BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

セミオーダーで世界にひとつだけの「ルイスレザーズ」の革ジャンを手に入れる!

モーターサイクルやロックなど様々なカルチャーと結びつき、英国ブランドならではのスタイリッシュで洗練されたデザインが高い人気を誇る、ルイスレザーズ。直営店で可能な、自分の好みや体型に合わせて仕様を変更し、ディテールも着心地も自分にぴったりの1着を完成させるカスタムオーダーの詳細を紹介する。

▼革ジャンを詳しく知りたいならこちら!

革ジャンを選ぶ時に知っておきたい7つのこと。-おすすめからコーデ、お手入れまで‐【保存版】

革ジャンを選ぶ時に知っておきたい7つのこと。-おすすめからコーデ、お手入れまで‐【保存版】

2020年01月19日

直営店でセミオーダーに挑戦してみない?

現存するレザーブランドの中でも一際歴史が長く、イギリスメイドを貫き続けるルイスレザーズだが、日本の直営店でセミオーダーが可能なことをご存知だろうか?

既存のモデルをベースに、レザーやディテールの変更、サイジングなど、一人一人のユーザーに合わせた仕様でレザージャケットを製作することができるのだ。

ヴィンテージ市場でも人気が高いブランドだけに、ライニングやジップテープ、パッチの形状など、ディテールのオーダーはヴィンテージを意識した選択肢も用意されている。ファッション的な視点に加え、バイクに乗る上での所作を考慮したサイジングなど、それぞれのユーザーのライフスタイルに合わせたカスタムが可能だ。

オーダーで自分仕様に作ったレザージャケットは、デザインのユニークさだけでなく、動きやすさや着心地といった点でも既製品と差が出るのは当然のこと。カスタムオーダーなら、生涯の相棒となりうる自分だけのルイスレザーズを手に入れられるのだ。

まずはベースモデルを選ぶべし。

『笑わない男』の異名を持ち、ラグビーワールド カップで日本中から注目を集めた代表の稲垣選 手は昨年ライトニングをオーダー。鍛え上げら れた逆三角形の身体にもジャストフィット

ルイスレザーズでは30種類近いモデルをラインナップ。基本デザインは変更できないので、その中からベースを選んでディテールのカスタムを施すことができる。モデルによってシルエットが異なるが、サイズオーダーすれば身体に合わせられるのでご安心を! 人気のモデルを4つ紹介しよう。

SUPER MONZA

ダブルブレステッド×スタンドカラーのレーシーなスタイル。肩肘に配されるパッドが機能性を兼ね備えるアクセント。19万2500円〜

LIGHTING

水平ポケットやフロントに回り込むサイドバックルなど、英国製ライダースの象徴的なディテールを備える定番モデル。19万300円〜

DOMINATOR

シド・ヴィシャスが着用したことでも知られるシングルライダース。ウエストにサイドベルトを配するためサイズ調整が可能。19万300円〜

CYCLONE

3ポケット構成のシンプルなダブル。ジッパーエンドをフラップで覆うため車体を傷付けにくく、バイク乗りに人気のモデル。19万300円

レザー、ライニング、ジッパーテープ……あなたなら何を選ぶ?

カスタムはレザーの種類、ライニング、パッチ、ジッパーテープ、サイジングを調整して自分仕様の1着を作ることができる。次の項で紹介するカスタムサンプルのように、ジッパーテープやパイピングの色を変えるだけでも印象がガラリと変わり、既製品にはない存在感を手に入れられるのだ。また、「ルイスはシルエットが細いか
ら……」と諦めていたビッグマンもサイズオーダーで自分ぴったりに作ることができるので、是非試してほしい。

レザー

レザーはホース、シープ、カウを中心とした5種類をラインナップ。さらに、ホースハイドとシープスキンではカラーオーダーも可能。

【Leather Variation】
ホースハイド+0円/シープスキン+0円/カウハイド+1万1000円/ラットランド シープスキン+1万1000円/ベジタブル タンニン カウハイド+7万7000円
【Color Leather】
単色+2200円/コンビネーションカラー/+7700円

ライニング

ライニングは写真のウール製タータンチェックと赤キルティング、ブラックナイロンニットの3種類。タータンチェックのみ+8250円

パッチ

パッチはオーバルとスクエアから無料で選択可能。スクエアはルイスのヴィンテージで多く見られるクラシカルなデザイン。だ。

ジッパーテープ

コットンテープの色をブラックorベージュ。ベージュはブラックのテープが長年の使用で焼けたヴィンテージをイメージしたもの。

サイズオーダー

採寸によるサイズオーダーが可能なのは東京、大阪の直営店のみ。従来のサイジングをベースに着丈、袖丈、裾巾の3カ所を調整して自分にぴったりのジャケットを作ることができる。+1万1000円

