BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • トリコガイドシリーズ
  • buono
  • ei cooking
  • Yogini
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD

アメリカンなヴィンテージ家具が見つかるおすすめショップ。

アメリカンな状態のいいヴィンテージ家具を探すとき、ネットで探したり、海外で買い付けたりと、理想の家具やインテリアを見つけるには結構ハードルが高い。だが“それっぽい”もので妥協するのは嫌だ……そんな人におすすめしたい、質よし、価格よしのヴィンテージ家具が見つかるショップを3店舗紹介しよう。

1.ACCESS L.A. DEPO(アクセス・エルエー・デポ)|金沢・千葉

石川・金沢のアメリカンヴィンテージ家具と雑貨を扱うアクセス・エルエー・デポ。ロサンジェルスに在住しているスタッフが、アメリカ西部や中部の日本人がいないエリアまで赴き、買い付けをしているため、あまり市場に出てこない珍しいモノを多く取り扱っているのが特徴だ。

メインテナンスが必要なものはすべて手を加えており、実用性も高い。大きなガラスのショーケースなども扱っているため、店舗用の什器を探している人にもおすすめだ。

ロサンジェルス生まれのウーバーシックホーム。軍用の毛布や穀物の袋をシートにリメイクし、1950年代のブドウの箱を引き出しにしたソファ。鉄枠はあえて溶接を残し、ヴィンテージ風に仕上げている。UBER CHIC HOME が手に入るのは、日本でここだけ!

このショップのもうひとつの魅力が、いまアメリカで人気のウーバーシックホームの日本総代理店であること。ウーバーシックホームは、世界で見つけた風合いのある材料を使い、ロサンジェルスのダウンタウンにある自社工場で作られた手作り家具。オットマンを中心に収納棚などバリエーションも様々。シート部分の生地は好みのものを選んで取り付けられるのも特徴だ。アメリカではローカルマーケットやオーダーメイドのみで入手可能で、ヴィンテージ風の装いからとても注目されているブランドなのだ。

シートに使われている布は、柄や素材にこだわり世界中から集めたもの。簡単に外せるので、好みのものを選ぶことができる
フランスの穀物袋を使ったオットマン。サイズはW36×H45×L94 ㎝のナロータイプ。引き出しは2つ装備。8万2500円
シートにインディアンの伝統柄のラグを使用。サイズはW36×H45 ×L140㎝のロングタイプ。収納3つ付き。10万2000円

またアクセス・エルエー・デポーは、「アメリカ音楽とヴィンテージ品を通じ、人の輪を作ること」、そして「モノを大切にする文化を取り戻すこと」を目的としている。そのため、この店で購入したヴィンテージ品は、購入価格の1/4で買い取ってくれ、次の使い手へと受け継がれることになる。

1890年代のバーバーチェア。ライトグリーンの革張り に木製の肘掛け、真鍮のフットレストの重厚感のある 組み合わせ。状態もとてもいい。82万円

また、アメリカ品の買い取りも始めたそうなので、家に眠っているアイテムがあれば相談することも可能だ。ここへ来れば、掘り出しものがきっと見つかる。ヴィンテージ好きにはたまらないお店だ。金沢のほかに千葉にFCがあるので関東圏の方はそちらもチェックを。

爆弾や兵器を入れていたと思われる軍用ケー ス。実際に使われてたもので、あちこち傷だ らけでいい風合い。価格は要問い合わせ
1940年代にビリヤード場で使われていたシーリングライト。 緑のシェードがインパクト大。16万円
店に入ったところには雑貨スペース。ステーショナリーなど新品のグッズを中心に、スヌーピーグッズやファイヤーキングも扱っている。ワクワクする 商品があちこちにあるので、掘り出し物が見つかる可能性大だ

【DATA】
アクセス・エルエー・デポ
石川県金沢市湊2-120-15
TEL076-214-8451
営業/11:00~18:00
休み/木曜
http://www.access-la-depo.jp

2.CRASH GATE(クラッシュゲート)|吉祥寺・目黒・横浜・大阪など

ヴィンテージやインダストリアル、クラシック、シンプルナチュラルなど多種多様な家具を提案するクラッシュゲート。様々なテイストを組み合わせることで生まれる、ギャップやユーモアを楽しめる人気のインテリアショップだ。その吉祥寺店を取材した。

