BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

愛犬たちと遊ぶための、カスタムVW(フォルクスワーゲン)トランスポーター 。

愛犬家であり多岐にわたる趣味を持つ「Anea Cafe/Botanize」代表・anekenさんの愛車は、現行車のVWトランスポーター。彼らしいカスタムが施されたT6はアーバンオフローダーのお手本としてチェックしたい。

シンプルながらも存在感のあるフェイスがお気に入り!

おしゃれなドッグカフェの先駆け的な存在である「アネアカフェ」を手掛ける一方で、塊根植物を中心としたエキゾチックプランツ専門店の「ボタナイズ」もディレクションするアネケンさん。今までオフロードやSUVなど男らしいクルマを乗り継いできた彼が選んだ現在の愛車は、現行のVWトランスポーターにブロックタイヤを履かせたアーバンオフローダー仕様だ。

休みの日には、愛犬たちと近くの公園に行くのが定番の過ごし方。サルーキーのルトちゃん、ウィペットのアビーちゃん、サラちゃんの三匹がアネケンさんの愛犬である。
ベッドにカスタムしたスペースは愛犬たちの定位置

「毎日の通勤だけでなく、愛犬を載せたり、キャンプなどにもけるようにとこのクルマを選びました。エクステリアはリフトアップして、真っ黒に塗った純正ホイールとオフロードタイヤを履かせることで、商業車っぽさをうまく中和させています。車内は3列目のシートをDIYでベッドにしているので3匹いる愛犬たちも快適に過ごせているようです」

と話す彼は車内を広く使うためセカンドシートを外しているのもポイント。ターボエンジンなので、パワーもあり、長距離移動も気持ちよく走れるのがお気に入りなのだとか。

ベッドスペースの下のカーゴスペースには、アウトドアギアも常に積載している。モノトーンで統一したセンスのいいセレクトもアネケンさんらしい。近所の公園に行く際には、チェアやドリンクなどを入れるクーラーボックスを持参するのがアネケン流。これだけでもちょっとしたピクニック気分が味わえるのだとか

2017 VOLKSWAGEN T6 TRANSPORTER(2017年式フォルクスワーゲンT6トランスポーター・シャトル)

Type2をルーツとし、VWトランスポーターの第6世代となるのがT6。これはトランスポーター・シャトルというグレードがベース。商用仕様の樹脂バンパーを装着しているのが特徴で、少しだけリフトアップさせ、グッドリッチのオールテレーンを履かせることで土の匂いをプラスしている。

  • 2017 年式 フォルクスワーゲン T6 トランスポーター・シャトル
  • 全長490.4 ㎝ 全幅199 ㎝ 全高190.4 ㎝
  • エンジン:1960cc(ディーゼル)

続いてカスタムや車両のポイントを見ていこう。

ホイール

純正ホイールをマットブラックでペイント。グッドリッチのオールテレーンタイヤは245/65-17を装着していて迫力満点だ。

シート

本来は3列シートだが、2列目を外してリムジン使用にアレンジ。そのためスライドドアを開ければラクラク車内に乗り込めるのだ。

ディーゼルターボエンジン

150PSのディーゼルターボエンジンを搭載。経済的かつ、実用的なのがお気に入りなのだとか。車両は大阪のGAKUYAにて購入した。

カーゴ

ベッドスペースの下をカーゴスペースとして活用。大型のクーラーボックスが楽に収まるほどの大容量なので、想像以上に荷物が積める。

近年注目されているディーゼルターボエンジンを搭載しているので、 トルクがあり都内や高速道路でもストレスなく移動できる。高年式ならではの快適な装備も魅力的な車両は愛犬家に最適なのだ。

(出典/「Lightning 2020年8月号 Vol.316」)

SHARE

PROFILE

サカサモト

Lightning / 編集者

サカサモト

編集部のなんでも屋。CLUB HARLEY→Lightning→2nd、そして再びLightning編集部へ移籍。結果クルマ、バイク、古着などオールラウンダー編集者に。ニックネームは、スキンヘッドにヒゲ面をいう「逆さ絵」のような顔に由来する

サカサモトの記事一覧

編集部のなんでも屋。CLUB HARLEY→Lightning→2nd、そして再びLightning編集部へ移籍。結果クルマ、バイク、古着などオールラウンダー編集者に。ニックネームは、スキンヘッドにヒゲ面をいう「逆さ絵」のような顔に由来する

サカサモトの記事一覧

No more pages to load