BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

RED WINGレッド・ウィングの新定番、チャッカ・ロメオ・オックスフォードでドレスにキメろ。

レッド・ウィングと言えば、アメカジ好きならお馴染みのワークブーツのブランド。“キング・オブ~”なる呼称で叫ばれることも多々あるわけだから、今も昔も男のためのワークブーツの象徴として君臨し続けているはずだ。

そんなレッド・ウィングのなかでも、近年ドレス顔したブーツや、オックスフォードタイプのシューズが徐々に人気を高めているのをご存じだろうか。今回は、そんなレッド・ウィングの新たな“顔”を覗いてみる。

土臭さを残しつつフォーマルにも履けるRED WINGが掲げる新しい顔。

創業110余年を超えるアメリカンワークブーツの名門、レッド・ウィング。日本ではハンティングブーツやロガーといった過酷な条件下で活用するシューズブランドのイメージが強いが、実は最近、「クラシックドレス」ラインなる新シリーズが好調だ。

その中身は、ブランド創業時の20世紀初頭まで遡る。当時はまだワークやスポーツ用のブーツといっても、まだまだフォーマルなデザインが多く、つま先も先芯を持たないものが多かった。レッド・ウィングでは、そんなブランドのルーツともいえる靴の在り方を、今日使える素材やラスト(木型)、パーツを使い、創業時から続く靴作りを具現化するシリーズをリリースしている。

1.Caverly Chukka(キャバリーチャッカ)#9096|ワークブーツブランドを代表するドレス顔の一足。

約1年履きこんだことで生まれた甲のシワ。 着用者の足の形がくっきりと表れ、深みのある革の経年も伺える。 キャバリーチャッカの経年の真骨頂だ

まず最初に取り上げる「キャバリーチャッカ」もそんなルーツモデルの一端だ。1900年代初めに実際にあった6インチ丈のブーツに着想を得て、ポストマンシューズに使われる210番ラストを使い、独特の光沢をもつエスカイヤレザーをまとって2015年に発売された。

こちらは1906 年のレッド・ウィングのカタログに掲載された6インチ丈のブーツ。この佇まいを再現するべく、キャバリーチャッカは製作された

こちらは2015 年に発売されたエスカイヤレザーを使用したモデル。ヘファーハイド(若い未経産の牝牛の革)の銀面(革の表面)をレジンで固めたことで豊かな光沢と深みのある色合いが特徴。1920年代にレッド・ウィングのために開発したラバーソール、グロコードソールを底面に採用している。

今さら説明不要だが、レッド・ウィングではほとんどのモデルにグッドイヤーウェルト製法を採用する。強固ながらもソールの張り替えが可能だ
深みのある革の質感に加え、コードバンのような艶やかな光沢が魅力のエスカイヤレザー。穿きこむことで、一層味わい深い革の質感へと変化する
  • LEATHER_Black“ Esquire”
  • SOLE_Gro Cord on Medallion
  • SIZE_D6.5 ~ 11
  • PRICE_ ¥54,890

キャバリーチャッカはエスカイヤレザーに加えて、ベックマンブーツに使われているフェザーストーンを採用したモデルもつくられた(生産終了)。いずれも、履くごとに味わい深いシワや革の変化を楽しめる育て甲斐のあるモデルとして人気を集めている。

2.Romeo(ロメオ)#8129|アメリカで生まれたサイドゴア「ロメオ」という名の逸材。

両サイドにエラスティックを設けたサイドゴアタイプ。着脱を容易にするヒールトップのハンドルや、他ではなかなか見かけないくるぶし丈のサイズ感、ネイビー「アビレーン」を使った都会的な仕様が特徴だ

サイドゴアという言葉から、イギリス生まれのブーツのイメージが強いかもしれないが、1920年ごろのアメリカでは、紐を使わずに足にフィットさせるスリップオンタイプのオックスフォード(短靴)が「ロメオ」という名称で使われていた実績がある。

1934年のカタログに掲載されたロメオ。当時はステッチダウン製法によって作られていた
1955年のカタロ グに掲載されたロメオ。ヒール一体型ソールと、クッションクレープソールの2タイプが掲載されている

