BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

30〜40代男性が、いま作るべき懐かしのプラモデル6選。

家にいる時間が増えるなら、子どものころのようにプラモデルに再挑戦してみようかと思った人も多いのではないか。でもね、ただ作るにも、せっかくなら子どものころのワクワク感を取り戻すことができる懐かしのキットを提案したい。

キットも道具もいまでは通販で手に入る時代。じっくり趣味に時間が使える今だからこそ、昔からあるプラモデルに再挑戦。そんなノスタルジックなプラモデルが今でもちゃんと発売されていることに気がついていただく。なかには現在では市場在庫しかないモデルもあるので、気になる人は早めにゲットすることをおすすめする。

1.1/12th SCALE BIKE SERIES No.2 KAWASAKI 750 Road Ster ZII

国産絶版バイクのなかでも最高峰ともいえるZII。気がつけば実車はとんでもないプレミア価格になっている高嶺の花。でもプラモデルならなんとかなります。これはプラグコードやブレーキホースなどがビニールパイプで再現されるなど作りもさすが。下手にカスタムせず、この火の玉カラーのまま完成させたい。2200円

2.ザ☆モデルカー No.32 NISSAN SKYLINE GTS-t TypeM

超感覚スカイラインのキャッチコピーで登場したR32型。そのGT-Rはいまや世界中で高値安定という国産旧車のなかでも特別な存在。そんなR32型のなかでもFR系のトップグレードだったGTS-tタイプMのキット。あえてGT-Rではなく4ドアモデルをチョイスするのが上級者。カスタム用のエアロパーツも同梱されている。2640円

3.1/32 バリューデコトラ Vol.51 修羅雪姫

バリューデコトラシリーズは旧きよきデコトラに現代のスパイスを加えたコンセプトで生まれたキット。修羅雪姫(ネーミングがすでにイケてる)はその中でも電飾モリモリのギラギラなスタイルでまさに「ザ・デコトラ」の雰囲気。リアにメッセージが入る「お約束」もしっかりと再現される。6380円(市場在庫のみ)

4.ロボダッチNo.02 大木

©2017小澤さとる/創意

ロボダッチって小学生のときによく作ったよねえと思った人、今もあるんです。これはロボダッチたちの楽しい遊び場である大木。ミニロボは12体入った豪華キットだ。子どものころに豪華版キットが買えなくて悔しい思いをした人たちは、大人になった今こそその喜びを味わっていただきたい。9680円(市場在庫のみ)

5.1/24 CYBER FORMULA No.01 νASURADA AKF-0

‘91年にテレビ放映されていた次世代のモータースポーツの世界を描いたアニメ『新世紀GPXサイバーフォーミュラ』。そのOVA作品『SAGA』で主人公、風見ハヤトが駆るサイバーマシンをスケールモデル化したリニューアル版がこれ。アニメに登場したマシンが忠実に再現されているのはさすが。3080円(2020年5月発売予定)

6.1/24 もっとグラチャン No.SP 330セドリックスペシャル

懐かしのプラモデルの代表格のひとつである街道レーサー系。今見ると「懐かしい」だけでなく、ある意味「新鮮」に見える人もいるのではないか。こちらは330セドリックをベースにした先輩仕様。シャコンタン、激しいオーバーフェンダーに吊り目カスタムなど、リアルタイムだった世代は感涙のモデル。3300円

大人になった今だからこそプラモデルの世界に再び舞い戻ってみてはいかがだろうか? 時間の使い方も見直される気運のなか、プラモデルはあの頃に戻れる最高な趣味になるんじゃないかなと思う。ぜひお試しあれ。

(出典/「Lightning 2020年6月号 Vol.314」)

SHARE

PROFILE

ラーメン小池

Lightning / ディレクター

ラーメン小池

Lightning編集部、CLUTCH magazine編集部を経て、Lightning編集長を務めた後、現ディレクター。アメリカン・カルチャー、特にヴィンテージ・アメリカンをこよなく愛する。クルマから雑貨まで、あらゆるアイテムに食いつくのが悪い癖

ラーメン小池の記事一覧

Lightning編集部、CLUTCH magazine編集部を経て、Lightning編集長を務めた後、現ディレクター。アメリカン・カルチャー、特にヴィンテージ・アメリカンをこよなく愛する。クルマから雑貨まで、あらゆるアイテムに食いつくのが悪い癖

ラーメン小池の記事一覧

No more pages to load