BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ケーキショップのトランポとして活躍する、かっこいいシボレー シェビーバンを拝見!

国産バンもいいけれど、やっぱり外国車、そしてヴィンテージバンに憧れる。男前な面構えでありながら、ケーキショップのトランポとして活躍するシェビーバン。旧車ながら機関をアップデートし、実用的に使っているオーナーを紹介する。

働くクルマとして活躍するヴィンテージバン。

ショップのファサードと愛車のカラーリングもマッチしていて、モダンな雰囲気を作り上げているのが好印象

千葉県鎌ケ谷市にあるパティスリー・ル・シエルは地元の人に愛されるケーキショップ。そんなお店の脇には、キュートなバンが停まっている。今から半世紀以上前に製造されたシボレーのパネルバンは、丸目のヘッドライトが特徴的だが、フロントガラス下にボウタイエンブレムがなければ、シボレーであることもわからないほど個性的。

「パティスリー ル・シエル」代表・宮本崇市さん|ホテルでパティシエとしての修業を積んだ後に独立。シェビーバンを運転する嬉しそうな宮本さんから一転、オーブンを操り、焼き具合をチェックする横顔は真剣そのもの

しかも、日本ではあまりお目にかかることのない希少な車種だけに、ショップのアイコンとして知られているのだ。代表の宮本さんは、かつてXJチェロキーに乗っていたそうだが、旧いバンの魅力にハマり、近年ようやくこのクルマと出会い、念願のバンオーナーとなったという。

元々旧いクルマが好きだったそうだが、修行時代はずっとガマンをしていたそう。その反動か独立して一気に身の回りは旧いクルマだらけになってしまったそうだ

「以前から旧いバンに興味があって、ずっと’60年代のエコノラインやシェビーバンを探していたんです。そこで横浜のディーズクルーでこのクルマと出会ってしまって即決でした。エンジンはシボレーのV8に載せ替えているので、パワーも十分。運転も極めて快適です。将来的には冷蔵設備を積んで、ケーキの運搬も可能にしたいと考えているんです」

通りから見える位置に停まっているため、お店の看板にもなっている。将来的には冷蔵設備も搭載し、本格的な“働くバン”として活躍する予定。まさにお手本のようなバンライフを楽しんでいる。

宮本さんが手に入れたのは側面に窓のないパネルバン。取材後の現在ではショップロゴが側面に入り、名実ともに看板車となっている

1966 CHEVROLET CHEVY VAN(1966年式 シボレー シェビーバン)

シェビーバンは’64年にコルベアワゴンの後継モデルとして登場。正式にはGシリーズと呼ばれ、こちらはライトデューティのG10という名称。オリジナルは直列6気筒だが、このクルマは305ciのV8に換装済みで、快適なドライブを実現している。

  • 1966年式シボレー シェビーバン
  • 全長425㎝ 全幅185㎝ 全高196㎝
  • エンジン4900cc(ガソリン)

続いてカスタムや車両のポイントを見ていこう。

ステアリングコラム周辺

ステアリングコラムにタコメーター、ダッシュセンターに3連のメーターを追加しているが、基本的にはストックをキープ。

エンジン

運転席の下に搭載されるエンジンは305ciのシボレー製V8に乗せ替えられている。ミッションはコラム3速マニュアルとなる。

カーゴ

カーゴスペースは内装がしっかり貼られており、対面ベンチシートが設置されているが、将来的には冷蔵設備を搭載したいそうだ。

ホイール

ホイールはアメリカンレーシングのVECTOR15インチ。リアタイヤは275/60という迫力満点のサイズで、若干の前傾スタイルに。

こんなアメリカンでタフは商用車に乗っているケーキ屋さん。ぜひともバンとケーキに出会いに訪れてみてほしい。

【DATA】
パティスリー ル・シエル
千葉県鎌ケ谷市南初富1-13-10
TEL047-401-0484

(出典/「Lightning 2020年8月号 Vol.316」)

SHARE

PROFILE

ラーメン小池

Lightning / ディレクター

ラーメン小池

Lightning編集部、CLUTCH magazine編集部を経て、Lightning編集長を務めた後、現ディレクター。アメリカン・カルチャー、特にヴィンテージ・アメリカンをこよなく愛する。クルマから雑貨まで、あらゆるアイテムに食いつくのが悪い癖

ラーメン小池の記事一覧

Lightning編集部、CLUTCH magazine編集部を経て、Lightning編集長を務めた後、現ディレクター。アメリカン・カルチャー、特にヴィンテージ・アメリカンをこよなく愛する。クルマから雑貨まで、あらゆるアイテムに食いつくのが悪い癖

ラーメン小池の記事一覧

No more pages to load