BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

オフロード仕様にカスタムされた国産バン「デリカ」&「ステップワゴン」に注目!

毎年発売される数多くの車種に埋もれ、目立たない存在のバンに、オフロードエッセンスを加えてドレスアップするのが流行のきざし。海外のバンに比べ、そのポテンシャルの高さに目を向けてもらいにくい国産バンが、その魅力を最大限に引き出されて生まれ変わった2台を紹介しよう。

いまカスタムするなら都会的なオフロード仕様が気分!

クルマのイメージはボディカラーによるところが大きい。それゆえ各自動車メーカーは、モデルごとにコマーシャルやカタログに登場するカラーを設定するのだ。逆に考えるとこの固有車種に紐付けられているボディカラーを壊すことで、このクルマの新鮮な一面が見えてくる。

神奈川県のオートモーティブジャパン(以下AMJ)では、独自で設定したアース系のボディカラーにペイントし、バンパーやグリルなどをブラックアウトすることで、黒バンパーの商用車感を出しつつ、ちょっとワイルドなオフロードタイヤを履くことで、独自の「都会で乗っても楽しいオフロードスタイル」を確立している。ここに紹介するマイナー前のデリカD:5もそんな同ショップのセオリーでカスタマイズされた一台だ。

元々オフロード色の強いデリカだが、さらにオリジナルコイルで1・5インチリフトアップした上で、スチールホイール風のBRUT BR44アルミにホワイトレターのオールテレーンタイヤを組み合わせて足まわりをブラッシュアップ。さらにボディはお店でも人気のセラドングリーンに、バンパーやグリルなどを半艶のブラックでペイントすることで、よく見かけるD:5が驚くほど新鮮に見える一台に変身を遂げたのだ。

2007 MITSUBISHI DELICA D:5(2007年式 三菱 デリカ D:5)|ボディカラーとポイントを抑えたカスタムでクールに大変身!

昨年の大規模マイナーチェンジで、フロントフェイスが大幅に変更されたデリカD:5だが、実はモデルチェンジ前は中古市場でも比較的安価にベースを購入できるようになった。今回はそんな前期D5をベースにオートモーティブジャパン(以下AMJ)がカスタム。元々車高が高いD:5なので、オフロードテイストは最初から備わっている車種。そこで1.5インチのリフトアップと、社外のオーバーフェンダーでそんなテイストを倍加。ちなみにベース車両のグレードや走行距離にもよるが、AMJではこれでおおよそ200万円前後となるそうだ。

  • 2007 年式 三菱 デリカD:5
  • 全長473㎝ 全幅179.5 ㎝ 全高187㎝ 車両重量1780kg ※ カタログ数値
  • エンジン:2359cc(ガソリン)

続いてカスタムや車両のポイントを見ていこう。

テールライト

ボディの雰囲気に合わせてテールライトはスモークペイントでブラックアウト。これだけで大きく雰囲気が硬派になる。

ヘッドライト

ヘッドライトもベースとレンズを一旦分解し、通常シルバーやクロームの部分を全てブラックでペイント。これで精悍でワイルドな顔立ちになる。

ホイール

パッと見は純正のスチール製に見えるホイールはBRUT BR 44というアルミ。225/ 75‐16のオールテレーンタイヤをセット。

【コラム】新型のギラギラし過ぎた顔もこのカスタムならカッコよく乗れる!

AMJでは早くもニューフェイスのデリカD:5をカスタム進行中。なんと新車をいきなりペイント。その甲斐あって最高に個性的な一台に! ブラックグリルが新型デリカD:5 の雰囲気を大きく変える。

新型モデルの特徴的なダイナミックシールドグリルは丸ごとブラックアウト。さらにロアバンパーやサイドシルなどもブラックで塗装している。ギラギラしたイメージが強い新型デリカD:5だが、落ち着いた雰囲気のボディカラーと黒塗装のグリルによって驚くほど硬派な雰囲気。

2010 HONDA STEP WGN(2010年式 ホンダ ステップワゴン)|おとなしいイメージのステップワゴンがワイルドな雰囲気に!

’15年にフルモデルチェンジを果たしたステップワゴンの先代モデルは、歴代の中でも比較的地味で堅実なイメージだが、AMJの手に掛かるとこの通り。ボディカラーはAMJオリジナルのロイヤルアッシュブルーで、グリルやバンパーはブラックアウト。オリジナルの1.5インチリフトアップコイルで車高を若干アップ。純正の15インチスチールホイールにマッドスターラジアルMTの195/65-15タイヤを組み合わせることで、ヘビーデューティな雰囲気がグンとアップしている。これならアウトドアアクティビティの相棒としても最適だ。

  • 2010年式 ホンダ ステップワゴン
  • 全長469 ㎝ 全幅169.5㎝ 全高181.5 ㎝ 車両重量1600kg ※ カタログ数値
  • エンジン:1997cc(ガソリン)

グリルやバンパーをブラックアウトした上で、デリカ同様にヘッドライトを分解して内部をブラック塗装。こういった細かな部分にこだわった作りがAMJスタイルだ。

完成車のストック台数は常に60台オーバーアーバンオフロードスタイルの総本山「AMJ」へ行ってみよう!

第三京浜の都筑インターからほど近く、アクセス良好の場所にあるAMJは創業初期からアーバンオフロードスタイルを追求し続けるショップ。ストックヤードには、60台以上の完成車がズラリと並び、これに作業中の車両も含めると、常時80台近くをストックしている。

AMJの車両は、サハラストーンメタリック、ロイヤルアッシュブルー、セラドングリーン、フォレストグリーンというオリジナルカラーでペイントされる。

一方店内はウッディな雰囲気。完成車だけでなく、キャリアやシートカバー、ルーフバッグといったアイテムがディスプレイされる。ゆったりとした商談スペースを持つショールーム内にはキッズスペースも完備しており、家族連れで訪れても問題ない。

ショップの外にディスプレイされているのは、同社のデモカーでもあるハイエースのカスタム。ヘッドライトは丸目にコンバートされ、ルーフテントを装着し、アウトドアムード満載。こちらも必見。

【DATA】
AUTO MOTIVE JAPAN
横浜市都筑区早渕3-34-38
TEL045-534-6071
営業/10:00〜19:00
休み/月曜
http://automotivejapan.spcar.jp

(出典/「Lightning 2020年8月号 Vol.316」)

SHARE

PROFILE

サカサモト

Lightning / 編集者

サカサモト

編集部のなんでも屋。CLUB HARLEY→Lightning→2nd、そして再びLightning編集部へ移籍。結果クルマ、バイク、古着などオールラウンダー編集者に。ニックネームは、スキンヘッドにヒゲ面をいう「逆さ絵」のような顔に由来する

サカサモトの記事一覧

編集部のなんでも屋。CLUB HARLEY→Lightning→2nd、そして再びLightning編集部へ移籍。結果クルマ、バイク、古着などオールラウンダー編集者に。ニックネームは、スキンヘッドにヒゲ面をいう「逆さ絵」のような顔に由来する

サカサモトの記事一覧

No more pages to load