Lewis Leathersカスタムサンプル。

1892年創業、英国製レザージャケットの代名詞と言え るルイスレザーズのヴィンテ ージの紹介と共に、創業からの奇跡を辿るアーカイブ。 ルイスの歴史を学ぶにはまずはココから。7590円

革ジャンは一生モノ、着込むことで進化し続ける終わりなき旅のような存在だ……。一度手に入れたら付き合いが長くなるアイテムだけに、どうせならディテールにも自分だけのこだわりを詰め込みたい。ココで紹介する6つのカスタムサンプルを参考に自分なりの1着をイメージしてみよう。

1.CYCLONE(サイクロン)|両腕のリングカスタムがレーシーな雰囲気を演出。

ルイスレザーズジャパン代表の後藤さんがオーダーで製作したサイクロン。

味わい深いダークグリーンのシープスキンを使用し、両腕のリングカスタムによって程よくレーシーなテイストが加えられている。

タウンユースやバイクライドで長年着続けているため、落ち着いたグリーンの色味やシボ感が強調され、大人っぽい表情に仕上がっている。

2.BRONX(ブロンクス)|ヴィンテージをモチーフとしたクラシカルなカスタム。

ブロンクスのカスタムは、タータンチェックライニングやベージュのジップテープ、スクエアパッチなど、一見シンプルだがディテールをクラシカルなイメージで統一。渋なめしのシープスキンを使用しているので、着込んだ先はヴィンテージのような姿になるはず。

3.DOMINATOR(ドミネーター)|ついにルイスの“茶芯” が味わえる!

2020年1月よりオーダーが可能になったばかりのニューマテリアル、ベジタブルタンニンカウハイドで製作した1着。丘染めで仕上げた肉厚なイタリアンカウハイドなので、“茶芯” のエイジングを楽しめる。さらに内ポケットを追加し、機能性を向上させている

4.CYCLONE(サイクロン)|さりげないコンビカラーにセンスが光る大人のカスタム。

シープスキンのサイクロンをベースとしたコンビカラーカスタム。パイピングや袖ジッパーのガセット、サイドベルト、襟裏など細かいパーツにネイビーレザーを採用することで、さりげなくオリジナリティを主張。首元のネイビーがチラ見えするバックスタイルも◎。

5.SUPER MONZA(スーパーモンザ)|鮮やかなレッドのホースハイドで個性を主張!

発色の良いレッドのホースハイドで製作したスーパーモンザ。レザーの色と合わせてレッドキルティングのライニングを採用し、パッチはクラシカルなスクエアをチョイス。レッドのレザーにベージュのジップテープを使用し、あえてコントラストを抑えている。

6.LIGHTNING(ライトニング)|色のチョイスで雰囲気がガラリと変わる2トーンカスタム。

レディスのライトニングがベースのコンビカラー。ブラック×グリーンのツートーンが存在感抜群! 発色の良いカラーリングが揃うホースハイドならではのカスタムは、ハードなイメージのライダースにポップな味付けを加えられるので女性にもオススメだ。

【問い合わせ】
ルイスレザーズ東京
TEL03-6438-9215
http://www.lewisleathers.jp

▼こちらの記事もおすすめ!

衣替え前に、その革ジャン、カスタムしてみない?

衣替え前に、その革ジャン、カスタムしてみない?

2020年03月21日

(出典/「Lightning 2020年4月号 Vol.312」)

SHARE

PROFILE

モヒカン小川

Lightning / 編集者

モヒカン小川

幼少期の革ジャンとの出会いをきっかけにアメカジファッションにハマる。特にレザー、ミリタリーの知識は編集部随一を誇り、革ジャンについては業界でも知られた存在である。トレードマークのモヒカンは、やめ時を見失っているらしい

モヒカン小川の記事一覧

幼少期の革ジャンとの出会いをきっかけにアメカジファッションにハマる。特にレザー、ミリタリーの知識は編集部随一を誇り、革ジャンについては業界でも知られた存在である。トレードマークのモヒカンは、やめ時を見失っているらしい

モヒカン小川の記事一覧

No more pages to load