BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

デニム好きのダメージジーンズを拝見! 大人向けおすすめブランドも聞きました。

ジーンズ好きなあの人たちに、リペアが施された一本を見せてもらった。リジッドを穿きこんで自分で直したジーンズから、古着をリメイクした一本まで様々な愛情のカタチを見せてくれた。

1.色落ちしたデニムには淡いトップスで。|「ウエアハウス」プレス・藤木将己さん

なんと20年も愛用しているウエアハウスの1001XXで登場してくれた藤木さん。リジッドから穿き込んだもので、ダメージ部分をリペアしながら育て上げた。濃淡を残しながらも、色落ちした淡青のデニムには、濃色よりもベージュやホワイトといった薄めの色が似合う。藤木さんはカシミアのカーディガンでほどよく’90sのグランジ感を演出。小奇麗に見えるようにインナーはBDシャツ。

破れてはリペアを繰り返しているため、まるでヴィンテージのリペアデニムのような雰囲気に。バックポケットにも自然なほつれがあり、絵になっている。

2.ネイビーのワントーンでルーズに見せない。|「ベルベルジン」ディレクター・藤原裕さん

ベルベルジンのディレクターだけでなく、ヴィンテージデニムアドバイザーとしても活躍する藤原さん。ダメージデニムをリクエストしたところ、穿いてきてくれたのはリーバイス501E。ダメージデニムは一歩間違えるとルーズに見えるので、トップスのバランスが重要。この日は自身がファインダーズ キーパーズとコラボしたファーストタイプのレザージャケットで、大人っぽくコーデした。

ダメージ箇所によってあて布を替えているので、よりリペア感が強調されている。濃淡が出るXXもいいが、この淡い風合いとなるのが501Eの醍醐味。

3.自分で施したヒッピーライクなリペアジーンズ。|「リンチシルバースミス」矢野達也さん

孤高のシルバーブランド「リンチシルバースミス」を主宰し、自らの手で生み出す矢野さん。スタイルのあるファッションの核となっているのは、10年以上穿き続けたというオリジナルジーンズ。穴が開いた部分をあて布で丁寧に縫製した一本は、手先の器用さを活かしたシルバー職人ならではのハンドワーク。裁縫上級者なら、ぜひ真似したい。

破けやすいポケット口には、レザーを使いパイピングのように補強した技アリな一本。

4.ダメージデニムのお手本コーデ!|「ギャラリー1950」キュレイター・北修三さん

北さんは、以前にウエアハウスに生産を依頼したG1950のオリジナルデニムで登場。Tシャツにサーマルというシンプルなレイヤードなので、リペアデニムが引き立っている。足元は、ここ最近のマイブームであるレッド・ウィングのアイリッシュセッターでベーシックにコーデ。サイズ感さえ気をつければ、定番でも今っぽく見せられる好例だ。

ダメージ加工を施した箇所には、パロットキャンバスの生地でリペア。こういった感覚が実に北さんらしい。

5.ブッシュパンツもリペアでアクセントを。|「フルカウント東京店」店長・手塚秀博さん

もはや定番ともいえるフルカウントのブッシュパンツ。かなり穿きこまれた雰囲気をもつ手塚さんの一本だが、実は9月末リリースされるという新製品。激しくリペアした生地はフルカウントが手掛ける13.7オンスでリアルな表情。めくれ上がったフラップポケットも穿きこんだ表情を生み出している。

細かくリペアが施されている腿部分。生地のフェード感も◎。やや細身のシルエットは様々な着こなしに対応する。

6.大人なストリートを体現したデニムスタイル。|「スロウガン」デザイナー・小林学さん

ユーズドのデニムにクラッシュ加工を施したスロウガンのデニムを着用した小林さん。膝に別生地でリメイクした小林さんだけのカスタムモデルとなる。トップにはフランスのヴィンテージをモチーフにしながらも、名作スニーカーのアスファルト柄を落とし込んだスロウガンの新作で、大人なストリートスタイルを演出。ザックリとした大きめのサイジングや足元のスニーカーも注目。

ダメージ部分はレザーを使い、自身の理想のエイジングを体現した。足元はナイキをセレクトし、春っぽい軽やかさを演出。淡いデニムにもよく似合う。

7.ミリタリーJKTで男らしく着こなす!|「サンハウス神南」スタッフ・小峰良介さん

異なる風合いの生地でパッチワーク状にリペアされたダメージデニムは、オリジナルブランドであるバーガスプラスのもの。レギュラーストレートのシルエットで、本来のサイズよりも2インチほど上げて、太めのシルエットを楽しんでいる。トップスは、ミリタリーのシャツジャケットとシャンブレーシャツで、男らしくもありながら、ともに襟付きなのでカジュアルになりすぎない。

前後ともにパッチワーク状のリペアが施されている。ジャストサイズだとリペアデニムの粗野がうまく出ないので、あえて2サイズアップで穿いているそう。

ジーンズ通おすすめの大人向けダメージジーンズブランド5選。

リジッドジーンズを破けるほど穿き込んだジーンズもいいけれど、すでにリペアまで施されているジーンズも世の中には多くリリースされている。そんなリアルな加工のジーンズばかりを集めてみました!