レッド・ウィングでは1934年にキップレザーを使い、ステッチダウン製法で作られたモデルがカタログに掲載されているが、こちらはレザーソールにラバーのヒールを備えたものだった。1950年代の中頃に、クッションクレープソール(現在のトラクショントレッドソール)を採用したモデルが登場し、一旦姿を消すが、1980年に再登場する。

このロメオは、ネイビーのラフアウトレザーを使い、より都会的で鮮度の高い一足に仕上がっている。

ウエルトのホワイトステッチや、前後でセパレートしたアッパーのラフアウトの形状、後部に設けられたハンドルなど、 他のサイドゴアタイプにはない新鮮なフォルムが心をとらえる
現在のロメオでは、定番 の6インチブーツなどにも採用されているトラクショントレッドソールを搭載。 カジュアルながら都会的な印象も醸し出す
  • LEATHER_Navy“ Abilene” Roughout
  • SOLE_Traction Tred
  • SIZE_E6.0 ~ 11
  • PRICE_ ¥36,936

3.Irish Setter Oxford(アイリッシュセッター・オックスフォード)#9894|“茶芯”のレザーをまとったアイリッシュセッターの異端児。

こちらは数カ月着用した状態のオックスフォード。つま先の擦れにより、 薄っすらと革の芯の茶色い部分が浮き出ているのが分かる。一般的なク ロムレザーや染料系のレザーでは、 このような経年は起こらない

1952年、オロラセットレザーと白く底の平らなクッションクレープソールの組み合わせで、今も高い人気を維持し続けている「アイリッシュセッター」のブーツ#877は誕生した。1954年にはこのブーツの高い人気を受けて、チャッカ、プルオンタイプ、オックスフォードと、バリエーションモデルがデビューした。

1956年のカタログに、 オックスフォード#895 が6インチ#875 と並んで掲載されている

ここで紹介するのは、アイリッシュセッターのタグをまとったオックスフォード(短靴)タイプで、2015年に発売したゴールドラセット「セコイア」レザーの進化版として、「クロンダイク」レザーを使っている。ブラウンベースにブラックの塗膜を施しているため、表面が擦れると革内部の茶色い部分が顔を覗かせる、通称“茶芯”レザー特有のエイジングが楽しめる。

5 つのハトメにレザーレースの組み合わせ。 レクタングルバータックステッチも完全再現
6インチブーツと同じくふたつのパーツを縫い 合わせたモカシン構造を採用している
1954年に発表されたオックスフォード#89の誕生当時と同じ刺繍の犬タグが施される
ハイカット部分はライニングのつかない一枚 革の腰革を市革で縫い合わせている
サイズなどのスペック表記はヒール裏に刻印されている。こうした仕様も魅力的だ

このモデルは、現アイリッシュセッターの6インチ・モックトゥやラウンドトゥでも高い評価を得ている「クロンダイク」レザーを採用。履きこむことで、革の表情がどんどん変わっていくエイジングファン必見の1足に仕上がっている。

  • LEATHER_Black“ Klondike”
  • SOLE_Traction Tred
  • SIZE_D6.5 ~ 11
  • PRICE_ ¥41,580

【問い合わせ】
レッド・ウィング・ジャパン
TEL03-5291-3780
http://www.redwingshoe.co.jp

▼レッド・ウィングについてもっと詳しく知りたい方はこちら!

【保存版】どんな種類が人気? RED WINGレッド・ウィングの定番人気モデル5選とサイズ選びからお手入れまで。

【保存版】どんな種類が人気? RED WINGレッド・ウィングの定番人気モデル5選とサイズ選びからお手入れまで。

2019年11月01日

※情報は取材当時のものです。

(出典/「Lightning 2017年4月号 Vol.276」)

SHARE

PROFILE

モヒカン小川

Lightning / 編集者

モヒカン小川

幼少期の革ジャンとの出会いをきっかけにアメカジファッションにハマる。特にレザー、ミリタリーの知識は編集部随一を誇り、革ジャンについては業界でも知られた存在である。トレードマークのモヒカンは、やめ時を見失っているらしい

モヒカン小川の記事一覧

幼少期の革ジャンとの出会いをきっかけにアメカジファッションにハマる。特にレザー、ミリタリーの知識は編集部随一を誇り、革ジャンについては業界でも知られた存在である。トレードマークのモヒカンは、やめ時を見失っているらしい

モヒカン小川の記事一覧

No more pages to load