BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

これだけは見ておくべき、戦争映画10選。ミリタリー通が教えます!

おうち時間をどうやって楽しく過ごすか? もっともお手軽な方法は読書に映画鑑賞なんだろうけど、最近はオンデマンドでいろいろ観ることができるから、選択肢が多すぎて、悩んでしまう人も多いはず。

そこで、アメリカンカルチャー誌「Lightning」編集長・松島親方と革とミリタリーに精通する編集部・モヒカン小川が「観るべきオトコ映画」を案内する。

今回はオチもなけりゃ、洒落もない。映画だけに留まらず、TVドラマシリーズにまで話は及ぶことに。対談時間約3時間をギュッと凝縮してお伝えする。対談のあとに、戦争映画を見つくしてきたふたりのおすすめベスト5を紹介しているので、ぜひお試しあれ。

ライトニング編集長・松島親方

映画に限らず戦争をテーマにした作品を少年時代から手に取ってきた戦記オタク。夢は世界の戦跡めぐりをすること。

革ジャン評論家・モヒカン小川

若い頃の夢は戦場カメラマン。飛行機マニアでもあるので、実機が登場する映画に心振るわせる。特に旧日本軍機が好き。

アメリカ対日本の戦争映画を観るときは覚悟を持って臨むべし。それはエンタメの域を超えてしまうから。(松島親方)

松島親方(以下松)いつか2人で本を出そうって話してた企画が、遂に実現だよ。2ページだけど。

モヒカン小川(以下モ)一冊が2ページかよ。チカラねぇなぁ、編集長。

 2人で本を出すなんて、いつになるかわからない。それよりも、いまこのご時世にやらなきゃいけないって使命感だよ。たとえ2ページでも。

 「観なきゃならない映画」って言ってるけど、本を出すのは戦争映画だっただろ?

 あ、「戦争映画」って言ったら、他のスタッフに冷ややかな目で見られるから、ただ「オトコ映画」って言ってページをもらった。中身は戦争映画の話だけで行こう。

 チカラねぇなぁ、編集長。

松 いいの、いいの。ページ取ったもん勝ちだから。で、さっそくだけど、読者の皆さんが観なきゃならん映画、モヒカン小川は何を推す?

モ まずは、『グッドモーニング、ベトナム』だな。ベトナム戦争が舞台なんだけど、戦闘シーンがまるでない。『プラトーン』とか、『フルメタルジャケット』、『地獄の黙示録』、それに『ディア・ハンター』とか、ベトナム戦争映画には凄惨な戦闘シーンを持つ名作が多いんだけど、この映画はアプローチがちょっと違うんだよ。

松 主役のロビン・ウィリアムスって平和の象徴みたいな顔してるじゃん。本来、戦争映画向きの俳優じゃないんだよ、顔が。そのギャップが、妙にリアルなんだよね。

モ 音楽も平和だよね。時代を伝えるような音楽が、心に刺さる。

松 俺はベトナム映画だったら、『カジュアリティーズ』。主人公のマイケル・J・フォックスがロビン・ウィリアムスと同じで、顔が平和なんだよ。TVドラマの『ファミリータイズ』と映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズで大ブレイクしたコメディ俳優が、いきなり、どよーんとした戦争のリアルを伝える『カジュアリティーズ』でしょ。ショックがデカすぎた。

戦争映画と一括りで言うけど実際は細かくカテゴリー分けできる。やはり「実機モノ」は迫力が違うな。(モヒカン小川)

 戦争映画って一括りで言うけど、じつは凄くジャンルが分かれてると思うんだよね。悲惨な戦場をリアルに伝えるものもあれば、政治的な駆け引きを伝えるものもある。非戦闘員を主人公にする映画は悲しいだけ。俺は、戦場カメラマン3部作と自分で言ってるんだけど、『サルバドル〜遥かなる日々〜』、『キリング・フィールド』、『地雷を踏んだらサヨウナラ』の3作は何回も観てる。全部、戦場カメラマンの話なんだよね。若い頃、憧れた職業だから。

松 ならなくて良かったねぇ、戦場カメラマン。キミは人生で数々の地雷を踏んで、苦労もしただろうけど、命はある。戦場だったら、まさにサヨウナラだもんなぁ。踏んできた人生の地雷の数を考えたら、戦場カメラマンは不向きだと思うよ。

モ やかまし!

