BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

お笑いコンビ「バッドボーイズ」佐田改め“作田”さんがDIYしたハイエースがヤバい!

お笑いコンビ「バッドボーイズ」の佐田さんは、DIYのスペシャリストとしても知られ、最近では「SATA builder’s」の“作田さん”名義で、ユーチューバーとしても活動中。そんな作田さんが手掛けた特別なハイエースを紹介しよう!

ヤレた雰囲気をペイントで再現した“作田さん”のハイエース。

クルマは、洗車してピカピカに磨いておくのがカッコイイ。これまで当たり前だったクルマの概念を覆し、汚れている方がカッコイイという新たな価値観で作られたのが、ここで紹介するハイエースだ。

2016 TOYOTA HIACE VAN DX(2016年式トヨタ ハイエースバン DX)

何年間も屋外で雨ざらしにしたような リアルな風合いを再現

このクルマは、フレックスからの依頼で佐田工務店が2017年に始動した「カーリノベーションプロジェクト」によって誕生したもの。

内装はアメリカの古材と鉄を組み合わせたインダストリアルな工房を再現。 右リアウィンドー部の棚には、ヴィンテージの工具を飾っている

最近でこそヴィンテージカーの世界では、“バーンファインド(納屋で見つかったままの状態)”という言葉が生まれ、経年によってヤレた見た目をキープしつつ、機関系や内装だけを綺麗にして乗るというスタイルが注目され始めているが、当時はかなり斬新な発想だったはず。

佐田工務店ではクルマのリノベーションはこれが初仕事だったというが、“工房”をテーマにスタートしたこのプロジェクトは、ほとんどアドリブのDIYで2018年春に無事完成した。

そんな佐田工務店のDIY作業は、現在ユーチューブで楽しむことができる。実は佐田さん、この春からユーチューバーとしての活動も開始した。“モノを作る”をテーマに、ペンネームも佐田改め作田(つくるた)として、様々なモノをDIYしているのだ。今後どんなDIYを見せてくれるのか、見逃せない。

佐田工務店が手掛けた2016 TOYOTA HIACE VAN DXのディテールをチェック!

外装も内装も佐田工務店によるDIYカスタムで“別人” に生まれ変わった、200系ハイエースDX。もともとは新古車だったというから驚きだ。作業車をイメージしており、あえてGLグレードではなくDXをチョイスしている点もポイント!

  • 2016年式 トヨタ ハイエースバン DX(GL パッケージ)
  • 全長469.5 ㎝ 全幅169.5 ㎝ 全高198 ㎝ 車両重量1770 ㎏ ※ カタログ数値
  • エンジン:2000cc(ガソリン)

フロントシートとの間は古材で仕切り、そこに佐田工務店の大きな看板をセット。右スライドドアの内装も取っ払って男らしい雰囲気を演出。

往年のトヨタ車を彷彿とさせる、フロントのTOYOTAのアルファベットエンブレム。それを味わい深いペイントで再現している。

堅牢な作業車のイメージを引き立てる鋲は、実はこれ、ホームセンターに売っているゴム製のソフトクッションだというから驚きだ。

フロントフードの角にはリアルな凹みも。これは実際にハンマーなどで凹ませ、それに合わせたリアルな経年変化を塗装で再現した。

フロントバンパーは、走行中最も風雨を受ける場所。だからこそ他の箇所よりも錆びやすい……そんなストーリーが感じられる。

ルーフもこのようにしっかり錆びた風合いを再現している。実際に錆びていく箇所を想定しているため、本当にリアルな仕上がり!

STWとはSATA WORKS=佐田工務店のこと。ロゴデザインも実にアメリカンで、作業車=看板車には欠かせないディテールだ。

このハイエースについては下記動画でも作田さん自身がが紹介しているのでチェックしてみてほしい。

実は最近、後輩芸人の武井ドンゲバビーさんの愛車ヴォクシーを、ほぼアドリブ!? で同様のヤレた風合いにカスタムしたんだそう。それがこちら!

窓の部分に背景が出ないように白布当ててるのは無視してください。雑誌の撮影あるあるです

釣り中心のコンテンツで昨年ユーチューバーとしても活動開始した武井ドンゲバビーさん。その愛車のヴォクシーが、佐田工務店によって劇的に男前なクルマに大変身した。ここまでくると本当にヴォクシーなのか見紛うばかり。

フロントドアには、クラシックアウトドアの雰囲気が漂うオリジナルのロゴも佐田工務店が手掛けたもの。武井さんのチャンネルは、武井ドンゲバビーで検索していただきたい!

フロントエンブレムにはデュオのレアリスという蝉型のルアーをセット。実は限定のレアモノだそう。

リアビューも現代車とは思えない風合い。本当に錆びたスコップもセットしてワイルドな仕上がりだ。

公開されたばかりの、こちらのヴォクシーのDIY動画もぜひご覧いただきたい!

いかがでしたでしょうか? 佐田さん改め作田さんのDIYの腕はすごすぎる! “バーンファインド”という新しい価値にも注目が集まるなか、作田さんの活動には今後も目が離せない。YouTubeチャンネルをチェックしよう!

(出典/「Lightning 2020年8月号 Vol.316」)

SHARE

PROFILE

ランボルギーニ三浦

Lightning / 編集者

ランボルギーニ三浦

全国的に名を轟かせていた札幌の老舗ヴィンテージショップに就職。29歳で上京。Lightning編集部、兄弟誌・2nd編集部で編集長を務めた後、現在は、Lightningに。ヴィンテージ、古着の知識はその道のプロに匹敵。ランボルギーニ三浦の由来は、もちろんあの名車

ランボルギーニ三浦の記事一覧

全国的に名を轟かせていた札幌の老舗ヴィンテージショップに就職。29歳で上京。Lightning編集部、兄弟誌・2nd編集部で編集長を務めた後、現在は、Lightningに。ヴィンテージ、古着の知識はその道のプロに匹敵。ランボルギーニ三浦の由来は、もちろんあの名車

ランボルギーニ三浦の記事一覧

No more pages to load