BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

町田の人気古着屋「JAM」がおすすめする英国ヴィンテージ16選。

町田にある人気ヴィンテージショップであるジャム。共同オーナーで、今回取材した大嶋さんはイギリスとフランスを担当し、内田さんがアメリカを中心にバイイングを行っている。その2つの強い個性がいい具合に混ざり合い、なんとも魅力的なセレクトとなっている。近年、英国のヴィンテージが盛り上がっているが、大嶋さんにその傾向を聞いた。

「無数の古着を触っていると生地がいいと感じるのが英国なんです」

「JAM」大嶋尚広さん|町田にある名店、ジャム。アメリカ、イギリス、フランスの古着を独自の感覚でミックスした品揃えは業界内でもファンが多い。イギリスのヴィンテージの醍醐味を欧州担当バイヤーの大嶋さんに語ってもらった。

「ファッションの主流がオーバーサイズになったこともあり、バーバリーやグレンフェル、アクアスキュータムなどのクラシックなオーバーコートは人気が上がっていますね。特に一枚袖と呼ばれるアウトシームのないバルマカーンコートは人気がすごく、入荷の度にすぐ売れてしまいます。バーバリーならライダーやタイロッケンなどのレアなモデルや、珍しいファブリックの仕様はかなりのプライスになっていますね。

ヴィンテージのオーバーコートは、アクアスキュータムのもの。着丈の短いモデルを選べば、スタイリッシュに着こなすことができるのだ

また最近再燃しているのがバブアーです。以前に流行った時は小さなサイズがメインだったのですが、今は40以上のものが人気を集めていますね。また有名ブランドやセレクトショップなどが手掛けたことから、スペイなどのユニークなモデルやラグランスリーブのロング丈など、今までは躊躇していたようなキャラクターの強いものが人気を集めています。

コンディションやデザインもしっかりと吟味しているので、古着に抵抗がある人でも問題なし。グレンフェルを筆頭に、デッドストックのものもかなり揃っている。アメリカ物は1950年代のオープンカラーシャツやミリタリーウエア、リーバイスなどの王道を抑えつつも、センスの良いコアなアイテムもうまくブレンドしているのが好印象

個人的に狙い目なのがニットですね。特にスコットランド製のカシミアでブラックカラーというのはかなり数が少なく、クルーネックとなるとさらに数が減る印象です。全体的に見ると、イギリスのヴィンテージはとにかく生地が素晴らしい。バイイングをする時に手触りだけを頼りにピックアップするとだいたいイギリスなんですよ」

ビルの2階にあるショップ内には、イギリス、アメリカ、フランスのヴィンテージに加えて、現行のブランドもミックスされている。それでいてどこか共通点があるから不思議だ
スーベニアジャケットなどの王道アイテムも抑えつつ、通好みなアイテムもうまくミックスするセンスが素晴らしい。入荷日は入場規制するほどの人気ぶり。SNSは要チェックである

大嶋さんセレクト! 注目の英国アイテムを紹介!

いま人気のオーバーコートの名品を数多くストックする「JAM」。バーバリーやバウアーのものが特に人気だ。また、バウアーの珍モデルの価格は高騰中。そのほかニットやシューズなど16アイテムをピックアップしてもらった。

1.バーバリーのネイビーコート

1990年代のバーバリーのコートは、数少ないネイビーのローデンウールで、袖の生地が1枚布になった通称1枚袖の仕様。ウエストベルトが付くのもポイント。こういった珍しい仕様は高騰している。21万7800円

