BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

バースデーランタンからシーズンランタンズまで、コールマン・ランタンの基礎知識。

アメリカを代表する傑作プロダクツのひとつであるコールマンのランタン。コールマンが創業したのは1901年。戦前までは電気のインフラの整っていない田舎での必需品、戦後はアウトドアを楽しむためのツールとして人々を照らしてきた。その中でもシングルマントルランタンの名作として名高い200A は1951〜1984年まで生産されていた。基本構造は、今の現行品とほとんど変わらず、すでにランタンの完成形を誇っていた。この傑作200Aの基礎知識を学びながら、その魅力を探っていこう。

1.新旧問わずに愛せるコールマンの魅力とは?

まずはコールマンのランタンが広く愛されている理由を探ろう。お話を伺ったのは、ヴィンテージランタンとオイルランプの専門店である「ビブラント」オーナーの石角さん。コールマンに在籍していたこともあるランタンのスペシャリストである。その魅力はどこにあるのだろうか?

「VIBLANT」代表・石角直樹さん|コールマンにてショップスタッフを経て、本社へ勤務。退社後に、コールマンのヴィンテージランタンなどを取り扱うビブラントを二子玉川にオープン。日本有数の知識を持つエキスパートである

「コールマンのランタンは、基本的な構造がほとんど変わっていないので、メインテナンスさえすれば、ヴィンテージでも難なく使えることでしょうか。逆に言えば、現行モデルでもヴィンテージさながらの趣のある光なんです。数あるモデルの中でも代表的なのが、シングルマントルランタンの200A。

30年以上続いたロングセラーモデルですが、細かなディテールの変化があるので、自分の好みを探せるのも魅力。まずは初めに自分の生まれた年と月に作られたランタンを探す人が多いですね。ただ作られていない月もあるので、その場合は2 0 0A以外の他のモデルかカナダコールマンなんかで探すんですよ」

▼「ビブラント」についてはこちらの記事をチェック!

ヴィンテージコールマン専門店「VIBLANT(ビブラント)@二子玉川」を訪ねてみた。

ヴィンテージコールマン専門店「VIBLANT(ビブラント)@二子玉川」を訪ねてみた。

2020年12月21日

2.不滅の名作ランタン「MODEL 200A」の変遷を辿る。

コールマンの200Aは、リーバイスで言えば501のようなもの。ヴィンテージのシングルマントルランタンが欲しいと思ったら、まずここから。1951年に登場し1984年に生産が終了する。

1951-

モデル200から200Aに変更された最初期モデル。Aは前期のみ真鍮製のタンクだが途中から鉄に変わった。同じ年代にトップがレッド、タンクがグリーンという仕様も存在していてクリスマスカラーの愛称で親しまれる。

1952-1953

このモデルから赤のトップに、タンクも同色といういわゆる200Aのカラーリングになった。後年との違いは、フレームボトムとカラーに黒い塗装が施されていること。またイエローの枠があるデカールもこの年代の大きな特徴である。

1953-1961

1953年の後半からそれまで黒かったフレーム部分が、塗装のされていないシルバーカラーに。イエローデカールと呼ばれるステッカーのデザインがこの年代までなので、人気が高い。

1961-1962

カラーリングが大きく変化。この1年半くらいだけ濃い赤色になっていて、愛好家たちからはバーガンディと呼ばれている。ロゴはイエローの枠線がなくなり、同色の枠を用いたデカールに変更されている。

1965-1970

バーガンディカラーから本来のレッドに戻る。’63年後半にはベンチレーターの形が変更され、これを前期、後期と分ける。’65年〜’70年までは、コールマンのロゴにPatent Pendingが入り、通称パテペンと呼ばれている。

1980-1984

’70年頃にPatent Pendingの表記が取れ白枠ロゴに。’80年にグリーンに変更。’84年に後継モデルであるCL-1というモデルにバトンタッチされたが、諸事情ですぐ286にバトンタッチされるのだ。

3.「MODEL 200A」で探す! バースデイランタンの楽しみ方知ってる?

変遷を追ってきた「200A」について外せない話が「バースデーランタン」。コールマンのヴィンテージランタンを初めて探すなら、バースデーランタンを意識しても面白い。バースデーランタンとは、生まれた年と月に製造されたランタンを家族、特にわが子に贈るもので、世界的にアウトドア愛好家には知られている文化である。コールマンは、製造された年と月を裏面に刻印しているので、自分の誕生年だけでなく、誕生月まで狙えるというわけ。

この写真が一例で、左の数字が5月、右の数字が’83年を意味する。こちらは最終期の200Aでグリーンカラー。基本的には200Aモデルで探すのだが、製造が1984年頃までなので、85年以降に生まれた人はその後のモデルにも刻印があるので、諦めずに探してみよう!

4.見つけたら即買い! ちょっとレアなコールマン6選。

ヴィンテージのコールマンでは、あまり知られていないレアモデルが多数あるのも醍醐味。ここではヴィンテージランタン専門店「ビブラント」で見つけたレアモデルを中心に紹介していく。

通があえて狙うカナダコールマン!

