BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

バハでおなじみのプレランナーを日常使いするのが西海岸スタイル。|TOYOTA TACOMA(タコマ)

バハなど砂漠レースを走るためのプレランナーというスタイルがいまカリフォルニアで流行している。そんな本気のオフロードカスタムカーを日常使いするというギャップが、いかにも都会的な発想で面白いのだ。

実際にジャンプしてみたいようなでも怖いような……。

バハに代表される砂漠を走るオフロードレース用にカスタムされたプレランナーと呼ばれるカスタムカーが、いまカリフォルニアで人気を博している。プレランナーとはPRERUNNERと書く。これは、レースに参加するクルマではなく、その前にテスト走行をするためのクルマであることを意味している。つまり、何が起きるか分からないコースを走るため、どんな状況下でも走破できるように作られているのである。

「J-MOTORS」オーナー・瀬法司敏功さん|ホットロッドのビルダーであり、自身もホットロッド乗りで、「まだ体力があるうちにアメリカで」という想いから自身の愛車を輸出。これからは現地でのレース参戦なども検討中だそう

そんなタフなオフローダーを普段使いするのが、ホットロッドビルダーであり、横浜の市ヶ尾で『Jモータース』営む瀬法司さんだ。ベースになっているのは、米国トヨタのタコマで、文字通り“プレランナー”というニックネームが付いたモデルだが、オフロードは一切に走らず、自宅からショップまでの通勤に使うのみ。

リアのショックは大ジャンプに耐えるべくロングストロークのものを装備しているため、荷台から上に大きく飛び出したセッティングとなっており、当然バイクなども積むことができない。この使い方こそ、実に都会的で面白いのだ。

「たまたま機会があって手に入れたのですが、市街地でも普通に乗りやすいですよ。米国トヨタのFJクルーザーもずっと通勤に使っていますが、プレランナーの方が7〜8㎞/ℓと高燃費で、最近はこればっかり乗っていますね」

2002 U.S. TOYOTA TACOMA|アメリカでカスタムされた本物のプレランナー仕様。

FRP製のブリスターフェンダーを装着し、タイヤの取り付け位置を外側に広げ、オールテレーンタイヤを装着。大きくジャンプしてもしっかり着地できるサスペンションとショックアブソーバーを装備する。また、ジャンプの着地時に“顎” をぶつけないように純正バンパーを外し、鉄パイプで前面をガードして分厚い台形の鉄板を施したプレランナーバンパーを装備した顔つきも大きな特徴だ。

オフロード用のホイールの中でもアメリカで大人気の ブランドが、このMETHOD (メソッド)。それにBFグッドリッチのオールテレーンタイヤを合わせるのがお決まりのスタイルだ

入手したときからプレランナーとして完成していたため、瀬法司さんは一 切手を入れていないとのこと。この見た目に反し、足まわりは柔らかすぎず硬すぎずで、市街地でも全くストレスのない乗り心地で正直ビックリした!
こちらは1995年から2004年までの初代タコマの後期型。3.4リッターのV6エ ンジンを搭載。アクセスキャブといわれる、おまけ程度のリアシートスペース があるが、4枚ドアのダブルキャブも存在する。全幅がそれほどなく、日本の道路事情にもフィットするボディサイズも大きな魅力だ
荷台から大きく飛び出したリアのショック。どれだけジャンプすることを想定しているのだろうか。ピックアップトラックなのに荷台はほとんど使えない……
荷物がある時は荷台 のリアゲートを倒してストレッチ。「こうしないと、コストコに行っても買った物が乗せられないんですよ (笑)」

(出典/「Lightning 2019年6月号 Vol.302」)

SHARE

PROFILE

ランボルギーニ三浦

Lightning / 編集者

ランボルギーニ三浦

全国的に名を轟かせていた札幌の老舗ヴィンテージショップに就職。29歳で上京。Lightning編集部、兄弟誌・2nd編集部で編集長を務めた後、現在は、Lightningに。ヴィンテージ、古着の知識はその道のプロに匹敵。ランボルギーニ三浦の由来は、もちろんあの名車

ランボルギーニ三浦の記事一覧

全国的に名を轟かせていた札幌の老舗ヴィンテージショップに就職。29歳で上京。Lightning編集部、兄弟誌・2nd編集部で編集長を務めた後、現在は、Lightningに。ヴィンテージ、古着の知識はその道のプロに匹敵。ランボルギーニ三浦の由来は、もちろんあの名車

ランボルギーニ三浦の記事一覧

No more pages to load