2.バーバリーのバルマカーンコート

1990sのバーバリーのバルマカーンコート。ポイントはアイリッシュツイードで一枚袖の仕様であること。この仕様はシルエットが大きめ。21万7800円

3.バーバリーのギャバジン仕様のバルマカーンコート

王道のバーバリークロスと比べると数が少ないが、ほどよいプライスで手に入るギャバジン仕様のバルマカーンコート。タグより1996年製。3万2780円

4.バーバリーのブラックコート

バーバリーの中でも数が少なく、人気が高いブラックカラー。1990年代の1枚袖仕様。コットンポリエステルのファブリックを使用。19万5800円

5.バウアーのトレンチコート

近年盛り上がっているバブアーのトレンチコートは、現行では展開されていないユニークなモデル。ロング丈でビッグシルエットなので、今っぽく着られる。4万3780円

6.グレンフェルのトレンチコート

1990年代のグレンフェルのトレンチコートはデッド。バーバリーに比べると生地のバリエーションが豊富に揃っているのも嬉しい。5万4780円

7.アクアスキュータムのダブルブレストコート

1980年代のアクアスキュータムのダブルブレストコート。ウールギャバジンでシャワープルーフ仕様。ニューヨークのデパートの別注。6万5780円

8.バブアーのロングショアマン

プルオーバーでオーバーサイジングのシルエットが人気を呼んでいるロングショアマン。3クレストタグの1990年代のモデルでほぼデッドストック。8万7780円

9.バブアーのスペイ

大手セレクトショップが別注したこともあり、近年盛り上がっているのが、フライフィッシング用に展開されたバブアーのスペイである。4万3780円

10.バブアーのエンデュランス

バブアーと言えば、オイルドクロスが代名詞であるが、1990年代に数年間しか作られていないベンタイルのエンデュランス。人気急上昇中。8万7780円

11.1960〜’70年代のワークシャツ

1960〜’70年代のワークシャツは、イギリス軍に納品されていたコットン生地であるエアテックスを使用している。着丈の長いクラシックな仕様である。1万7380円

12.スコットランド製のカシミアニット

あったら買っておきたい筆頭株が、スコットランド製の黒いカシミアニット。これは1970年代のハロッズ。特にクルーネックは少ない。大嶋さん私物。

13.砂漠用のミリタリーウエア

1940年代にイギリスのスペシャルエアサービス(通称SAS)で使われていた砂漠用のミリタリーウエアは滅多に出ないスペシャルピース。シルエットも絶妙だ。14万800円

14.プリングルのカシミアカーディガン

イギリスを代表するニットメーカーのひとつでロイヤルワラントを持つプリングルのカシミアカーディガン。古着ならこんな価格で買える。1万4080円

15.クロケット&ジョーンズ製のジョージブーツ

イギリス陸軍に納入されていたジョージブーツ。ポイントはほとんど見かけることのないクロケット&ジョーンズ製ということ。状態も素晴らしい。5万4780円

16.クラークスのデザートブーツ

1980年代のクラークスのデザートブーツは、デッドストックでUK9とUK9.5を発掘。希少なメイド・イン・イングランドはラストが細く人気が高い。3万2780円

シューズも豊富にラインナップする「JAM」

【問い合わせ】
ジャム
TEL042-723-8284
http://jam-clothing.com/

▼人気のアメカジショップを探すならこちら!

(出典/「Lightning 2020年4月号 Vol.312」)

SHARE

PROFILE

ランボルギーニ三浦

Lightning / 編集者

ランボルギーニ三浦

全国的に名を轟かせていた札幌の老舗ヴィンテージショップに就職。29歳で上京。Lightning編集部、兄弟誌・2nd編集部で編集長を務めた後、現在は、Lightningに。ヴィンテージ、古着の知識はその道のプロに匹敵。ランボルギーニ三浦の由来は、もちろんあの名車

ランボルギーニ三浦の記事一覧

全国的に名を轟かせていた札幌の老舗ヴィンテージショップに就職。29歳で上京。Lightning編集部、兄弟誌・2nd編集部で編集長を務めた後、現在は、Lightningに。ヴィンテージ、古着の知識はその道のプロに匹敵。ランボルギーニ三浦の由来は、もちろんあの名車

ランボルギーニ三浦の記事一覧

No more pages to load