BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

バンダナのパッチワークデザインが斬新な「Matisse」のリメイクウォレット。

欲しいモノが尽きないライトニング編集部員が、いま気になるモノから実際に購入しちゃったモノまで、ジャンルに限らず何でも紹介! アメリカの某ブランドの小銭入れががま口になったフラップカバーの財布を誰か復活させてほしいと願う、編集部の紅一点・めぐミルクがお届け!

Matisseのリメイクウォレット

いま私は財布難民に陥っている。5年ほど前から使っている現役の財布は、角の革がボロボロになってしまい、とても女性の財布とは思えない状態になりつつある。そろそろ人前で出すのは恥ずかしいかもと、だいぶ前から財布を探しているのだけれど、なんかしっくりくるものがなくて、いまだ財布探しの旅の最中だ。本誌でもカッコよくてステキなウォレットをたくさん紹介しているのだから、そこから選べばいいじゃん! てことになるのだが、そこはごめんなさい! 一応これでもオンナの私には、少々ハードなデザインなのでございますよ(苦笑)。

ロングタイプ(写真)とショートタイプの2種類を用意。ロングタイプは約20×10×3㎝で、小銭入れ、札入れ2室、カード入れ12室、フリーポケット3室と収納力抜群なのも嬉しい。3万800円(プリンチペプリヴェ http://principe-prive.com/collections/matisse)

そんな中見つけたのが、リメイクメーカーのマティスの新作で、ヴィンテージのバンダナを分解、再構築したユニークなウォレット。5色のバンダナをパッチワークのように組み合わせるという斬新さが気になってしまった。通常のバンダナのように洗濯はできないので、使い込んでも色褪せとかヤレとかはなさそう。とはいえ使っているうちに経年変化はするだろうし、それがどんな風に変わっていくのか、それはちょっと楽しみでもある。

基本的にたっぷり入るロングタイプが好みなので、札入れやカード室の数は理想的。内装には頑丈な牛革を使っているので、ハードに使えるのも嬉しい(まだちょっと硬いので、これもきっと少しずつ柔らなくなるんだろうな)。それにこれなら女性が持っていても、ちょっと変わった財布を持っているな、くらいで違和感もなさそうだしね。ということで、このウォレットもボロボロになるまで使ってみたいと思います(金運が下がらない程度にしないとね)。

レザーウォレットを包み込むようにバンダナをつなぎ合わせたデザイン。どこから見ても違う表情を楽しめる
ジッパーの大きめのつまみも革製。手 縫いっぽいステッチがとても味がある。 経年変化も楽しみだ
内側にはブランドロゴをチェーンステッ チしたパッチを設置。シンプルな内装のアクセントになっている
小銭入れを中央に札入れやカード入れなどが左右対称に配置されている。広げやすく中身を取り出しやすい

【問い合わせ】
プリンチペプリヴェ
http://principe-prive.com/collections/matisse

(出典/「Lightning 2020年8月号 Vol.316」)

SHARE

PROFILE

めぐミルク

Lightning / 編集者

めぐミルク

編集部のマドンナ。会社イチのミニマムボディでありながら、その笑い声は会社中にとどろくパワフル女子。文具、カメラの専門誌、旅雑誌などを経て、現在はハンバーガー担当。キャプション書きが異様に早い。ニックネームは某牛乳から

めぐミルクの記事一覧

編集部のマドンナ。会社イチのミニマムボディでありながら、その笑い声は会社中にとどろくパワフル女子。文具、カメラの専門誌、旅雑誌などを経て、現在はハンバーガー担当。キャプション書きが異様に早い。ニックネームは某牛乳から

めぐミルクの記事一覧

No more pages to load