この店で扱っているのは、古材独特の空気感や温もりを活かしたノットアンティークス、北欧デザイン調のノル、そしてシンプルなデザインでナチュラルテイストのイージーライフの3 つのシリーズ。空間をシリーズで揃えてもいいし、テイストの異なる家具を組み合わせる面白さを提案してくれる。ヴィンテージ家具ではないが、ヴィンテージの木材を使っているので、風合いはヴィンテージ本来の質感でありつつ新品の品質が出に入るのが魅力。

インテリア以外にも雑貨が充実していることも魅力のひとつ。セレクト品のほか、オリジナル雑貨や別注品など、この店でしか手に入らないアイテムもあり、空間をトータルでコーディネイトできてしまうのも嬉しい。また、壁を使った収納見本があったり、家具のメインテナンスに便利なアイテムがあったりと、見応えたっぷり。熟練のスタッフが揃っており、インテリア選びや空間作りの相談にも乗ってくれるので、気軽に声をかけてみよう。

北欧家具のような形と色合いが魅力のノルシリーズ。懐かしく温もりを感じるデザイン
シンプルなデザインで自由なコーディネイトを楽しめるイージーライフシリーズ
インテリアのバリエーションは実に豊富。写真のテーブルやチェアはすべてスチールでできており、 すでに使い込まれたようなデザイン

【DATA】
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-5-1 吉祥寺PARCO B1F
TEL0422-27-5826
営業/10:00~21:00
http://crashgate.jp

3.THE NOON(ザ・ヌーン)|世田谷(池尻)

店内はジョージ・ネルソンやイームズ、ダンバー、エイドリアンなど、ミ ッドセンチュリーに活躍したデザイナーたちの家具が中心

世田谷公園近くにある話題のファニチャーショップ『ザ ヌーン』。その屋号は、最盛期や波のピーク等を意味している。それは買い付けのコンセプトにもなっていて、アメリカの家具が、デザイン性、機能性ともにもっとも完成されていた1950年代〜’70年代頃までのヴィンテージのデザイナーズ家具が中心。

ジョージ・ネルソンが手掛けたハーマンミラーのソファ。ファブリックはアレキサンダー・ ジラルド。37万8000円
人気の高い1950年代頃のスプトーニクランプ。 18万1440円

もうひとつ個性的なのが、あえて太陽で焼けたり、潮風でやれたような味のあるアノニマスな家具もセレクトしていること。サーフカルチャーが根付いているカリフォルニアからハワイ、マイアミなどに買い付けへ出向き、現地で使い込まれたヴィンテージファニチャーを探すという徹底ぶり。もちろん外見はやれていても、その味を残しながらリペアするので、コンディションも安心である。

もともとはディレクターであるフォトグラファーの藤本薫さんがギャラリーとして運営していた物件。 良質なヴィンテージファニチャーだけでなく、様々なアートワークをディスプレイ

また店内には、サーファー垂涎の超が付くレアなサーフボードも多く飾ってあり、都心にいながらもどこか海沿いの雰囲気が漂っている。家具だけでなく、オリジナルのTシャツやアメリカで買い付けてきたメガネやタオルなどの小物も充実しているため気軽に立ち寄れるのも魅力のポイントである。

ヴィンテージの アイウエアもセレクトしている

【DATA】
ザ・ヌーン
東京都世田谷区下馬1-48-3
営業/12:00~20:00
休み/水木曜
http://thenoon.tokyo

経年変化を感じるヴィンテージ家具。あるだけで、雰囲気ある空間にしてくれるインテリアに欠かせないものだ。いずれも取材時に入荷されていたもの、値段なので訪れて実際に品定めしてみてほしい。ネットで一部商品が見れるのでホームページもチェックお忘れなく。西海岸テイストの家具を探している方はぜひ下記記事も読んでみて。

今が旬!西海岸スタイルのインテリアショップ5選 -東京編-

今が旬!西海岸スタイルのインテリアショップ5選 -東京編-

2017年06月27日

(出典/「Lightning 2017年5月号 Vol.277」)

SHARE

PROFILE

めぐミルク

Lightning / 編集者

めぐミルク

編集部のマドンナ。会社イチのミニマムボディでありながら、その笑い声は会社中にとどろくパワフル女子。文具、カメラの専門誌、旅雑誌などを経て、現在はハンバーガー担当。キャプション書きが異様に早い。ニックネームは某牛乳から

めぐミルクの記事一覧

編集部のマドンナ。会社イチのミニマムボディでありながら、その笑い声は会社中にとどろくパワフル女子。文具、カメラの専門誌、旅雑誌などを経て、現在はハンバーガー担当。キャプション書きが異様に早い。ニックネームは某牛乳から

めぐミルクの記事一覧

No more pages to load