BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ヴァナゴンのスペシャリストが提案する、カリフォルニアの最先端スタイル。

ヴァナゴンの専門店として有名な大阪の『GAKUYA』。その代表である木下さんの愛車は、今アメリカで流行っているというちょっぴりオフロードなスタイル。これはまさにアーバンオフローダー!

車高を上げて迫力を増したのにどこか華奢な雰囲気がヴァナゴンならではの魅力だ。

たびたびLightning本誌でも取り上げている、大阪にあるヴァナゴン専門店『GAKUYA』。その知識と技術には定評があり、東京からわざわざ購入する人も少なくない。

そんな超人気ショップの代表を務める木下さんは、アメリカやドイツなどに定期的に足を運び、最新パーツやカスタム事情などを目で見て、実際に愛車で試している。

本誌でもお馴染みのGAKUYAの代表を務める木下大輔さんは、いつも笑顔を忘れない、ユーモア溢れる心優しい方。その人柄に惹かれるユーザ ーも多い。アウトドアの趣味も多く、 家族でこのヴァナゴンとともに出掛けては楽しんでいるそうだ

事実、昨年その愛車を取材した際は、足周りはノーマルでルーフに折り畳み式のテントを装備するという当時のアメリカの最新スタイルだったが、今年は全く異なるスタイルにアップグレード。リフトアップして黒い鉄チンホイールにオールテレーンタイヤを装備し、ルーフにデッキを装備した新しい姿に生まれ変わった。

こちらが昨年のデッキ設置前のヴァナゴン

このスタイルは、まさに“アーバンなオフローダー”とい呼ぶにふさわしい! ノーマルもいいけど、今は街中もちょっとオフロード顔で走る方が、断然気分なのである。

新しくルーフに設置したデッキは広々空間

▼木下さん以外のスタッフの愛車もチェック!

フォルクスワーゲンをキャンプ仕様にカスタムするなら、“ちょいリフト”が最適解!

フォルクスワーゲンをキャンプ仕様にカスタムするなら、“ちょいリフト”が最適解!

2020年08月25日

1987 VOLKS WAGEN VANAGON TRANSPORTER|最先端カスタムを体現するGAKUYAの広告塔。

GAKUYAは『フォルクスワーゲン クラシックパーツ社』の認定ディーラーで、最新車両も販売しているため、定期的に本国ドイツを訪問。また、カスタム事情を知るためにアメリカにも定期的に足を運び、その最先端スタイルを広告塔である木下さんの愛車で実践している。

内装は以前と変わらず、ウッド張りにした内壁に釣竿などアウトドア用具から家族写真まで詰め込んだ“夢のある空間” である。外装は足周り変更に合わせ、ステッカーも少しアレンジした。

二輪駆動なのにsyncro!? と思いきや、よく見るとsyncno。つまり“シンクNO=四駆でない” という遊び心が木下さんらしい。

サスペンションで約2インチリフトアップし、15インチの鉄チンホイール×BFグッドリッチのオールテレーンタイヤで全体的には約3インチ車高を上げた、いまカリフォルニアで大人気のスタイルだ。これはT3だけでなく最新のT6でも可能だ。

世界有数のヴァナゴンを中心に取り扱うフォルクスワーゲンの専門店へ。

ヴァナゴンを中心に最新のT6まで取り扱う専門店。ドイツ本国にある『フォルクスワーゲン クラシックパーツ社』から正規ディーラーとして認定されていることからもその信頼度が窺えるだろう。

自社ファクトリーの2階はヴァナゴンの実車を使って作ったデスクなど、遊びに溢れたオフィスになっている。 ちなみに雑貨はここでも販売。さらに別にあるショールームに在庫車を展示している

【DATA】
GAKUYA
大阪府東大阪市宝町17-40(ショールーム)
TEL072-983-2468
営業/9:30〜19:00
休み/月曜・第3 火曜・祝日
http://www.e-gakuya.com

▼ガクヤのカスタムはこちらもチェック!

ヴァナゴンのスペシャリストが提案する、カリフォルニアの最先端スタイル。

ヴァナゴンのスペシャリストが提案する、カリフォルニアの最先端スタイル。

2020年09月25日

(出典/「Lightning 2019年6月号 Vol.302」)

SHARE

PROFILE

ランボルギーニ三浦

Lightning / 編集者

ランボルギーニ三浦

全国的に名を轟かせていた札幌の老舗ヴィンテージショップに就職。29歳で上京。Lightning編集部、兄弟誌・2nd編集部で編集長を務めた後、現在は、Lightningに。ヴィンテージ、古着の知識はその道のプロに匹敵。ランボルギーニ三浦の由来は、もちろんあの名車

ランボルギーニ三浦の記事一覧

全国的に名を轟かせていた札幌の老舗ヴィンテージショップに就職。29歳で上京。Lightning編集部、兄弟誌・2nd編集部で編集長を務めた後、現在は、Lightningに。ヴィンテージ、古着の知識はその道のプロに匹敵。ランボルギーニ三浦の由来は、もちろんあの名車

ランボルギーニ三浦の記事一覧

No more pages to load