BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

コイツを締めて、人生の黒帯を目指します。フィリップ66のOBI BELT

欲しいモノが尽きないライトニング編集部員が、いま気になるモノから実際に購入しちゃったモノまで、ジャンルに限らず何でも紹介! 「フィリップ66」林さんに連れて行ってもらった岐阜のステーキハウス「ロディオラウンドアップ(TEL058‐243‐1760)」の薪で焼くステーキがマジやばい! 久々に肉で感動したという革ジャン評論家・モヒカン小川がお届け!

「フィリップ66」のOBI BELT

コロナ禍で、オリンピックが延期となった。まぁ俺は試合に出るわけでもないし、会場で観戦するわけでもないので、延期と聞いても「ふ〜ん」くらいの感想なのだが、オリンピックを目指して日夜修練を続けてきた選手たちのことを想うと、ちょっぴり複雑な気持ちになる。ボクシング以外のスポーツにほとんど関心のない俺でも、日の丸を背負った選手の活躍を見ると、やっぱり胸が熱くなるしね。

実際の柔道着や空手着を作っている東京柔道衣工業の帯を使い、ファッションにも合うリングベルトに仕上げたOBI BELT。レザーベルトに匹敵する 強度を持ち、使い込むほどに色が褪せ、風合いが増していくという、日本男児垂涎のベルトなのだ。1本1本職人の手仕事により作られ、もちろんメ イド・イン・ジャパン。名入れは1文字550円〜で、日本語の他、アルファベットも刺繍可能。ギフトにも最適だ。1万4080円(フィリップ66  TEL0574-27-2440  https://phillip-66.ocnk.net/)

なんでこんな風にオリンピックに想いを馳せてるかというと、そのきっかけはこのベルトにある。先日、岐阜のセレクトショップ、フィリップ66を訪れた際に、代表の林さんにプレゼントされたものだ。

一見するとフツーのリングベルトだが、実はこれ、柔道や空手で使う本物の黒帯を使用したもの。刺繍で入った「モヒカン小川」の文字も、なんだか武道の有段者っぽいでしょ? 林さんが、師範代を務めるほどの柔道有段者なので、思いついた企画なのだという。

黒帯=ブラックベルトと言えば、いまや世界中で認知されている言葉。単なる“黒色の帯”という意味を飛び越え、達人・マスター・老師などなど、まさに「東洋の神秘」的な意味合いさえ持っている。それをデニムとレザーに合わせるなんて、贅沢じゃね?

来年、オリンピックがきちんと開催されるかどうかはわからないが、もし開催されたら、この帯ベルトを締めて、柔道の日本代表たちを、応援しようと思っている。

【問い合わせ】
フィリップ66
TEL0574-27-2440
https://phillip-66.ocnk.net/

(出典/「Lightning 2020年9月号 Vol.317」)

SHARE

PROFILE

モヒカン小川

Lightning / 編集者

モヒカン小川

幼少期の革ジャンとの出会いをきっかけにアメカジファッションにハマる。特にレザー、ミリタリーの知識は編集部随一を誇り、革ジャンについては業界でも知られた存在である。トレードマークのモヒカンは、やめ時を見失っているらしい

モヒカン小川の記事一覧

幼少期の革ジャンとの出会いをきっかけにアメカジファッションにハマる。特にレザー、ミリタリーの知識は編集部随一を誇り、革ジャンについては業界でも知られた存在である。トレードマークのモヒカンは、やめ時を見失っているらしい

モヒカン小川の記事一覧

No more pages to load