BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

エンジンオイル漏れを予防する頼もしい添加剤「リスローン リアメインシールリペア」。

欲しいモノが尽きないライトニング編集部員が、いま気になるモノから実際に購入しちゃったモノまで、ジャンルに限らず何でも紹介! クルマのメインテナンスや洗車に関連するグッズは、常にストックしておかないと気が済まないので、何か見つけるとついつい買ってしまう……そんなクルマ好き編集部員・ランボルギーニ三浦がお届け!

リスローン リアメインシールリペア

旧いクルマに乗っていると、常に色々なところを気にしていなければならない。異音、異臭、そしてオイル漏れや水漏れ……。これらは現代車も同じだが、パーツが消耗している確率は旧車の方が高いため、異変を素早く察知して大事になる至る前に対処するのが、大切に乗り続ける秘訣なのである。

そんなわけで、私は常に様々なメインテナンスグッズを車内に常備し、10日に1回は出かける前にフロントフードを開けて、細部をチェックしている。こんなに頻繁に行う必要は必ずしもない。しかし、私は毎日のように乗っているうえに、気になってしまう性分なので、これはしょうがないと割り切っている。これのおかげか、この10年間で大きなトラブルにも見舞われずに済んでいる。だからこそ、ずっと続けてきたのである。

大きなスーパーやホームセンターに行くと、駐車場にオイル染みがたくさんあることに気付く。これらは私のような’70年代の旧車のものではない。ほとんどが現代車のもの。つまり、いかに気にせず乗っている人が多いかということ。新しいからといって、過信してはいけない。クルマは使ったら使った分だけパーツが消耗している。それを意識しないで乗り続けると、いつしかとんでもないトラブルに見舞われることになるのだ。

クルマのエンジンも随所にシール、つまりパッキンが施されている。これは経年で劣化するため機能しなくなると、次第にオイルが滲み出てくる。特にエンジンオイルが漏れやすい箇所が、トランスミッションとの繋ぎ目付近にあるリアメインシールだ。この添加剤は弱ったシールを保護して漏れを防いでくれる。実勢価格2600円前後。Amazonでの購入がオススメだ。

今回紹介するこのリスローンというブランドは、1921年創業の老舗でアメリカ製のプレミアムな添加剤として抜群の知名度を誇る。このエンジンオイル漏れ防止剤は、エンジンオイルの注入口から注ぐ。一般的な自家用車は4〜6ℓのエンジンオイルが使われているが、それに対してこの500㎖を1本の割合で入れよう。160㎞走行すると効果が現れる。

使用の際にはエンジンオイルの注入口もしっかり拭いて綺麗にしておこう。そしてこういう時にはこのスコット社のショップタオル・ブルーロールというペーパータオルがオススメ! オイルを綺麗に吸ってくれるので、キッチンで使うのも便利。水に濡れても絞れば使えるため、布巾代わりに使う主婦も多いそう。元々はクルマのメカニック御用達のアイテムだ。

(出典/「Lightning 2020年8月号 Vol.316」)

SHARE

PROFILE

ランボルギーニ三浦

Lightning / 編集者

ランボルギーニ三浦

全国的に名を轟かせていた札幌の老舗ヴィンテージショップに就職。29歳で上京。Lightning編集部、兄弟誌・2nd編集部で編集長を務めた後、現在は、Lightningに。ヴィンテージ、古着の知識はその道のプロに匹敵。ランボルギーニ三浦の由来は、もちろんあの名車

ランボルギーニ三浦の記事一覧

全国的に名を轟かせていた札幌の老舗ヴィンテージショップに就職。29歳で上京。Lightning編集部、兄弟誌・2nd編集部で編集長を務めた後、現在は、Lightningに。ヴィンテージ、古着の知識はその道のプロに匹敵。ランボルギーニ三浦の由来は、もちろんあの名車

ランボルギーニ三浦の記事一覧

No more pages to load