BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

劣化はタブーとされた時計の価値基準を覆す!エイジングに楽しさを見出したブロンズウォッチ。

エイジング=劣化と捉えられてしまうのが、腕時計の世界での通説であり、これを美徳と捉えるのは、ごく一部のヴィンテージに限られていた。ところが、ブロンズのケースを採用した製品の登場から、常識が一変。その事実を探るべく、ボール ウォッチの話題作に迫る。

お話を伺ったのは・・・「ボール ウォッチ・ジャパン」マーケティング/PR・安藤嘉美さん

アメリカ生まれのスイスウォッチという希少性に惹かれ、2016年からボール ウォッチのPRを担当。「タフな時計に込められたロマンを伝える」ことをモットーに活動している。

「BALL Watch」とは? アメリカ生まれ、スイス育ちのタフネスを信条にする腕時計。

19世紀のアメリカにて、鉄道標準時計の規定を築いたウェブスター・クレイ氏が創業した時計ブランド。今ではスイスのラ・ショー・ド・フォンに拠点を移している。視認性と精度に絶対の自信を持ち、今も昔も変わらずタフ&ディペンダブルな製品を作り続けている

ブロンズケースはどんな経年の味わいを出すのか?

誤解されていることが非常に多い腕時計のエイジング。たとえば、文字盤がすでに退色しているヴィンテージウォッチを購入したとして、日常使いで着用したところでそこから経年変化するケースは希も稀。それこそデニムの縦落ちのような味わいを期待することは正直なところ難しい。ところが市場を見渡すと、意外や意外、経年変化を楽しめる腕時計が存在する。

それこそが「ブロンズ製のケース」を採用したモデルである。今回、ご紹介するボール ウォッチの「エンジニアⅢ ブロンズスター」も、このトレンドを押さえた注目モデルとして発売以来、話題を集め続けている。

ENGINEER III BRONZE STAR

船舶部品でも使用されるアルミニウムブロンズをケースに採用。堅牢な時計作りへ対するポリシーは内部構造にまでいたる。「SpringLOCK®」を搭載することで、精度調整の要であるヒゲゼンマイへの衝撃を大幅にカットすることに成功。またミューメタル性の耐磁インナーケースを搭載。これにより磁気への対策も万全である

この傾向について、時計業界の事情に明るいボール ウォッチ・ジャパンの安藤嘉美さんはこう語る。

「ブロンズケースの腕時計への注目度は数年前から高まっています。一般的にケースに用いられているステンレスやゴールドなどと明らかに異なる独特の質感に加え、酸化によってケースがくすんでいく経年変化が新鮮であることから、今ではトレンドの一つとして認知され、各社から新作が登場しています」

気になっていた「エンジニアⅢ ブロンズスター」を前にして、人目もはばからず興奮気味の編集ADちゃん。テンションはすでにMAXか?

そんな話を聞くと編集ADちゃんは「エンジニアⅢ ブロンズスター」に一目惚れしたようで、経年変化の具合が気になって仕方がない様子。

「自分は根っからの古着好き。普段はヴィンテージウォッチを使っているんだけど、これまで腕時計で経年変化を楽しもうなんて、これっぽっちも意識したことはなかったです。だってヴィンテージウォッチを使い込んだところで、ここから先は、経年変化というよりも劣化になってしまう(泣)。だけどエイジングを楽しむことを前提にしたコイツに出会っちゃったわけで(笑)。これはもう、運命なのかもしれない!」

すでに鼻息が荒くなっているADちゃんに対し、安藤さんは笑顔を交えながら自社の製品の魅力について教えてくれた。

「このモデルは時計好きの方はもちろん、アメカジや古着などのファッション好きの方にもぴったりハマるかもしれませんね。エイジングに多少の時間はかかると思いますが、デイリーユースで使い続けていけば、少しずつケースの色味がくすんでいくので、落ち着いた雰囲気に仕上がっていくと思います。それこそ、デニムや革製品を自分色に染めていく感覚に近いんだと思います。ブロンズケースの経年変化した表情に合わせて、ベルトを変えてコーディネイトしても素敵ですね! 端正な顔立ちだから、ファッションアイテムとしての活躍も、十分期待できるはずですよ」

安藤さんに背中を押され、購入を決めたという編集ADちゃん。 当面は毎日使い込んで、どんなエイジングになるかを試してみたいと熱弁する

一般的なブロンズと、時計に使われるブロンズの違いとは?

時計ケースには酸化を和らげるアルミニウムブロンズを使う。

腕時計にとって、使用後の極端なコンディションの変化は、経年変化というよりも劣化にすぎない。まずブロンズについて言えることは、一般的な銅と亜鉛の割合だと酸化が強いため、衣服に緑青(錆び)などが付着してしまう可能性がある。そこで腕時計で使用する場合、アルミニウムを多く含ませることでその問題を解決している。

[New]

[Aging]

アルミニウムブロンズは、少し黄色がかった色味に加え、薄っすらと黒ずんでいくことが特徴。その味わいをじっくり堪能したい。

硬貨に使われるブロンズは時計での使用はNG!

ずらりと並べた1セント硬貨の様子を見れば分かるように、一般的なブロンズは赤みが強く、なおかつ著しく酸化することでかなり腐食してしまう。特に緑青(錆び)が浮き出る点は、腕時計のケースで使用する上で間違いなく大きなマイナスポイントになってしまう!

さまざまな刻印が施された裏蓋は、 金属アレルギーを考慮してチタンのイオンプレーディング処理を行なったものを採用。エイジングだけでない気配りに、編集ADは思わず感心!

ENGINEER III BRONZE STAR

  • ケース/アルミニウムブロンズ製
  • ケース径/直径43mm、厚さ13.45mm
  • 風防/反射防止処理済サファイアガラス
  • ダイアル/ブラックダイアル(針・文字盤に14個の自発光マイクロ・ガスライト)
  • ムーブメント/ BALL Cal.RR1102(25石・28,800振動)
  • パワーリザーブ/約38時間
  • 防水性能/ 100m防水
  • 耐磁性能/ 80,000A/m
  • 耐震性能/耐震システム SpringLOCK® セカンドジェネレーション
  • バンド/カーフストラップ
  • その他/世界限定3000本
  • プライス/ 24万8400円

【問い合わせ】
BALL Watch Japan
TEL03-3221-7807
http://www.ballwatch.com

※情報は取材当時のものです。現在取り扱っていない場合があります。

SHARE

PROFILE

ADちゃん

Lightning / 編集者

ADちゃん

スケートカルチャーシーンでは実は名の知れた存在で、社内に隠れファンが多数いるほど。だが普段はそんな雰囲気はまったく醸し出していないため、ただの笑顔のステキなお兄さんと思われている。ミリタリーについても、モヒカン小川に並ぶ知識の持ち主

ADちゃんの記事一覧

スケートカルチャーシーンでは実は名の知れた存在で、社内に隠れファンが多数いるほど。だが普段はそんな雰囲気はまったく醸し出していないため、ただの笑顔のステキなお兄さんと思われている。ミリタリーについても、モヒカン小川に並ぶ知識の持ち主

ADちゃんの記事一覧

No more pages to load