BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

【リノベーション倉庫④】築100年の大阪港赤煉瓦倉庫を同時代のクラシックカーで彩る博物館。|大阪・大阪市

近代化遺産として価値の高い築100年の大阪港赤煉瓦倉庫。この場所を世界で唯一無二の「大人のミュージアム」として活用するのが「ジーライオン ミュージアム」だ。その旧きよき建造物と同じ時間を刻んだ、
往年のクラシックカーを生かした最高のステージをご覧入れよう。

旧きよき時代を残す倉庫群の景観を、クラシックカーの趣ある表情で彩った名所。

1920年代、日本最大の商工業都市として成長した大阪の海陸交通の結節点として栄えた大阪港エリア。その地に今なお残る赤煉瓦倉庫には、建物が生まれた同じ時代に、はるか欧米諸国の街並み走っていた往年のクラシックカーたちが眠っている。

赤煉瓦と屋根の勾配が美しい外見は、竣工当時とほとんど変わらずに残っている。4つの倉庫をつなぐ道は、ニューヨークやロンドンの 裏路地を想起させる。掲げるキーワードは「大人の愉悦場」だ

「ジーライオン ミュージアム」は、近代建築としても価値の高い赤煉瓦倉庫を保存しながら、その空間が纏うヴィンテージの世界観を活かし、クラシックカーが輝く空間にリノベーションされている。かつては住友倉庫が所有・使用していた倉庫だったが、長らく空き家で1999年に大阪市に移管された。

鉄骨で補強された屋根と赤煉瓦の内壁が、煌びやかなクラシックカーと相まって空間を彩る。中央には、当時アメリカ中級車社会をリードしたハドソンの1938年式が展示されている

その後、安全性の確保を理由に封鎖されたが、2014年に現在の代表の田畑利彦氏が譲り受けたという。クラシックカーのコレクション、その一台目は、1920年代のロールス・ロイス・ファントムだったそうだ。その後たまたま見つけたこの倉庫も、同年代。国を越えた奇妙な偶然が、いまの「ジーライオン ミュージアム」のきっかけだ。

住友倉庫だったかつての痕跡が随所に残っている。例えば、どこかで柱として使われていたであろう廃材などは、敷地内に散乱していたもの。それを内壁などに配し、装飾に転用していたりする
また外壁に設置さ れたクレーンもそのまま残している。旧く錆びついた鉄扉が醸し出すヴィンテージ感と相まって、趣のある表情を醸し出している。旧字体で壁に刻まれた「壱」という文字も、時代を感じさせる

所々崩れかけていた倉庫に、耐震補強と展示施設のリノベーションを施した。屋根は鉄骨で支え、2階建てだった倉庫の床は取り、1階の天井高を上げて展示・搬入をしやすくした。約3000坪の敷地に、4つのボリュームが配置されており、それぞれにミュージアムのほか、販売のショールーム、レストランやカフェが整う。他にはないスケールの赤煉瓦倉庫ミュージアムが誕生した。

クラシックカー乗りが集まり、早朝の赤煉瓦倉庫周辺を走るミニイベントなども時折開かれるという。大阪港のヴィンテージなロケーションは、旧きよき時代の痕跡を愛でる人々が集える場所なのだ。

クラシックカーは外にも停められ、街並みに馴染むように展示されている。その一方で壁には「たばこのむな」の看板とのギャップ感も楽しめる。日本の商工業が繁栄した痕跡と、欧米のクラシックカーが調和する、印象的なワンシーンだ

日本の大正時代の、激動の情勢を感じさせるクラシカルな赤煉瓦倉庫。その味わい深い雰囲気が、これまた同時代に作られたクラシックカーのデザインにマッチする。まさに妙! というべき場所である。ヴィンテージ好きは心躍ってしまうこと間違いないだろう。

【問い合わせ】
GLION MUSEUM
大阪府大阪市港区海岸通2-6-39
TEL06-6573-3006
http://glion-museum.jp

(出典/「Lightning 2018年2月号 Vol.286」)

SHARE

PROFILE

ADちゃん

Lightning / 編集者

ADちゃん

スケートカルチャーシーンでは実は名の知れた存在で、社内に隠れファンが多数いるほど。だが普段はそんな雰囲気はまったく醸し出していないため、ただの笑顔のステキなお兄さんと思われている。ミリタリーについても、モヒカン小川に並ぶ知識の持ち主

ADちゃんの記事一覧

スケートカルチャーシーンでは実は名の知れた存在で、社内に隠れファンが多数いるほど。だが普段はそんな雰囲気はまったく醸し出していないため、ただの笑顔のステキなお兄さんと思われている。ミリタリーについても、モヒカン小川に並ぶ知識の持ち主

ADちゃんの記事一覧

No more pages to load