本家コールマンとカナダコールマンでは異なるランタンを作っていた。その中でも象徴的なのが、こちらのイージーライト。その名の通り、定番の200Aよりも点火を簡単にしたモデル。3万2400円

シアーズのランタンはコールマンが作っていた!

アメリカの3大デパートのひとつであるシアーズ。オリジナルランタンは、コールマンのロゴは入っていないが、同社がOEMを担当。コールマンにはないカラーリングが魅力。2万7864円

家庭用に作られたガソリンランタン!

1930年代にコールマンが作った家庭用ランタン。近年は200Aではなく、あえて家庭用のモデルを使うキャンパーが増えているそう。もちろんインテリアとしても◎。10万8000円

こんなイケてるリフレクターもあり!

コールマンのランタン本体に目が行きがちだが、実は付属品にもおもしろいものが揃っている。そのひとつがこのリフレクター。上部のネジに取り付ける。4212円

最もレアな色はゴールドボンド!

200Aの中で最もレアカラーとして知られているのが通称ゴールドボンド。これはゴールドボンド社で買い物すると貯まるスタンプで交換できる景品だった。コレクター私物

緊急時は車用のガソリンが使える!?

こちらはコールマンの282というモデルで、現在は廃盤になっている。その大きな特徴は、緊急時のみ車用のレギュラーガソリンを代用できること。89年5月製造。1万2960円

【問い合わせ】
VIBLANT
TEL03-6805-6366
http://viblant.cart.fc2.com

※情報は取材時のものです。現在取り扱いのない場合があります。

5.現代へと受け継がれるコールマンの末裔たち。

コールマンがシングルマントルランタンを初めてリリースしたのが1932年。90年近く経った現在もほとんど構造を変えずにホワイトガソリンを使ったランタンを継続して販売している。

ワンマントルランタン 286A

定番シングルマントルランタンとして君臨するのが当モデル。200キャンドルパワーを持ち、燃焼時間は7.5〜15時間なので、一晩なら余裕で持ってしまう。専用のプラスティックケースが付属するので、収納にも困らない。2010年度ロングライフデザイン賞を受賞。1万3824円

パワーハウスツーマントル ランタン290A

こちらはツーマントルランタンの定番モデル。300キャンドルパワーとかなりの明るさなので、真っ暗なキャンプ場でも安心。タンクが940㏄もあるので、最大で14時間の連続燃焼が可能。約1.8キロと重量があるので、転倒の心配も少ないし、ファミリーキャンプにも持ってこい。1万9224円

ノーススターチューブ マントルランタン

ホワイトガソリンのランタンは、プレヒートなどがあり、その手間が醍醐味であるが、もっと手軽に楽しみたいという人は、当モデルがオススメ。ホワイトガソリン仕様初の点火装置付きなので、ビギナーでも安心。またチューブ型マントルならではの大光量360キャンドルパワー。2万1384円

【問い合わせ】
コールマン ジャパン カスタマーサービス
TEL0120-111-957
http://www.coleman.co.jp

※情報は取材時のものです。現在取り扱いのない場合があります。

6.コレクタブルな“シーズンズランタン”という選択肢。

コールマンから毎年、シーズンズランタンなるスペシャルモデルが出ているのはご存知だろうか? その年だけの特別カラーなのでコレクターも多く、すぐに完売してしまう人気モデルだ! 歴代のシーズンランタンの一部を紹介しよう。

2005年 登場

2006 アーガイル

2007 初冬

2008 ROCK

2010 FOREST

2011 CORAL

2012 LIFE

2013 Galaxy

2014 Cowboy

2015 American Vintage

2016 American Vintage Strawberry

2017 American Vintage Roadside Diner

2018 American Cinema

リミテッドモデルため、デカールにはリリースされた年が入るなど、特別な仕様。色とデカールだけでなく、実はグローブ部分のデザインも毎年異なる。

 

アウトドア用品としてのランタンの域を超えた「コールマン・ランタン」。誕生から世界中のアウトドアを愛する人々に支持され、ひとつの文化にまでなっている存在である。コレクション心をくすぐるような仕掛けもあり、これから子供が生まれる人や、人生の節目などの贈り物にもおすすめだ。

(出典/「Lightning 2018年4月号 Vol.288」)

SHARE

PROFILE

ランボルギーニ三浦

Lightning / 編集者

ランボルギーニ三浦

全国的に名を轟かせていた札幌の老舗ヴィンテージショップに就職。29歳で上京。Lightning編集部、兄弟誌・2nd編集部で編集長を務めた後、現在は、Lightningに。ヴィンテージ、古着の知識はその道のプロに匹敵。ランボルギーニ三浦の由来は、もちろんあの名車

ランボルギーニ三浦の記事一覧

全国的に名を轟かせていた札幌の老舗ヴィンテージショップに就職。29歳で上京。Lightning編集部、兄弟誌・2nd編集部で編集長を務めた後、現在は、Lightningに。ヴィンテージ、古着の知識はその道のプロに匹敵。ランボルギーニ三浦の由来は、もちろんあの名車

ランボルギーニ三浦の記事一覧

No more pages to load