1.FDMTL / ファンダメンタル

津吉学氏が手掛けるデニム中心のアパレルブランド「ファンダメンタル」。日本文化感じるリメイク加工が特徴。こちらはインディゴ染めの生地を中心とした加工生地でリメイク加工を施した一本。まるで日本古来の襤褸を彷彿させるような仕上がりに。ベースとなるデニムは、股上にほどよく余裕を持たせたクラシックストレート。裾幅調整し、パターンを一工夫。(キャチイトーキョー TEL03-3713-5790)

さり気なくバックポケットの片方にだけ、リメイクを施している。これ が特徴的なバックスタイルを演出してくれるわけだ
ダメージ部分には、インディゴ染めの生地をパッチワーク状にリメイクしている。この生地にもしっかりとユーズド加工している

2.ANACHRONORM / アナクロノーム

もはや作品ともいうべき加工の名門。ダメージジーンズに躊躇してしまう大人世代であっても、アナクロノームであれば品よく誰でも履きこなせるはず。こちらは腿周りはほどよくゆったりしていて、裾にかけてのテーパードが強調されたガンマシルエットのモデル。アメリカンコットンを用いた12.5oz のセルビッジデニムを使い、破れやすい膝部分にリペア加工。(アナクロノーム コンテキストギャラリー TEL03-5784-2669)

膝に施したダメージ部分には、デニムのあて布でリペアを施している。 よく見るとトーンの異なるあて布を組み合わせている
ボタンフライ仕様で、オリジナルボタンはすべて錆びつかせている。 リベット部分はオリジナルで製作したスチール素材のもの

3.by GLAD HAND / バイ グラッドハンド

定番デニムであるTYPE-1に何度もダメージとリペアを重ねた力作。ダメージジーンズ好きをも虜にする出来栄えだ。14ozのオリジナルセルビッジを使った太めのストレートシルエットで、よく見るとリペア部分に使ったあて布が箇所によって異なり、まるで古着のようなリアリティを実現している。(グラッドハンド コア TEL03-6438-9499)

クラッシュやリペアだけでなく、長年穿き込んだような汚れ加工もお 見事。ダメージ部分に使ったあて布も箇所によって変えている
背面にはまるでヴィンテージのよう に縮んだレザーパッチが付き、なんともいい雰囲気に。丸みのあるバックポケットも個性的だ

4.SUGAR CANE / シュガーケーン

アメリカ向け衣料メーカーとして誕生したジャパンメイドブランドならではの、漂うアメリカンな雰囲気は唯一無二。質の高さとワイルドさがシュガーケーンの魅力だろう。こちらは理想のエイジングを追求するロンスターシリーズのスリムフィットモデル。砂糖黍の繊維を混紡したオリジナルデニムを使用。10年穿き込んだことを想定した加工は、大胆にダメージを施し、腿から膝裏にかけて大きなあて布を配してリペアした。(東洋エンタープライズ TEL03-3632-2321)

腿から膝にかけては、相当なダメ ージを受けることを想定し、大胆にクラッシュ。破れが広がらないように裏布を当ててリペアした
濃淡だけでなく穿き込みのシワま で再現したエイジングがお見事。トップボタンには錆を施すなど、10年使い込んだ風合いを表現した

5.OLD CROW / オールドクロウ

ボビー・グリーンとグラッドハンドによる共作で、2017年より始動した注目ブランド。こちらのロッダーデニム
は、14ozのセルビッジデニムを使用。うまく濃淡を出したエイジング加工に加えて、さり気ないダメージをプラスしている。(グラッドハンド コア TEL03-6438-9499)

いわゆるヒゲと呼ばれるモモ周りのアタリもしっかりと再現。その部分にさり気なくダメージを入れており、より自然な風合いにした
シルエットは膝下からストンと落ちた男くさい無骨なストレート。色落ちした部分には汚れ加工を施しているのも無骨さを格上げ

※情報は取材当時のものです。現在取り扱っていない場合があります。

▼こちらの記事もおすすめ!

ジーニストに学ぶ! メンズのおすすめジーンズコーディネイト20選。

ジーニストに学ぶ! メンズのおすすめジーンズコーディネイト20選。

2019年12月17日

(出典/「Lightning 2017年5月号 Vol.277」)

SHARE

PROFILE

ラーメン小池

Lightning / ディレクター

ラーメン小池

Lightning編集部、CLUTCH magazine編集部を経て、Lightning編集長を務めた後、現ディレクター。アメリカン・カルチャー、特にヴィンテージ・アメリカンをこよなく愛する。クルマから雑貨まで、あらゆるアイテムに食いつくのが悪い癖

ラーメン小池の記事一覧

Lightning編集部、CLUTCH magazine編集部を経て、Lightning編集長を務めた後、現ディレクター。アメリカン・カルチャー、特にヴィンテージ・アメリカンをこよなく愛する。クルマから雑貨まで、あらゆるアイテムに食いつくのが悪い癖

ラーメン小池の記事一覧

No more pages to load