BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

「NO name!」発! ドレスヒッピーの香水は、音楽をイメージした大人の香り。

遊びと音楽を知る大人に向けたドレスヒッピーのプロダクツ。夏に向けておすすめしたい新作アイテムが、ブランド初のフレグランスだ。それぞれミュージックからインスパイヤされた3つの香りを展開中。

DRESS HIPPYの音を感じるフレグランス。

3 つの音楽をイメージにフレグランスの香りをデザイン。その新しい提案に 「再び音楽に戻す」というコンセプトがある。音楽のイメージの香水を作り たいと思い、実際に香水が完成した後、それぞれの香りを元にオリジナル のミックス音源を作成したのだ。ぜひそのミックス音源を聴いてもらいたい

人の記憶は何かと結びつくことでより強烈な思い出となる。友人と買い物に出かけ遊ぶとき、彼女とデートの出発前に、朝方まで遊びつくす日……。

そんな“香り”も“音楽”も、どちらも昔の記憶をよく思い出したりするもの。香りは言葉で表現しにくいけど、音楽なら表現しやすい。だからファッションブランドとして香水を作りたいと思ったときに、音楽のイメージの香り(香水)を作ろうと思った。

「今後はこの香りをベースに、ルームミストやハンドクリームなど、現代のライフスタイルに合ったモノ・空間の香りをプロデュースし、香水とともに提案していきたい」と、「NO name!」主宰古俵大輔さんが今後の展望を語ってくれた

「調香師さんと打ち合わせしながら試行錯誤して作り上げました」と代表の古俵さんはそう語る。毎日毎日異なる香りを身にまとい、その日の感想を書き貯めた。それぞれの香りのイメージや、使ったときに感じた感想を何度も伝え、修正を繰り返し、完成させた。

「音楽のイメージの香水」という事で調香師の方にも新たな挑戦をしてもらったが、当初古俵さん自身がイメージしていた香りをさらに上回る良いモノが出来上がったそうだ。

香水は発売してすぐにほぼ完売となるほど人気があったそうだ。「個人的な組み合わせはエレクトリックジャズ。配合はエレクトリック1に対してジャズが2。決めるときにこう組み合わせて使っています」

「ドレスヒッピーが考える、香水の似合う男性像とはなにか?」

それは良い香りを纏う前提に、見た目の清潔感が当然大切になってくる。その後のプラスワンの自己主張として、香りをもドレスアップできるような男性に、この香水を使ってもらいたいという。その日の気分でつける量を変えたり、違う香水同士を重ね付けをしたりしてコーディネイトを考えるようなつもりで、自分なりの組み合わせを探して使うこともできる。

DRESS HIPPYの3つの香り。

【BLUES(ブルース)】温もりの中にも色気のある優雅な香り。

柑橘系のべルガモット、マンダリン、レモンのフレッシュさを持ったトップ。ミドルにラベンダー、ローズマリー、ガルバナムのスパイシーなアクセントで香りに奥行きを持たせた。ラストには、トンカビーンズ、バニラ、ムスクが香る。50mℓ/ 7700円

【JAZZ(ジャズ)】都会的で大人のパーティシーンを彷彿。

トップの香りはアップル、ぺアー、プラムと言った華やかでフルーティな装い。ミドルにジンの香り付けて代表されるジェニパーべリーの優雅さが香りを引き立たせる。ラストにはムスクとアンバーにパチュリが加わる。50mℓ/ 7700 円

【ELECTRIC(エレクトリック)】軽快さの中にもクセになるスタイリッシュな香り。

オレンジフラワー、べルガモットをトップの香りに、爽快感を演出。ミドルにはローズ、ジャスミンにバイオレットが加わりシャープな印象に。ラストのムスク、アンバーが全体を支える。50mℓ/ 7700 円

DRESS HIPPY の世界観を存分に落とし込んだフレグランス。ボトルからパッケージのデザインまでのこだわりは必見だ!

【問い合わせ】
NO name!
TEL078-333-1341
http://no name-web.jp

(出典/「Lightning 2020年8月号 Vol.316」)

SHARE

PROFILE

ADちゃん

Lightning / 編集者

ADちゃん

スケートカルチャーシーンでは実は名の知れた存在で、社内に隠れファンが多数いるほど。だが普段はそんな雰囲気はまったく醸し出していないため、ただの笑顔のステキなお兄さんと思われている。ミリタリーについても、モヒカン小川に並ぶ知識の持ち主

ADちゃんの記事一覧

スケートカルチャーシーンでは実は名の知れた存在で、社内に隠れファンが多数いるほど。だが普段はそんな雰囲気はまったく醸し出していないため、ただの笑顔のステキなお兄さんと思われている。ミリタリーについても、モヒカン小川に並ぶ知識の持ち主

ADちゃんの記事一覧

No more pages to load