 ヒット作の多い大戦モノは?

モ もう、これは日本映画だよ。日本人として、『日本のいちばん長い日』。岡本喜八監督の古いバージョンね。日本の運命を決める濃密な時間が刻々と描かれている大作。あれは、日本人なら観なくちゃならない。

松 確かに役所広司主演の新作は、あまり印象に残っていないんだよなぁ。映画館で観たのに。結婚してから夫婦で観に行った3度目の映画。だから覚えてるんだけど。

モ 夫婦で戦争映画なんて観に行くことあるの?

松 1本目が『Uボート ディレクターズカット』で、2作目が『シン・レッド・ライン』。

モ 3本全部、戦争映画ってどんな夫婦だよ。しかも、重いやつばかり。

松 あ、楽しんでるのは俺だけね。

モ なんかホッとするよ。

松 大戦モノはいっぱいあるけど、皮肉にも全編日本語進行のハリウッド映画だな、俺は。辛いなぁ。

モ 硫黄島からの手紙』かぁ。その話はよそう。観たことある人が多いだろうから。

 太平洋戦争モノは日本人には辛い。戦場モノも銃後の話も。軽く話せなくなっちゃうよね。史実を受け止めなきゃならない。エンタメの域を超えちゃうんだよね。

モ 観た方がいい。絶対観るべきなんだけど、俺たちがここで語っちゃいけない。そのネタは本を出すときにとっておこう。

松 2ページには収まらなくなるだろうし。

 じゃ、ヨーロッパ戦線にしよう。

 最近の映画では『イミテーション・ゲーム』が面白かった。エニグマの暗号解読に天才数学者が挑む話。あとは『遠すぎた橋』とか

 俺は『空軍大戦略』。実機を使っているんだよね。大戦モノじゃないけど『トコリの橋』も実機モノとしては秀逸。あとね、日本が戦中に作った『加藤隼戦闘隊』も実機モノ。凄いのはさ、敵の米軍機も実機なの。戦争中に鹵獲したイギリスのスピット・ファイアを飛ばしてる。

 それ、凄いね。でも、そんな映画、どこで観られるの?

 それがさ、これもアマゾンプライムビデオで観られるんだよ。

 マジか! 戦時中のプロパガンダ映画だろ。GHQに怒られる。

 アマゾン・ビデオは戦争映画は充実しているよ。マニアックな作品も多い。

 ロシアの戦争映画とかも観られるんだよ。ドキュメンタリーもあるしね。あとは『バンド・オブ・ブラザース』ね。映画じゃないけど、アマゾン・ビデオで観られる。

 テレビドラマじゃんか。でも、あれは観るべきだ。しかも、外出が減ってる今なら一気に観られるもんな。

 そう、勢いで『ザ・パシフィック』まで。同じスタッフが手掛けている……しかし、『ザ・パシフィック』はアメリカ対日本だから、覚悟して観てもらわないと。

 そうだな。『プライべート・ライアン』を観て、『バンド・オブ・ブラザース』を観ていない人がいたら、お仕置きだよ。

 そりゃ、お仕置きだ。『劇場版ドラえもん』を観て、TV版を観たことがないっていうのと同じくらいのことだからな。

 ミリタリーファッションが好きな人も見どころ満載。

 ところで、『ボヘミアン・ラプソディ』で、すっかり有名人になったラミ・マレックが『ザ・パシフィック』に出てるの知ってた?

 え、そうなの?

 フレディ・マーキュリー役のラミ・マレックより、俺は『ザ・パシフィック』の彼の方が好きだな。

 アマゾンで観られる?

 吹替版まで観られる。『バンド・オブ・ブラザース』も『ザ・パシフィック』も10話完結だから、たっぷり時間のある時にしか観られないでしょ。今がチャンス!

