BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

アートと呼ぶにふさわしい、トップビルダーが手掛けたモーターサイクル5選。

モーターサイクルにおけるカスタムとは、より速く走ることから始まり、快適な乗り心地の追求、カルチャーの体現など、時代のニーズに合わせて多くのビルダーから生み出されてきた。近年では3Dプリンタを使うことで表現の幅も広がり、より複雑な造形も可能に。

そんな最先端の手法や職人の技術を駆使して作られたカスタムモーターサイクルは、もはや乗り物という概念を超越し、芸術作品のような佇まいの車両も存在する。そこでカスタムシーンを牽引するトップビルダーたちが手掛けた5つの作品を紹介しよう。

1.HONDA GL1000 GOLD WING|KENZO|Death Machines of London

ロンドンのカスタムショップながら、日本の歴史やカルチャーにインスパイアされて製作されたKENZO。戦国武将の鎧をイメージしたという外装や、精密なデザインなど調和のとれた佇まいが美しい。またベース車両がゴールドウィングというところにも驚かされる。

2.YAMAHA XSR900|Auto Fabrica’s Type11|Auto Fabrica

英国のカスタムファクトリー「オートファブリカ」が手掛けたXSR900。フロントからリアへ流れるような美しいラインは同ファクトリーが得意とするところで、本来レトロなスタイルだったモデルをここまでピュアスポーツへと変更させるという手腕は流石である。

3.Departed|Custom Works ZON

2018年のホットロッドショーでもバイク部門の最優秀賞を獲得したことでも知られるZONの一台。当時は未発表だったBMWのOHV空油冷エンジンをオリジナルフレームに搭載し、F23/R26という規格外のホイールを採用。走りにおいても抜群の疾走感を誇る。

4.HONDA Monkey125|Jane|VIBA Motor

フランスのデザインファクトリー「VIBA Motor」の最新作となるモンキー125。複雑な構造を持つステーが備わったフロントラックや側面に凹凸が浮かび上がるタンクは、どちらも金属3Dプリンターで出力されたという、最先端の技術で作られた外装なのだ。

5.The Revival Birdcage|Revival Cycles

BMWの次期新型車両に搭載されるエンジンを搭載し、ボディデザインの概念を覆す一台に仕上げたリバイバルサイクルズ。モデル名の通り“鳥かご” をイメージした細いトラスフレームはどの角度からもエンジンが見えるように製作。燃料タンクはエンジン後方に配置している。

 

今回紹介しているような、国内外のトップビルダーたちが手掛けた芸術性の高いカスタムバイクを集めた一冊「モーターサイクルアート」。美しい写真で構成し製作の経緯やディテールの解説も充実。カスタムスタイルやオールドスクールな一台まで現在のカスタムシーンを切り取った本となっているのでぜひチェックしてみてほしい。

購入はこちらから

(出典/「Lightning 2020年5月号 Vol.313」)

SHARE

PROFILE

サカサモト

Lightning / 編集者

サカサモト

編集部のなんでも屋。CLUB HARLEY→Lightning→2nd、そして再びLightning編集部へ移籍。結果クルマ、バイク、古着などオールラウンダー編集者に。ニックネームは、スキンヘッドにヒゲ面をいう「逆さ絵」のような顔に由来する

サカサモトの記事一覧

編集部のなんでも屋。CLUB HARLEY→Lightning→2nd、そして再びLightning編集部へ移籍。結果クルマ、バイク、古着などオールラウンダー編集者に。ニックネームは、スキンヘッドにヒゲ面をいう「逆さ絵」のような顔に由来する

サカサモトの記事一覧

No more pages to load