというスタイル。バイクを降りたら革ジャンを脱いでTシャツにベストを着ればOK。2WAYで決まるコーデはマネしたいところ。

19.「No name !」古俵大輔さん|1943 Harley-Davidson WL(ハーレーダビッドソンWL)

セレクトショップ「ノーネーム」の代表である古俵さんのWLは、パーツは当時モノで時代感を合わせているが、ペイントは車両の年代に合わせてヴィンテージ感のある塗装をアリゾナワークスで施した。フロントフェンダーにあしらわれたオーナメントは、’40年代に実在したキャラクターをサンプリングしたショップのオリジナルマスコット。シャツにベスト、カラーパンツで街乗りにぴったり。

20.佐近充勇太さん|1959 TRIUMPH T20 Tiger Cub(トライアンフT20タイガーカブ)

マットブラックに塗装した以外はノーマルを基調としたタイガーカブ。「排気量が小さく高回転まで使えるので乗っていて楽しいですよ」と佐近充さん。レッド・ウィング・シュー・ストア大阪店に勤務するだけあって足元はハンツマンをセレクト。

21.北村祐次さん|1979 YAMAHA XS650(ヤマハXS650)

ラットロッドのイメージでギュッとコンパクトにカスタムした個性的なXSチョッパーは、自分でカスタムしたという力作。車両と同系色のオーバーオールを主役にしたコーディネイトも好印象でスタイルのある雰囲気に。

22.「No name !」HIROさん|1969 BSA B44

ノーマルであるスクランブラースタイルをキープし続けて丁寧に乗っているHIROさん。今年らしい開襟シャツやバイカーズキャップなどアットダーティのアイテムで構築したコーディネイトでこなれ感のある仕上がりに。

23.戸倉義人さん|1971 KAWASAKI W1SA(カワサキW1SA)

以前はトライアンフに乗り、現在はW1とバーチカルツイン党の戸倉さん。フルノーマルでもサマになるのは旧車ならではの楽しみ方の一つ。スカーフやベストなどクラシカルなスタイルも違和感なく車両にマッチ。

24.「The REAL McCOY’S」辻本仁史さん|1984 BMW R80G/S Paris-Dakar

’84 〜’85年の2年しか作られていないパリダカ仕様のR80G/Sを何台もコレクションする辻本さん。タンクには名ライダーであるガストンライレーのサインも入り、計器周りの樹脂類も日焼けがなく、コンディションの良さを物語る。この車両に乗るときは、肩肘を張らないラフな服装で跨るのがスタイルなのだとか。

25.橋辺洋一郎さん|YAMAHA SR400(ヤマハSR400)

純正のキャストホイールや当時のペイントのままのタンクなど、マニアックなコダワリを随所に散りばめたSR。タイヤパターンは荒めだが一般道の走行が可能なうえ、ロードタイヤでは出せないアクティブなシルエットに仕上げた玄人志向な一台だ。七分袖にシャツをレイヤードしたのがポイントに。マネしたくなるゆるさが勇逸。

女性ライダーのバイクファッションもチェック!

「LICKS」山口サチエさん|1947 Harley-Davidson EL

純正ではリジッドフレームしか存在しないナックルヘッドをKフレームに搭載し、トライアンフのフロント周りを流用したコンパクトなスタイルに仕上げられた1台。こちらもカスタムはHawg Holic によるもので、当初は乗りこなすのに時間がかかったが今では全てのディテールに愛着が湧いていると言う。白のロンTとデニムの王道スタイルで。

「ARROGANT LUNGE」内田千鶴さん|1951 Triumph T100

タンクからシートカウル、フェンダーまで一体となったワンオフの鉄ボディが圧倒的な存在感を放つT100。スポーティなオールアルミエンジンに備えられたAWARD CYCLEのフィン付きタイミングカバーがエンジンの造形美を強調する。何よりこのカスタムバイクに乗るのは女性オーナー……恐るべし。クラシックな装いもまた、上級者だ。

渋谷麻美さん|1963 Harley-Davidson FLH

リジッドフレームにロングのスプリンガーやシッシーバーを装着するハードなパンヘッドチョッパーで、男性顔負けの走りを見せた麻美さん。最後は旦那様に敗れたが、千里浜サンドフラッツで夫婦対決は初めてだったかも? とにかくツナギをここまでかわいく着こなせている時点で優勝だ。

 

春夏コーデはTシャツにジーンズ、あとは何か羽織る……という人も多いだろう。時には愛車とカラーコーデしてみたり、ヴィンテージに合わせてレトロな装いを取り入れてみてはいかがだろうか。大人バイカーコーデで、もうダサいなんて言わせない!

▼もっとバイカーコーデが見たい方はこちら!

バイク乗り必見! ダサくならない、 大人のバイカーファッション15選。

バイク乗り必見! ダサくならない、 大人のバイカーファッション15選。

2020年02月13日

(出典/「別冊Lightning Vol.184 バイカーズスナップ」)

SHARE

PROFILE

Lightning 編集部

Lightning 編集部

ファッション、クルマ、遊びなど、こだわる大人たちに向けたアメリカンカルチャーマガジン。縦横無尽なアンテナでピックアップしたスタイルを、遊び心あるページでお届けする。

Lightning 編集部の記事一覧

ファッション、クルマ、遊びなど、こだわる大人たちに向けたアメリカンカルチャーマガジン。縦横無尽なアンテナでピックアップしたスタイルを、遊び心あるページでお届けする。

Lightning 編集部の記事一覧

No more pages to load