 おうち時間企画はそれでいいんじゃない? こんな時こそ!

 こんな時だからできることのイチオシが戦争ドラマって……。

 心は常に臨戦態勢!

 いいこと言ってるつもりだろうけど、まったく意味不明だな。

松島のリコメンド「ツラい」戦争映画TOP5

BEST1_硫黄島からの手紙

クリント・イーストウッド監督のハリウッド映画ながら日本語で進行する。『父親たちの星条旗』と対になる硫黄島プロジェクト作品。

BEST2_遠すぎた橋

とにかく豪華キャスト。鑑賞後は「なんだかなぁ〜」と思わされるが、それが戦争の現実に近いんだろうな、と妙に納得してしまう。

BEST3_カジュアリティーズ

ベトナム戦争を戦うアメリカ軍兵士をマイケル・J・フォックスが演じる。観ていてとにかく辛い。その辛さが、脳裏に焼き付く。

BEST4_炎628

ロシア映画。ちょっと救いが無さ過ぎる感は否めないので、家族と一緒には観てはいけない。ナチスを悪く描かせたらロシアが一番だろう。

BEST5_勝利への脱出

突っ込みどころ満載で、ある意味ツラい。ただ、ペレ、アルディレスなどサッカー界のスーパースター共演で、サッカー好きは嬉しいのだ!

モヒカン小川のリコメンド映画TOP5

BEST1_日本のいちばん長い日

2015年に同名作品が公開されたが、ここでは1967年版を推す。日本の未来を決する1日が凝縮。ドキュメンタリー映画のような展開。

BEST2_サルバドル〜遥かなる日々〜

戦場カメラマンもの3部作の一つ。舞台はエルサルバドルの内戦。実話に基づく作品で、監督はベトナム三部作で有名なオリバー・ストーン。

BEST3_地雷を踏んだらサヨウナラ

カンボジア内戦で命を落とした日本人戦場カメラマン、一ノ瀬泰造を浅野忠信が演じた傑作。日常と戦場のコントラストが胸を打つ。

BEST4_空軍大戦略

第二次世界大戦ヨーロッパ戦線の重要ポイントである「バトル・オブ・ブリテン」がテーマ。実機を使った映像は抜群の迫力だ。

BEST5 _加藤隼戦闘隊

軍神と呼ばれたエースパイロット加藤健夫の伝記映画。1944年に公開された戦意高揚のためのプロパガンダ作品。こちらも実機モノ。

いかがでしたでしょうか? 名作からちょっとマニアックな作品まで10作品、日本人なら絶対見てもらいたい作品ばかりです。ちなみにLightningを発行している枻出版社から出ている「誉発動機 取扱説明書 完全復刻版」もおすすめです。

▼こちらの記事もおすすめ!

頼りになる!?あの俳優も演じた、歴代&架空のアメリカ大統領が出てくる映画10選。

頼りになる!?あの俳優も演じた、歴代&架空のアメリカ大統領が出てくる映画10選。

2020年04月26日

▼ミリタリーファッションに興味がある方はこちら!

【ジャンル別】ミリタリーファッションの定番ブランドの名作アイテム37選【保存版】

【ジャンル別】ミリタリーファッションの定番ブランドの名作アイテム37選【保存版】

2020年04月25日

(出典/「Lightning 2020年6月号 Vol.314」)

SHARE

PROFILE

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド) / 編集長

松島親方

Lightning、CLUTCH Magazine、2ndの3誌編集長。海外のフリーマーケットからネットショッピングまで守備範囲は広く、編集部、社内を見ても、間違いなくN0.1のショッピングの鬼。そのため貯蓄はほぼない

松島親方の記事一覧

Lightning、CLUTCH Magazine、2ndの3誌編集長。海外のフリーマーケットからネットショッピングまで守備範囲は広く、編集部、社内を見ても、間違いなくN0.1のショッピングの鬼。そのため貯蓄はほぼない

松島親方の記事一覧

No more pages to load