BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • トリコガイドシリーズ
  • buono
  • ei cooking
  • Yogini
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD

大人が原宿に足を運びたくなる、アメリカンヴィンテージMIXな店「ハミングバーズヒル ショップ」。

アメリカンヴィンテージのミックススタイルを提案する「ハミングバーズヒル ショップ」。兄弟店であるアメリカンレストラン「ハミングバーズヒル レストラン&バー」、ウイメンズのヴィンテージジュエリーショップ「アトリエ 二ノン」も併設されており、原宿のランドマークとして大人が原宿に足を運ぶきっかけとなっている。

アメリカンヴィンテージ好きな大人の楽園「Hummingbirds’hill shop(ハミングバードヒル ショップ)」の魅力を紹介!

世界中から人が集まるファッションの聖地・原宿。この場所に東京・恵比寿の人気店「ハミングバーズヒル ショップ」(以下HBHS )が、移転リニューアルオープン。同店はアメリカンヴィンテージのミックススタイルを提案しており、「ポストオーバーオールズ」や「ナイジェル・ケーボン」「エンジニアドガーメンツ」、シューズでは「オールデン」「トリッカーズ」「ユケテン」、そしてユーズドのシャンブレーシャツに刺繍作家がステッチを入れたオリジナルアイテムに加え、ヴィンテージのナバホ族のシルバーアクセサリーもチョイス。また売り場は約2倍へと拡張され、新たに「ロスポブラノス」「バウアー」といったオーガニックコスメやテーブルウエアなども取り扱う。

店内にはヴィンテージのユーズドウエアも多数チョイス。リーバイスからイーストウエスト、ペンドルトンといった、アメリカを感じるカントリーテイストのアイテムは必見!
ユーズドのシャンブレーシャツを使ったオリジナルリメイク。 着丈のバランスを現代的に調整し、刺繍作家の手によって固定的な表情を与えている。1 万円代から購入可能だ
レザーシューズは、トリッカーズやウエスコ、ウィルロール等の別注モデルの展開がメイン。お店のメインカラーであるネイビーとブラウン系のカラー展開が特徴だ
同店で扱うブランドは、アメリカと英国、日本からセレクトされている。またその特徴は、ネイビーとブラウンのカラーリングを軸にした、ぬくもりのある色調で統一されている
オルテガやトルフィリオスの織物 や、ヴィンテージのナバホ族のシルバーアクセサリーなど、ネイティブアメリカンのエッセンスもプラス

よき時代のアメリカの夢を感じる、“アメリカンヴィンテージMIX”を提案。

「ル コタージュ」代表・水野谷弘一さん  ’70年代の原宿にてサーフショップスタッフを経験後、ビームスへ入社。 そしてユナイテッドアローズ創立メンバーを経て、HBHS を設立。

新たなる原宿の名所となっているHBHS 。同店の持ち味は、アメリカンヴィンテージMIX というコンセプトの元、選び抜かれた商品たちだ。この骨太なセレクトにファンは多い。

「アメリカ製品をメインにして、一部英国・日本製のブランドを扱っています。そこにレザー製品や古着、シューズやアクセサリー、そしてHBHS のエッセンスを加えて、リカンヴィンテージMIX の世界観を提案しています。

また年に数回アメリカへ渡り、実際に自分の目で見て古着やナバホ族のインディアンジュエリーも買い付けています。ロスからアルバカーキ、サンタフェを回り、本物でしか味わえないモノを選んでいます。アメリカ製にこだわり、値段は高いけども価値のある商品ばかりなので、安心して買い物していただけます」

インディアンのチーフ像や魔除けのコヨーテ木像、ネイティブラグ、ディアホーンシャンデリアなど、水野谷氏が思い描くアメリカンテイストを映し出した店内のディスプレイは必見だ
シャンブレーやデニムシャツ、’70 年代のイーストウエストなど、水野谷氏の私物が並ぶスタッフルーム。このコレクションを元に、アメリカ ンヴィンテージMIXの世界観は広がっていった
インディアンジュエリーを愛用する水野谷氏が、ラリースミスへ特別オーダーした、ロレックスのバブルバックを組み合わせたシルバーウォッチ。HBHS でも販売中

上質な食事と、価値のあるアンティーク雑貨も提供!

ハンバーガーからケイジャン料理まで、アメリカンな食卓を体感できる。|HUMMINGBIRDS’ HILL RESTAURANT & BAR(ハミングバーズヒル レストラン&バー)

席数は64 席(うちテラス席は10 席)を有するアメリカンレストラン&バー。定番メニューである「ベーコンチーズバーガー」や、US ビーフのリブロースを豪快に炭焼きした「リブアイステーキ」、そしてケイジャンなどアメリカ南部料理のメニューもある。そして料理5 品を選べるディナーコース(1 人3000円)、パーティーコース(4000円から)といったプランもあり、1 人から大勢まで楽しめる。

店内にはHBHS と同じく、ナバホ族が使用していたヴィンテージのシルバースプーンや、チマヨで特注したラグなど、アメリカンな ディスプレイ。またアペタイザーも充実しているので、お酒と一緒に頼んでみてはいかが?

ヴィンテージコスチュームジュエリーなどフェミニンなアイテムをチョイス。|ATELIER NINON(アトリエ 二ノン)

店内の什器なども100 年以上前のフレンチアンティーク物で構成している

1950 年代に女性の間で流行したコスチュームジュエリー。その当時のヴィンテージアクセサリーを始め、ヴィクトリア時代のジュエリーやドレス、セミオーダーの帽子などを取り扱う。主に英国やフランスを中心に商品をバイイングし、アメリカからはターコイズなどで装飾された、フェミニンなテイストを持つ、ヴィンテージのインディアンジュエリーも仕入れている。

店内にあるアトリエでセミオーダーの帽子などを製作
ナジャネックレスなどヴィンテージのインディアンジュエリーも多数セレクト

個人でセミオーダーが可能な帽子。様々な色と幅のテープとヴィンテージの装飾具を組み合わせ、自分だけの1 点モノを作ろう。 プライスは組み合わせ次第だが平均で3万円ほど

【DATA】
Hummingbirds’hill shop
東京都渋谷区神宮前3-27-22 ル コタージュビルディング101
TEL03-6721-0189
11 時~20 時 無休
http://hummingbirdshill.com/shop

※情報は取材当時のものです。

(出典/「Lightning 2017年4月号 Vol.276」)

SHARE

PROFILE

ADちゃん

Lightning / 編集者

ADちゃん

スケートカルチャーシーンでは実は名の知れた存在で、社内に隠れファンが多数いるほど。だが普段はそんな雰囲気はまったく醸し出していないため、ただの笑顔のステキなお兄さんと思われている。ミリタリーについても、モヒカン小川に並ぶ知識の持ち主

ADちゃんの記事一覧

スケートカルチャーシーンでは実は名の知れた存在で、社内に隠れファンが多数いるほど。だが普段はそんな雰囲気はまったく醸し出していないため、ただの笑顔のステキなお兄さんと思われている。ミリタリーについても、モヒカン小川に並ぶ知識の持ち主

ADちゃんの記事一覧

No more pages to load